ダム

ハングリー精神を取り戻したい!原点回帰でソロ迷子ライド

私、最近、迷っていました。自分自身に問いかける声が聞こえるんです…。


近頃、オマエのライド…ヌルくね??』

もうすぐロードで迎える3度目の冬が来る。しかし…去年の今頃の方がもっと果敢に攻めてなかったか?
ひとり人里離れた林道や農道に分け入り、もっと貪欲に、ハングリーにロードに乗っていなかったか?

グループライドを覚え、ライド仲間も出来、色々な場所へ出掛けてはいますが…

imageグループライドはもちろん楽しい。だが、キャッキャウフフしているだけが、私にとってのロードバイクか?


はっ!!!もしかして…私…

「女子ローディーの割合が少ないから」という理由だけで、男子ローディーが相手をしてくれ、面倒見てくれているだけなのに、それを勘違いして調子に乗り、牽いてもらうのが当然の如く、男子の後ろをチョロチョロと走るばかり……グルメ・ゆるポタを振りかざし、仕舞いには「ふぇ〜ん(ó﹏ò。)登れないよぉ〜」とか言ってるオンナに成り果てているのでは…?


これはいけない!!!


というわけで、どうにか台風が治まった日曜日の午後、慌ててルートを引き、家を飛び出しました。


予定のルートはこちら

15
34


午後からのライドなので距離は短いですが、ダムを二つ制覇し、獲得標高もそこそこ。久しぶりに“攻め”の感覚が画面から滲み出ています。

imageうむ、この山切りカット、悪くねぇ



ロードバイク天国SAGAに越して二ヶ月。“荷解きが忙しい”、“天候が悪い”など言い訳を重ねるばかりで、まともにひとりでルートを引き、山へと繰り出すのは初めてのような気がします。

(今回、出発時は今にも降り出しそうな天気だったのでソニ助 (コンデジ)はお留守番。スマホカメラなのが残念。この後100回くらい「持ってくりゃよかった」と嘆く羽目になりました。)


信号を4つか5つか過ぎるだけでこの風景。

IMG_20171029_130607

IMG_20171029_130643

IMG_20171029_131105


imageなんもないwww


自宅を出る前にポーチに突っ込んだ補給食の総カロリーは確か400kcalくらい。45kmなら十分だろうと思っていましたが、少し心許無くなってきました。

そして自宅から6km

IMG_20171029_131451


imageすでにヤベェにおいがするwwww



なんでしょうこの「あ、この先、来るな」とビンビン感じるものは。ローディーの勘と言うものか、いやこれはもっと深いところからくる…野生の勘というものでしょうか。

IMG_20171029_132602_1

imageあわわわわ!!キタコレ!!



IMG_20171029_132711

IMG_20171029_133142_1

見知らぬ山道、苔むす岩肌、風で木の葉が触れ合う音だけが異様に大きく聴こえる…。空と地の間には私ひとりだけ。

image血が!!!
血が沸き立つ!!!!!



IMG_20171029_141447


ああ、そうだこの感覚。ずっと忘れていた、静けさの中にある異様な高揚感。


imageおまたせしました!
クレメル、ただいま帰還!!

IMG_20171029_132340

久しぶりに自分自身を取り戻した気がして、歓喜に胸震わせながら、しゃかりきにクランクを回すと (7km/h)、本日の目的地のひとつ、後川内ダムが見えてきました。

IMG_20171029_134331

IMG_20171029_134446

IMG_20171029_134757

一周2200m。周回できます。ジョギングコースとしても魅力的です。

IMG_20171029_134602_1

ダムからの景色。写真はボヤけてて残念ですが、私の心は霧が晴れたようにスッキリとしていました。目に映る全てが、色濃く鮮やかに見えたのは、下ろしたてのオークリー ジョウブレーカーのせいだけではない気がします。(インプレは後日)


ダムを周回し、次なるダムを目指しますが…

気づいたら下界に降りていて、コンビニでおでんを食べていました。

IMG_20171029_143014


「ついこの前まではアイス食べてたのに、もうおでんが美味しい季節になったのかぁ〜。」とかなんとか思いながら、はたと気がつきました。


imageなんかおかしくない?あの山切りカットの中に、セブンがあるか?



ここで速度制限がかかってめちゃくちゃ遅いスマホを取り出し、Google Mapを開くと


imageあああああ!!道、間違えとる!!!
ガーミンの指し示す方向に進んだのになんで?なんでなん?てか、家、すぐそこやん!


よくよく調べてみると原因はここでした。

17-10-29-22-46-00-467_deco

17-10-29-22-45-14-824_deco

予定ルートは黒線。地図の下から上がってきて、交差点で左折し、もう一つのダムを経由し時計回りに回って、地図の上から降りてくるはずでした。それを私は、赤いルートでまさかのショートカットをしてしまっていたのです。

imageあ、あの時やん。あの交差点で、ロストしてぐるっと交差点の真ん中で一周回ったから、ガミンチョの奴( GARMIN 520)勘違いしたんだ…。


これは痛恨のミス。前日にルートを引いて、ある程度脳内インプットしていなかったのが敗因なので、ガミンチョを責めるわけにもいきません。
せっかく本来の獣の姿を取り戻しつつあったのに、文明社会に降りてきてしまっては、また「おしゃれカフェで補給しよ♡」とか腑抜けたことを言いかねません。

しかし時計の針は15時を回っていて、今からルートに復帰するのは無理があります。

セブンの前で地団駄を踏みまくりましたが、ソロライドでは良くあること。気を取り直して、地図を確認し、海沿いを走れるところまで走り、同じ道を折り返すことにしました。


image今いる場所が最善で、目の前の道が最良だ。



海と山、どちらも与えられたことを感謝しつつ進みますが…

IMG_20171029_153020

いつまで経っても海沿いの道には出れず、なぜか徐々に登っています。

17-10-29-22-58-45-205_deco


imageもーーー!!!
なんだよ!!ここ、どこだよ!!!


IMG_20171029_154227


imageなるようになれ!!そのうち海に出るだろう。人家もあるし、死にはしない。


IMG_20171029_155215

imageいや、人家、なくなったwwww
ここ、どこぉぉぉwwww


IMG_20171029_155705

imageいや待て、落ち着け私。感覚を研ぎ澄ませ。よく見ろ。
『真ん中に白線があるうちはまだ大丈夫』の法則を忘れたか!!


PSX_20171030_012314


ひとり言を呟きながら、ニタニタ笑い、坂を登る姿は、はたから見るとさぞ気持ち悪いことでしょう。しかし私は「あぁそうだった。迷子になるのも楽しかったんだ。道を知っている人の後ろに、ただくっついて走るだけじゃ味わえない面白さがあるんだった」と、ウキウキして仕方がありませんでした。


登りきった先には風車と、白い月が姿を見せてくれました。

IMG_20171029_160014

さすがにこの辺でちゃんとルートを確認しておかないと日が暮れてしまうので、今度は間違いのないように海沿いを目指すことにしました。

IMG_20171029_162310

いい感じの漁港を発見!

IMG_20171029_162937

IMG_20171029_162919

IMG_20171029_163241

夕暮れに漁港でひとり佇むには、コーヒーが必要ですが、こんなところにそう都合良く自販機なんて…

IMG_20171029_165945

imageあったwww



ソロライドの醍醐味は、いかに自分自身に酔いしれるかだと個人的に思っています。

imageここはやはりジョージアだな



佇む場所も重要です。絵になる場所でなければなりません。

ここに座りました。

17-10-29-22-47-24-394_deco

IMG_20171029_164411


imageいや〜それにしてもよかった、よかった!
私の中のジャンヌ・ダルクは死んでいなかった!!



ソロライドにはソロライドの楽しみがあり、グループライドにはグループライドの楽しみがあります。それらは全く異質なもので、比べようがありません。
ただ初めからグループライドでワイワイと賑やかにスタートする人は稀で、ローディーの多くは、ひとりで乗り始め、楽しい!と感じて、今があるのではないでしょうか。ライドを重ねていくと、漠然と「なんでロードに乗ってるんだろう…」と迷い、モチベーションが上がらない、といった話を聞きます。私もそうでした。そんな時は、初めて「ロードって楽しい!」と感じたライドスタイルに原点回帰するもの良いのではないかなーと思います。


IMG_20171029_170853


49km/630mUP











ちょこっとサイクリング 山神ダムでもふもふライド

久しぶりに私のお気に入りサイクリングコースをご紹介しようと思います。

自宅からのアクセスが容易なため、午後から天候が崩れる予報の日の午前中とか、早く仕事が終わった日の夕方など、スナック感覚でライドに出たい時によく使うコースです。
 

目指す場所は山神ダム

名前が超カッコいい

 


博多駅から112号線で太宰府天満宮の近くを通り過ぎると、「旭町」の交差点に看板が出ています。
(今回晴天にも関わらず、カメラの設定を曇天にしてしまっていたので、途中で気づくまで写真の色がおかしいです。)
image

ここのセブンイレブンがすでにラストコンビニです。
このセブンでは、補給食の他にもう一つ買わなければならない大切なものがありますが、それは後ほど述べたいと思います。

住宅街を抜けると、だんだんのどかな景色に変わってゆきます。
image

image

image


山神ダムへの登りに入る前に、天拝湖があるのでウォーミングアップで登ってみましょう。
(ここから右へ。天拝湖は右奥に見えます)
image


image
image


ちょこっとした丘程度ですが、後半は12%くらいあるので、なめてかかると息切れします。

一周出来ます。
image

image

image

湖の反対側にはトイレと自販機、大きな筑紫野市総合公園があります。
image

image

ここに私がずっと気になっているものがあるのですが…
 
こちらです
image

image

海賊船!?
しかも飛行機付き!?

イカす

しかしながら、ローラー滑り台(これも滑りたい)を始めとした、魅力的な遊具が多いため、家族連れが絶えることがありません。ほのぼの家族団欒ピクニックの真っ只中に、サイクルジャージにテロリストマスクで独り乗り込んでゆく勇気はない…。いつかぼっちライドを卒業出来る日が来たら、数人のローディーでこの海賊船を占拠したいと思います。

後ろ髪を引かれながら山神ダムへと進みます。
image

山神ダムは標高240m 斜度は5〜10%くらいで激坂というものはありません。所々、斜度が緩やかなところもあり、基本的にシッティングのみで登りきれる坂スペックです。道がとても綺麗で距離も3kmくらいと短いので、TTにも向いていそうです。私は坂でタイムを測るなど、そんな馬鹿な真似はしませんが。
 
image
image

まぁ今でこそ、「山神ダムは気楽に登れるから良いよね〜」みたいな、小癪なことが言える様になりましたが、私にとって初めてのヒルクラがこの山神ダムでした。

フラペにスニーカーで挑戦した時は、


ぜ〜ハァ…ハァハぁ〜ろ、ろ、ロードバイクって…ゼェ…ゼェ、坂道、のの、登れる、ん、じゃ…ゼェハァ…なかったん?黄色いジャージの…メガネは、ゼェハァ…グリグリ登ってたじゃねーか…ゼェ…ゼェ、クソが…全部おとぎ話かよッッ!!!!

確か7、8回脚を着いて、少し押し歩きもした記憶があります。
image
image
image

泣きが入り、もう坂には二度と来ないと誓いを立てつつ、息も絶え絶えだったのに、その後何度もここに訪れ、仕舞いには林道ばかりを好んで行く様になったのは、この山神ダムからの景色が、とても気持ちが良く、とても静かだったからだと思います。

image
image
image

ダムカードをもらえます。

image



一周出来る道もあり、ハイカーは結構通っていたりしますが、自転車での走行は禁止されています。残念。

山神ダムを過ぎて、更に進むと日吉神社とその隣に平等寺公民館と二宮金次郎の銅像があります。いつもの休憩ポイント。トイレもあります。

image
 

そしてヤツらはそこの自販機の横にいるッ!!

image
 
image

image

もふもふしてんな〜コノヤロー

地域ネコたちのようで、近所に餌をあげる人がいるのでしょう。居着いています。初めはキジネコ一匹だったのに、最近増えてきました。

image

そう、先ほどのラストコンビニで購入しておかなければならないのは、この子たちのごはんです。

カサカサとビニールの音を立てると、何か貰えるのだと思って寄ってきます。
すぐ足元まで来ますが、触ろうとすると距離を置く…。いかにもネコらしい、憎い演出です。

キジネコが一番警戒心が強いですが、好奇心も強いようです。

餌を持っていれば白いネコは触らせてくれますw
image

image


天気がいいので伸びています。
 
image

image

image

image

image

いいね、おまえたちは。のんびりしてて。
image

ここに来ると70%くらいの確率で出会えます。
 
image
image



ひとしきりネコと遊んだら、この先に進み、九千部山(約800m)を登るも良し、九千部横断道(22kmアップダウンの多い林道)を進むも良し。ただこの子たちと絡んでしまうと、は?ヒルクラ?なんでそんなめんどいことするの?となってしまうので、気をつけましょう。
 
引き返すなら、折角なので森林浴をしながらダウンヒルしましょう。
 

先ほど通り過ぎた大博多ゴルフ場へと続く県道601号へ入ります。杉木立の中を、のんびり走ると、日頃のストレスなんてどこかに飛んでいってしまうようです。

image
image

image
 

那珂川町まで下りきったら、博多駅へ戻る途中、春日自衛隊の近くにあるペッパーランチで、肉をいただきます。
image
image

とにかく肉が安いwww 私のフェバリットはお肉たっぷりビーフペッパーライス 並880円
 image
image

つい最近知ったのですが、全国展開どころか、世界進出をしているレストランでした。

 

完全にライドで消費したカロリーは取り戻してしまいますが、短時間でヒルクラ、もふもふ、林道(正確には県道ですが)、お肉まで楽しめるお気に入りコースです。



オール博多弁☆クレメルとファンライド 曽根田林道と江川ダム(前編)

いつものライドレポを博多弁で書いてみようっち思ったっちゃけど、なかなか難しくてね。方言って結局話し言葉やん?しかもタメ口じゃないとうまく出らんの。

だけね、今回は「遠方から来てくれたあなたに私の好きなルートを紹介する」って、設定にしてみました。博多弁も年齢層や地域によって言い回しや強弱が違ったりするんやけど、これは誇張した博多弁じゃなくて「私が普段話すコトバそのまんま」です。(ちなみに私は博多弁と北九州弁のバイリンガル。時々混ざる)

ではライドをお楽しみください。

**************


あ、ども。おはようございます、クレメルです。
いつもTwitterではお世話になってて...へへへ...なんか直接会って話すと変な感じやんね。ちょっと緊張するなー。へへへ。朝早くからこっちまで来てくれてありがとう。…ん?あぁそうやね、関東に比べるとこっちは日の出が一時間くらい遅いからねー。もうすぐ明るくなるよ。じゃあ、輪行解きよる間に、私コーヒー買ってくるね!ブラックでよか?

image


今日は私のお気に入りのコースを紹介するね!

はい。これ。



福岡一の観光地、「太宰府天満宮」

私が大好きな林道「曽根田林道」から「夜須高原(標高約420m)」までヒルクライム

みなみの里で「鶏手羽」食べて

私の心のオアシス「江川ダム」


はい。じゃあ準備はよかですか?

出発٩( 'ω' )و 


博多駅から太宰府天満宮までは、まぁまぁ車が多いっちゃね。でも、天満宮までは、そんなに遠くないから。
DSC03171
image

ほらね。すぐ着いたろ?

DSC03179

DSC03177

太宰府天満宮は学業の神様 菅原道真公を祀ってて、全国から合格祈願の人がお参りに来るんよ。二月には梅の花がめっちゃ綺麗なん。

DSC03180

まだそんな走っとらんけど、折角やけ梅が枝餅食べようよ。焼きたてをその場で食べれるよ。
一個120円。
DSC03181

DSC03183

私のオススメは参道入り口にある松屋さん。お店が込んでない時は、お茶をサービスでくれたりすると。お店の奥は綺麗なお庭があるよ。

DSC03186

DSC03189
あ!今日は梅昆布茶やん!!ラッキー!!

 DSC03188

ね?ね!焼きたてやしさ。おいしかろ?

梅?入っとらんよw 餡子だけ。 ふふふ、それ時々勘違いされる。うーん。ごめん、なんで梅が枝餅っちゆうかは私も知らんw


太宰府抜けると、車が少なくなるけ走りやすいよ。
DSC03193

DSC03195

ねー。なんか特に何があるってわけでもないんやけど、田んぼとか畑とか見ながら走る乗って気持ちいいよねー。

PSX_20170121_210812

PSX_20170121_210946

この辺、ぱーっと空がいっぱい見えるけん、好きっちゃね。

あとさ、伝送線が好きなんよ。かっこ良くない?・・・あれ?そうでもない?やっぱり伝わらんかぁ?笑
PSX_20170121_210604

PSX_20170121_210658

ここからちょこちょこアップダウンはあるけど、そんなにきつくはないよ。

てかさー、そのボトルかわいかね!どこで買ったと?洒落とんしゃー!・・・マジで?ネットで買えるんやん!お揃いしてもいい?・・・へへへ。帰ったらすぐ注文する♪
 
DSC03221

ここからヒルクラ始まるよ。曽根田林道の入り口。がんばろー(ง`0´)ง シャッ
DSC03402
DSC03403

ちょっと暑くなるけん、上着ば脱ご。
はい、あめ、あげる。
DSC03407

九州電力の脇を抜けていくよ。
DSC03408

かっこよかー。 ちょw「はてな?」みたいな顔でこっち見んでよw
DSC03411
DSC03412

この林道、すごい好きなんよ。何がいいっち、ほら、見て、このジメジメっとした感じww
image

image

晴れてても暗くてジメッとしとるんちゃ。性格が暗いけ、こういう所が落ち着くと。
image

image

斜度はずっと基本9%台。たまに10〜12%。MAX14%!!
あぁぁぁもう、きつかヽ(`Д´)ノヒルクラっちさ、バカと思わん?何で、こげんことすっとやろーww ・・・いや、坂、好きやないよw それは誤解!あぁぁあ、しんど!!なしかなーもうこれ!!あーもうムリ。あぁぁぁぁ~( ;∀;)

川の音がするのっち良くない?ホッとするわぁ。夏に来た時給水忘れとって。ここの水がぶ飲みしたもんねww
DSC03416

苔が好きなんよー。小さい植物が、好きでさぁ。昔から。
見て見てー。可愛いかね。
image

image

よぉーく見るとちっちゃい葉っぱが、さらにちっちゃい芽を出しとったりするやん?バリ感動せん?・・・え?分かってくれる?そやろそやろ!!
カメラ買ってから更に近づいて観察するようになったんよ。山頂からの絶景もいいんやけど、こうゆう小さい生き物見ると、なんかねーがんばろーっち、思うんよねー。へへへ。

image

image

あぁぁ~そろそろ頂上

image

着いたー( ´ ▽ ` ) おめでとう私たち!

夜須高原公園!休憩しよ!
自販機とトイレあるよ。

image

image

image

ここね、紅葉の時期キレイなんよ。
image


じゃあこれから下り。下りきったらみなみの里で補給しよ!

お楽しみの手羽先の唐揚げが待っとるよー。あとね、筑前煮もおいしいと!その後は、江川ダムね!すっごい綺麗やけ、楽しみにしとってね ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. 

(つづく) 

魔人の坂と遭遇!ゆるポタ王国の秘宝を探せ!平尾台で走馬灯ライド

福岡県北九州の南に位置するカルスト台地
平尾台

「男の価値は乗っている車で決まる」と言い切っていた糞ビッチ時代
によくドライブに来た甘酸っぱい思い出を持つこの地に、まさか自転車で来ることになろうとは、当時、天地がひっくり返っても想像出来なかったでしょう。
 
15screenshot
 
博多〜門司までの片道ライド。
 
愚かで愛らしかった10年前の自分自身を振り返りながら、自己最長となる150kmの走馬灯ライドです。
 

緩やかな八木山峠をさくっとクリアして、ダウンヒルに入り始めたその時、右手に

(;つд⊂)ゴシゴシ

  え?
 
(;つд⊂)ゴシゴシ
(;つд⊂)ゴシゴシ
((((;゚Д゚))))
((((;゚Д゚))))
((((;゚Д゚))))
異世界へ続く道が!!

もちろん行く必要はないのです。ルートには入ってないので、気づかなかった振りをして素通りすることも出来るのです・・・。

 
行ってみましょう!! 

逆走になるので車道を利用することは出来ません。坂の真下、助走ゼロからのスタート。
 
路面の◯印にもう既に自律神経が不安定です



おりゃあああああ〜 !!

あああ"あ"あ"あ" Σ(´д`;)
あははははは (゚∀゚)アヒャヒャ
あわわぁwfdかgkれ ヽ(TдT)ノ
 
テっ

誰だー!!!
こんなもん作ったのはヽ(#`Д´)ノ!!
分度器もって出直してこい!!!!

 
半分くらいでほぼ立ちゴケ。恨めし気に見上げてもその先に何があるのか、木々に遮られ見ることは出来ませんでした。

でも大丈夫、私には分かっている。この先にあるのは天国の門

ちょっwwww
怖くて降りられないwwwww
歩いて降りるのも怖いwwwwww

人は己の肉体と精神の許容範囲を超えると笑うのだな。
 
またひとつあまり公にされていない人体の不思議に迫ったところで、先へと進みます。


八木山峠を越え、飯塚を通過して北九州市に入ったところで、鱒渕(ますぶち)ダムでダムカードをGET!
 
サイクリングロードがあるようです。
あまり人が来ていないのかな?落ち葉が多いです・・・。

案の定、進むに連れて落ち葉や枯れ枝が増えてきました。
せっかく良い道なのにもったいないな。
滑らないように気をつけながら、のんびりと森林浴を楽しんでいると・・・。
 
右側に側道が・・・。


アハ アハ アハハハハ
なんか斜度がおかしいのがまた出てきた
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノ \ / \/ \ 

もうこれは明らかにおかしい。
あぁなるほど、世の中のすべての坂が人のために存在すると考えることが、そもそも人間の傲慢さだな。これは人間のためではない、満月の夜かなんかに異世界から召喚される魔人のための坂なのだろうな。

 行ってみましょう!!!
 
せいやっ!!!
ズルっ
うわっっ!!!!!!
 
ゴテっ

3mで後輪すべって走馬灯が見え、危うく帰らぬ人になるところでした。ちょっと膝小僧を打ちましたがw
やはりこれは魔人専用の坂でした。
 
 
ふざけてばかりいたので予定よりスタートが遅くなってしまいましたが、平尾台ヒルクライムスタートです。


斜度は10%超えるところはおそらくないのではないでしょうか。もうここまでで80km走っていて、途中の冗談みたいな坂にHPを削られてしまっているので、体感斜度はあてになりません。
平日の昼間なのでほとんど車の往来はなく、道も綺麗に整備されているので登りやすいです。



車では何度も登った道ですが、自転車で来るのは初めて。愛機とともに、自分の持つエネルギーだけで登って眺める景色と、エアコンの効いた車内から眺めていたそれは、似て非なるものです。

汗を滴らせながら、
 あ〜あ
暑いね〜
坂きついね〜
なんでこんなことしてるんだろうね〜
とぶつぶつ言いながらも充実感に満たされるのはなぜだろう。

休憩所、到着!!

アクエリアス本日これで5本目。私の身体、大丈夫?人間って一日にこんなにアクエリアス飲めるものなの ?







小休憩のあとは、いよいよカルスト台地の大自然に突入。

この開放感!!!!



心の赴くままクランクを回し、奥へと進むと天然記念物に指定されている千仏鍾乳洞があります。


【昭和10年、国の天然記念物に指定。この大鍾乳洞は、幾千万年の永きに渡り、カルスト台地の雨水によってつくられたものです。
洞内は四季を通じて気温16度、水温14度で、夏は極めて涼しく、冬は暖かであります。
照明設備は入口より900mまであり、老人や子供も容易に深勝することができます。
本洞は、480mから先は地下の小川の中をジャブジャブ歩いて探検気分が味わえる体験型鍾乳洞です。】 だそうです。 

階段を下った先にそれはあります。
 

小学生の頃に家族で来て楽しかった思い出がおぼろげにありますが、大人になってからここから先へは行ったことがありません。思い出の場所・・・入口だけでも見たいなぁ・・・。しかし鍾乳洞の入り口へは、かなり下まで徒歩で行かなければならないようです・・・。

 
行ってみましょう!!! 


 

入場料大人ひとり 800円
ランチ一食分か う〜ん
 
ちょっと落ち着いて考えよう。
サイクルジャージで汗だくのヘルメット被ったいい歳した女が
ひとりで鍾乳洞へ?
本気で?
 
・・・・・。

 
行ってみましょう!!!
鍾乳洞の半分は地下水が足首くらいまであるので、無料のスリッパを借りて履き替えます。
 

我、勇者クレメル。
失われたゆるポタ王国の秘宝を探し出し、この世に平地を取り戻そう!!(脳内劇場開演)


人ひとりがやっと通れるくらいの場所や、頭をがっつり下げないと通り抜けられないところなんかもあり、探検気分が盛り上がります。




平日の15時過ぎで、大きなカメラを抱えたお兄さんが一人撮影を楽しんでいたのと、家族連れとカップルがそれぞれ一組ずついただけで周囲は静か。自分の足音とどこかで流れる水の音が、鍾乳洞内に反響して神秘的です。
水ゾーン
キター(・∀・)!!
つwめwたwいw!!!!

薄暗い鍾乳洞中でも、足元流れる水がとてもに澄み切っていて綺麗なことが分かります。
 
ジャブジャブと水の中を進んでいくのですが・・・。
 

冷たい。
・・・・冷たい。
冷たすぎるー(ノ`Д´)ノ
!!!!!!!!
 
汗だくで登ってきたので、涼しい鍾乳洞内に入ってからは汗冷え気味。その上、流れる水は氷水のようで骨まで震えます。
まだもう少し先があるようですが、もう無理、限界、冷たすぎるわ。
 
千仏鍾乳洞 DNF
 


勇者クレメル。危険なトラップや、命がけの敵との戦いでではなく、水が冷たすぎて撤退という勇者界を震撼させるヘタレぶり。


再び草原を抜ける風に靡かれながら、幾千万年悠久の時経て創られた大自然の神秘に思いを馳せる自分に酔いしれるナルシストイベントを完了した時点で走行距離は約100km。
 


平尾台、絶対また訪れたい!!と思わせてくれる美しく楽しい場所でした。
どこかに隠されたゆるポタ王国の秘宝を探す旅はまだまだ続きます。レベル上げして再戦したいと思います。

ここから門司までは勝手知ったる道。残り距離もまだまだあるので、多少遠回りになっても平地を選び、母校を眺め、学校帰りに立ち寄った本屋の前を通り過ぎ、地元で人気のたこ焼き屋の店先でソフトクリームを食べたりしながら、のんびりとゴールを目指します。

生まれ育った思い出のたくさん詰まっている土地を、その当時には存在すら知らなかったロードバイクで走るのは感慨深いものがありました。
 
博多から北九州を往復するにはまだ私の脚力では無理なので、門司の友人宅で一泊させてもらい、翌日帰宅しました。
 
友人「は?本当に自転車で来たと?」
私 「うん。」
友人「頭おかしいね」
私 「うん。」

corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて