読んでもなんの役にも立たないブログをモットーに細々をやってますが、最近Twitterで「参考にさせてもらってます」とか、何をどう思われたのか「勇気づけられます」とかコメントを頂いたりして、なぜwwwww?と首をかしげてます。ありがとうございます。


普段ふざけたライドレポばかり書いていますが、福岡を中心としたルートを紹介したブログは、あまり多くなく、たまに見つけてもガチの人が異次元のお話を書いていたりするので、ここでは「ヒルクラは6km/h。パンナコッタの体幹とおぼろ豆腐のハムストリングでも、終わらない坂はないと信じ抜く昭和のメンタルだけで走りきる女子のルートとその攻略ポイント」をライドレポに合わせて、時々紹介しようと思います。なに私、ちょっと偉そうwww


今回目指すは かんかけ峠

screenshot





ルートラボは太宰府から引いています。輪行するなら、「太宰府」もしくは「二日市」が良いと思います。



先ずは太宰府からみなみの里までバビューン。太宰府天満宮付近を過ぎると、車も少なく走りやすいので、早めにヒルクラをスタートさせる為にも、この辺りまでは一気に行きたいところ。
 
DSC05341

DSC05348

気温は20度を超え、緑の麦畑に青く済んだ空を見上げると、やべ。もう夏やん。 ボトル2本体制で、頭から水被りながら、日陰日陰〜とうわ言のように繰り返す季節はもうすぐそこまで来ているようです。死にたい。
 
DSC05350



以前にも紹介した「みなみの里」で手羽先と豚足をいただきます。

DSC05351

DSC05352
 
 
カリカリで香ばしい豚足、絶妙な揚げ具合ジューシーな手羽先
 
DSC05355

DSC05356

骨をしゃぶらせてくれ
 
 
DSC05359

この特性のタレが美味い!!豚足用なのですが、蟹酢的なあっさりとしたタレです。

美味しかったー!!ダイエット中?いいのいいの、気にしなくって大丈夫!!これ、コラーゲンだから!

 

DSC05360

DSC05361

さて一級河川の筑後川を渡り、カッパ伝説の残る「田主丸」まで、引き続き爽やかな道を走り抜けましょう。
 
DSC05373

DSC05375

「田主丸町豊城」の交差点にイオンがありますが、ここが最後の補給ポイント。この先には、登り口に自販機があるのみです。
 

話はそれますが、福岡のお土産に「博多通りもん」は有名ですが、私がお土産に持参するのは、如水庵(ちょすいあん)の「筑紫もち」か、このさかえやの「なんばん往来」。駅の売店にはあまり置いていないのが残念。博多駅にはあります。一個160円。これから始まるヒルクラへの恐れから、2個食べてもうた。
 
DSC05379

DSC05383

DSC05385



登り口はこんな感じ。県道70号線。通称かんかけ峠。

DSC05388

DSC05389


登り口にある自販機を逃すと、この先下山するまで、飲んでも大丈夫かよくわからない感じの川の水しかないのでご注意ください。まぁ飲んでもお腹は壊さなかったです。
 
DSC05404

DSC05391



初めにお伝えしておきましょう。

かんかけ峠攻略の最大のポイントは、



 

迷わず脚をつくこと

なぜならキツいから 路面がガタガタだから。


DSC05395


DSC05400

DSC05398


地図でもご覧頂ける通り、とにかくワインディングの連続。私の走行速度が遅すぎて、上りではガーミンに見放されているので、斜度は計測されず0%のままが多いのですが、きつめのワインディングは15%を超えていると思います。それが幾度となく繰り返されるのです。斜度15%ともなると時速6km出せれば良いところ。その速度でこの路面に突っ込むとどうなるか…

DSC05416

DSC05418


タイヤとられて、立ちゴケします。


これは絶対に間違いないと断言出来ます。前回コケたから!


しかも、前回はかんかけ峠に行く話をツイート上でしたところ、親切なフォローワーさんが⑲カーブ辺りが危険だから気をつけてね、と教えてくれていたのに、大丈夫だろうとタカを括って突っ込んだ結果、⑲カーブでお約束通り、コケました。


上りでは時速ひと桁となる者は皆、

⑲カーブは看板見えた時点で、ロードから迷わず降りなさい 

DSC05414
(これは上から振り返って撮ったものです)

DSC05422

DSC05424

DSC05426

DSC05433



坂を見ると尻尾を振って突っ込んで行く心を病んだ者は、まぁ放っておいて、正常なメンタルをお持ちの方は、ここまで読むと、「急斜度のワインディング……そんな場所に敢えて行かなくてよいものを」と思われるかもしれません。でもご安心を。斜度がキツいのはワインディングの部分だけです。ワインディングとワインディングを繋ぐ道は3〜6%と、割と緩やか。ワインディングイリュージョンのおかげで、もう平地としか感じませんww

DSC05411

DSC05405

DSC05397

林道らしい林道で、緑が濃く、鳥のさえずりがひっきりなしに聞こえてきます。自然と一体となってる感は、大きな安らぎを心に与えてくれます。斜度のキツいところは無理せず、押歩きでやり過ごし、緩やかな上り区間を、木々を愛で、写真を撮ったりしながら、ゆったりとした気分で登るのがこのかんかけ峠の正しい登り方です。 

DSC05428

DSC05445

DSC05446


かんかけ峠 クリア!

DSC05451


かんかけ峠を登りきると耳納スカイラインと合流します。今日は左にコースをとり、鷹取山方面へと進みます。

DSC05449


DSC05450



路面状態は良く、緩やかなアップダウンが続きます。スカイラインと言うだけあって、ここは標高500m以上。左下には筑後地方が木々の隙間から見て取れます。立ち止まって覗き込みたい衝動に駆られますが、しばし我慢。この先に良いポイントがあるんです。


右側は八女の山々が見て取れます。

DSC05462

DSC05465

あ!!あれは風の谷!!

DSC05453


「無茶だ!姫様!」「谷までもてばいい。300まで上げて!」
DSC05454


ナウシカのワンシーンを脳内再生しているうちに、私が福岡県内で最も好きな場所のひとつ、パラグライダー発信基地が見えてきました。

DSC05455

DSC05457

え、この激坂?トライする気にもなれません。

見て!!!この圧巻のパノラマ!!
DSC05458

DSC05459


高いところが苦手な人は、ちょっと足がすくみそうな急斜面の下には、筑後地方が広がります。パラグライダー発着基地と言うだけあって、少し駆け出せば今にも足元がふわっと浮かびあがりそうです。私もメーヴェがあったら飛ぶんだけどなー。

初めて動画を撮ってみました。






パラグライダー場を出て、右に下ると星野村、左に上ると鷹取山、山頂です。先ほどの風の谷目指して下りたいところですが、これはまた今度と自分に言い聞かせ、左へ折れます。

DSC05466

DSC05468

この階段の上にも展望台がありますが、以前記念に写真撮ったりしたので、今回は通過。なかなかの絶景ですが、先ほどのパノラマには敵わないというのが本音です。
DSC05469

ここからは一気にダウンヒル。上りに比べると、アスファルトの状態は良いですが、こちらも斜度がキツいので、慎重に。ダウンヒル後半に差し掛かると、落ち葉や枯れ枝も散見されました。下ハンブレーキで最徐行。別に急ぐ旅でもありません。下りも上りと同じ速度でゆるゆると。

DSC05471


さぁ後は筑後川沿いに平地を颯爽と走ります…って向かい風ww

DSC05474

DSC05476

浮羽から久留米に向かう場合、先ず間違いなく向かい風です。爆風です。かなり踏み込んでいるのに20km/hしか出ません。殺意。

しかし私も大人になったもので、これもまた想定済み。こんなときは歌うっきゃない。

奥村ちよの「終着駅」を5回程、熱唱


(今もお綺麗だけど、この当時、めっちゃ可愛いな〜)

DSC05478

DSC05479

注意)ルートラボでサイクリングロードを引けないため、一般道をかわりに引いていますが、今回は筑後川CRを走っています。筑後川沿いに延々と続く全長22km(確かそれくらい)のCRで菜の花が美しく、人が全然いないため走りやすいのですが、一部水捌けが悪く、避けて通れない程の大きな水たまりが出来ることがあります。爆風の中を車と並走するのが疲れるのと、デカい声で熱唱したいと言う理由からCRを選びました。前日の雨で案の定、水たまりが何度か登場し、徐行しましたがやはり自転車は泥だらけになってしまいました。気持ちよく歌えたのでまぁ良しとしましょう。汚れたくない人は土手の上の一般道を通った方がいいです。このCRでローディーを見かけないのはそんな理由からかもし れません。
ちなみに一般道、CRともにコンビニはありません。CRには一カ所仮設トイレがあります。

その後は3号線と合流し、ひたすら北上します。鳥栖から先は、三車線あるところが多く、側道も割と広めなため、交通量の多い国道ですが走りやすいです。
DSC05481


丸亀製麺をいただき、帰宅しました。
image
image



今回のかんかけ峠〜パラグライダー場は、ヒルクライム初心者にはかなり歯ごたえのあるコースだと思います。でも間違いなく大パノラマの景色に、「登ってきて良かった!!!」と思えるし、ちゃんと頑張った分のご褒美をくれるコースです。安全のためと言う名目で何度脚を着いても構わないので、普段「ヒルクラは苦手」「上りは遅いから…」と山を避けがちな人にこそ、こういうパンチの効いていて、話のネタにもなる峠をお勧めしたいです。