ゆるポタ

土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド




image800年ぶりにブログをやっていたことを思い出した



元号も変わったので、心機一転、真面目に更新します。多分。。。



膝を痛めてから、以前のような気が狂ったライドは出来ていませんが、ちょこちょこロードには乗っています。


以前にも取り上げたことがある長崎県松浦郡福島。補給ミスで島の琵琶を盗んで食べた甘くて苦い思い出あるその島には、今ではなかなかお目にかかることの出来ない立派な棚田があります。

その水田に水が張られたという情報をキャッチ。ライド仲間の
ドルト君IMG_20190513_185642-50x50を誘って4月20日、土谷(どや)棚田を見学に行きました。



詳細ルートはこちら



唐津駅を9時に出発し、竹木場(たけこば)を越え、県道204号線に沿って片道30kmの福島を目指します。ちなみに唐津〜福島は平地はほぼゼロ。竹木場では10%近くまで斜度が上がる箇所がありますが、激坂らしい激坂は無く、5%の緩やかなアップダウンが延々と続きます。右膝の調子も随分良くなってきたので、これくらいならどうにかいけそうな気がしたのですが…



image膝、云々より先に、肺がもう無理。
肺胞いくつかやぶれた。



乗らないと乗れなくなるのがロードバイク。体力・筋力が落ちるのはなぜこんなに早いのでしょうか(泣

IMG_20190420_095202


THE 春!!という感じの穏やかな陽気で、新緑から溢れる日差しも柔らかです。
所どころでレンゲや菜の花が目を楽しませてくれます。


IMG_20190513_185642-50x50あのお花畑で昼寝したい



imageわかる




IMG_20190513_185642-50x50でもお花さんがかわいそう




image(出たよ…)なんだよ、お花さんって



IMG_20190513_185642-50x50いや、だからお花さんを潰したらかわいそうというメルヘンな俺が…




image黙れ



ドルト君との付き合いは長く、気心知れた間柄。歴代仮面ライダーや、お薦めアニメなど、どうしようもないくらいどうでもいい話をダラダラとしながら、ゆるゆる上ったり下ったり。

出発から二時間くらいで福島へと続く赤い橋が見えてきました。

IMG_20190420_101743

IMG_20190420_102109


車はほどんど走っていない島内で、左手に海を臨み、棚田を目指します。
IMG_20190420_102533_1

IMG_20190420_105407

IMG_20190420_105427

IMG_20190420_105900


寄り道好きなドルちんと私。他に止めてくれる人もいないので、気になる脇道に逸れまくり。急ぐライドでもないので、それはそれで楽しいです。


IMG_20190420_110845

IMG_20190420_111343

IMG_20190420_111427



imageあ、気をつけてね、蜂おるよ。




IMG_20190513_185642-50x50知ってます?クマンバチって元々は飛べないんスよ。
羽、小さいでしょ?


imageそうやね、羽小さいね。でも飛んでるよ?



IMG_20190513_185642-50x50最近まで学者さんの間では「彼らは気持ちで飛んでる」って思われてた。物理的には飛べない。


imageえ????




IMG_20190513_185642-50x50本当は飛べないけど
「飛びたいと願っているから飛べてる」って


imageテキトーなことをいうなwwwwww



IMG_20190513_185642-50x50いや、本当ですって




IMG_20190420_112728




IMG_20190513_185642-50x50imageおおおおお


PSX_20190420_114502

IMG_20190420_113741


何度来ても良い場所です。まさに日本の原風景。

土谷棚田が一番美しいのは西日が差す夕刻なのですが、そうなると帰りは山間をナイトライドになるので、ちょっとハードルが上がってしまいます。いつかは日が傾き始める時間に到着して、刻々と移り変わるであろう空と水田の色を写真に納めたいなーと思いました。



福島には食事処などは無く、小さな地元のコンビニのYショップがあるのみなので、簡単に補給を取って、同じルートを引き返して帰着。


IMG_20190420_121510

IMG_20190420_122717


アップダウンが多い福島までの道のりでしたが、右膝の痛みはなく走りきれてホッと一安心。



それにしても趣味が結ぶ人の縁はおもしろいなーと思います。ロードバイクという繋がりがなければひと回りくらい年下のドルティーと知り合うこともきっと無かったでしょう。今では家が近いということもあり、時々うちの猫とも遊んでくれて、私が体調を崩した時は気にかけてくれる頼れる弟的存在です。

ロードバイクは人と出会うための最強ツール

元々人見知りな部分があるので、初めましての瞬間はとても緊張したりもします。でもこんな風に大切な人が増えていくのは本当に嬉しいことだから、人と出会うことを面倒くさがるようには絶対ならないように、と自分自身思います。膝が不調で自分が思ったように走れないということもあって、近頃グループライドを企画することが減ってしまったけど、夏を迎える前にまた何か企画したいなー








東京からBFF飛来!キラキラしちゃうぜ糸島ぬいぐるみライド

マブダチのことを、BFF (Best Friend Forever)というらしいですね、最近の若人は。

私の友人、アキさんはTwitterで知り合って、私が東京出張の折り、Raphaで一緒にお茶してからのお付き合いです。「いつか一緒にライド出来たらいいですね」とお別れした後は、郵送でプレゼント交換をしたりして楽しんでいました。

今回、旦那さんのアキオさんが志賀島トライアスロンに出場されるのでご夫婦で福岡へ!レース翌日、糸島ゆるポタライドをご一緒出来ることとなりました。あの日の約束がこんなに早く実現するとは! 

ご夫婦+私だと、私自身がいじける可能性が高いので、貧脚詐欺二番隊 隊長 登りのプリンセス なーさんを召喚。

なーさんは過去のライドで「ほんと登りは苦手で、ダンシングも出来ないんですぅ…」などと言いながら、私はもちろんのこと、他の男子も置き去りにするといった貧脚詐欺の王道を歩んでらっしゃる女子です。 可憐な見た目に反して、時折毒舌。私と同じくリア充を見ると眩しすぎて網膜が焼けるタイプなので、一緒にいてとても心休まります。


今回はアキさんの希望で完全ゆるポタ。 そりゃそうですとも!久しぶりの友との再会に、汗だくのヒルクラなんてナンセンス。

集合場所から国道202号を通り、糸島半島を時計回りという極めてシンプルなコースです。今回は私がルートを引いたので、先頭を行くこととなりました。が!これは初挑戦!!
二人で走る時は、ちょこっと前に出ることもありますが、男子グループでは当然のごとく私は真ん中くらいに入れてもらっています。

二人ライドで前を走るのと、グループで前を走るのとでは大違い。トレインが途切れない様に、信号の変わり目や、交通量が多いところの捌き方など、気を配らなければならないことがたくさんあります。あー今のところは停まってた方が良かったな、とか、こっちに避けとくべきだったな、とか。学ぶことがたくさんありました。

スタートしてからは小さなアップダウンが繰り返しある幹線道路。普段、男子とこの道を走る時は、みんな上りに入ってもあまりスピード落とさず踏みます。トレインを途切れさせない様に、頑張らないといけない道で、私にとっては、ちぎれて当然の山よりある意味しんどいイメージがつきまとっています。

先頭で若干テンパリ気味な私。上り区間はそれなりにキツいのですが、ミラーを見ると後ろになーさんがベタ付き。

image(博多の根性見せろよコラ)って思われてたらどうしよう( ;∀;)
スピード落としたら、「チッ」って言われるもしれない…。


ゆるポタだったはずなのに何故かクレメル渾身の踏み。


休憩地点のコンビニににて

image(アキさん)上りでもあんまりペース落ちないんで、糸島たどりつく前に今日は終わると思いました。


imageえっ!?なーさんのベタ付きプレッシャーで、チンタラ走ってんじゃねーよって思われてるかと思ってw


image(なーさん) そんなことないですよー!ついて行くの必死でしたよーw!



image(たぶんなーさんのそれは嘘だな) そっか〜なんだもっとゆっくりで良かったのか〜。アキさん渋峠上ってるし、なんだかんだでガチかと思ってましたw


image尾根幹かと思いましたw



満場一致でもっとゆっくり行こう!!いうことになり、糸島に入ってからはアキオさんが25キロ以下で牽いてくれ、畑の間や海沿いをのんびりゆるゆる。あぁこれだよこれww


青く高い空に、白い雲。THE 夏!と言った感じですが海風のおかげか、暑さはそれほど厳しくなく、ゆるポタライドには最適な気候です。

(今回の写真はアキさん、アキオさん、なーさんが撮影してくれた分も含みます)

DSC06833

DSC06836

DSC06841

IMG_0674

DSC06843

DSC06838
(ちなみにアキさんのサコッシュはクレメルお手製。使ってくれて嬉しい)


DSC06844


ランチはBakery Restaurant CURRENT

オシャンティーなCAFEで、まだ11時でしたが、平日にも関わらず駐車場にはたくさんの車。土日は駐車場にすら入れず、30分待ちは当たり前だそうな。

IMG_0677

ウェイティングリストに記名し、案内を待ちます。

その間に、アキさんのねねこと私のクマ吉ご対面。ちょうどいい感じにウェイティングルームには木製のおもちゃがありました。

サイクルジャージで汗だくの大人が、カメラ片手に、数mm単位でぬいぐるみの角度を調整。

オシャレカフェで何やってんだ。

DSC06851

DSC06853

DSC06855

DSC06858

↓ このクマ吉の顔がたまらない
DSC06859

DSC06856

DSC06863

DSC06861

DSC06865


テラス席に通され、私となーさんはランチコース、アキさんとアキオさんはパスタとデザートをオーダー。
DSC06870

海が見渡せるテラス席は、観葉植物が多く置かれ、ハワイを思わせるような南国リゾートテイストのインテリアでまとめられています。お料理も美味しく、人気があるのもうなずけます。

DSC06882


アキさん達オーダーのパスタ
IMG_0692


ランチコース 1980円
DSC06872

DSC06875

DSC06876

imageつーか糸島ポークがマジうめぇ


DSC06880


オシャレカフェでも落ち着きがないぬいぐるみローディー。ステキな場所でステキな料理が目の前にあってもとりあえず写真となるのはSNS(ブログ)最大の弊害であると思われます。

でもいいの、おデートならいざ知らず、みんな汗だく塩吹きジャージですもの。いくら気取ったってピッチピチざますもの。

image

アキオさんにはトライアスロンのお話から、飛行機輪行のお話まで、今ままでなかなか聞くことの出来なかった貴重なお話を聞かせて頂きつつ、女子トークにも華を咲かせつつ。

なんつうーかこう…リア充っぽくね?

image



食後のデザートに200mupくらいのヒルクラです。

IMG_3724

DSC06891

DSC06893

DSC06895

案の定、なーさんは「食べ過ぎて上れーなーい」などと言いながら、するするっと上空へ消えていきました。似たり寄ったりのペースのアキさんと私が、テレテレ走りで無事峠越え。

ランチの後は二見ヶ浦で、記念撮影。
image


アキオさんのLOOKがカッコいい!!しかも前日のトライアスロンのナンバープレートがついているところがさらにガチ勢って感じでカッコいい!!
わたしもプレートだけつけようかな。なんの大会にも出らんけど。

DSC06900

DSC06902

image

image

image


眼下には白い鳥居と夫婦岩が祭られています。いつ来ても浜辺で遊ぶ人が多く、ぼっちで通りかかるたび、こいつら全員Facebookの住人だな、と一瞥し素通りしていました。
しかし今日の私はひと味違う。数は力なり
ひとりでは気が引けて飛込めなかった、リア充の放つ鱗粉でキラキラと輝く浜辺も、4人いたら怖くない!!


imageなーさん、いつもひとりの時、ここ素通りで、海には入ったことないんですけど…今日は行ける気がしません?


imageうん。今日は行けます。行きましょう。


(なんて話の分かる非リアな友よ!!)


アキさんとアキオさんもまさか東京から来て、レーパーンのまま海へダイブさせられるとは思っていなかったかもしれませんが、「折角なら浜まで降りてみましょう」との提案に快く乗って下さり、早速浜へ!

ぬいぐるみを握りしめて、波打ち際まで我先にと向かう場違いなジャージの一行。

image

image

image


image




7月3日、2017年下半期始まったばかりですが、


今期のキラキラ感を全て使い果たしました

IMG_0734

DSC06924

DSC06926


砂まみれ、塩まみれになりながら糸島を後にして、15時半頃、一旦解散。

私となーさんは天神まで一緒に行き、それぞれの帰路へとつきました。山では早いなーさんですが、100km越えはめずらしいとのこと。お疲れさまでした(´∀`)


元々私は身近にロードに乗っている人が誰ひとりおらず、情報収集のためにTwitterを始めました。その頃は、まさかフォロワーさんに会うなんて考えてもみませんでしたが、今一緒にライドをする人は全員Twitterの人。今回の様に、なーさんや、ましてや東京在住のアキさん夫妻と友だちになれるなんて思っていませんでした。小さな出会いを大切に、友情を育んでいけたらいいな〜と思いました。


【まとめ】

アキオさんの小尻がうらやましい。
クレメル、己のケツの軽量化を決意。


DSC06834


【翌日】
ライド翌日は、リア充の真似事をして、キラキラ感を使い果たしてしまった反動から、一日中布団の中で風の谷のナウシカ全7巻を再読。クシャナのセリフの暗記に励みました。
三巻の戦闘シーンが好きです。
image


さぁ幕は上がった!! ドキドキ☆初めてのグループライド【海岸ゆるポタステージ】

これまでのあらすじ

ロードバイクをはじめて一年が過ぎても、未だにグループライド処女の乙女クレメル。もうすでに色々こじらせ気味なのに、このままではいけない!と【ライド仲間】を募集してみたところ、キラキラ感がイマイチ足りない14人のローディーが、福岡のローディーのメッカ・糸島に集まった。

******************************

集合1時間前。集合場所からひとつ手前のセブンイレブン。

とにかく時間に余裕を持って!と早めに家を出たおかげで、慌てることなく到着したのは良いけれど

モジモジモジモジ……。さすがに早すぎたか…。



初めてのグループライド。あまり高望みはいけません。とにかく、今日の目標は、

【爽やかにネコを被ること】

【ハンドサインをちゃんと後ろの人に伝えること】

この2点です。

ネコはなんとか被れるだろう。それなりに社会経験も積んできた、多分…大丈夫。

ハンドサインは…こうやって…

ん?

image

あ!!!!!穴開いとる!!!


先日、落車した際に使用していたグローブ。その後、一度使用した時は、黒のインナーグローブをしていたので穴には気づかず、ちょっとダメージがあるくらいだと思っていたのに…

image

これ、サイン出すたび、

ビンボーくさいやんwwwww


朝はまだ寒いので冬用グローブだけど、気温が上がったら、バッグの中の薄手グローブと替えようww

自分でひと笑い巻き起こしたところで、緊張もほぐれ、30分前。そろそろ腹を括って、集合場所へと参りましょう。


集合場所のセブンの前には2台のロード。

(´-`).。oO(気が早いヤツがもう来とるわ

ゆちさん!!


imageおはようございます



ゆちさんは新年会でお会いしたことがあるので、知った顔を見かけて一安心。一緒にいるのはTATSUYAさん。来る途中で一緒になったそうです。その後、続々と集まって来るローディーたち。

image

普段のぼっちライドだったら、「ローディーがいっぱい集まってて、怖いから、このセブンは寄れないな」と素通りする展開ですが、なんと今日の私はこの中に混ぜてもらうのです。

今更ですが、信じられない

image

image




私も含めて14人。

image image image image image image image image image image image image





ろかせずさん、Piccolinoさん、TATSUYAさん、まーぼーさん、ゆちさん、tkyさん、ikedaさん、やますたさん、かずさん、しまうまさん、zenさん、おかべさん、鬼崎さん(はこの後合流)


みなさん、おはようございます。今日は私のアシストのために集まって頂き、ありがとうございます。各自、良い仕事をして下さい。期待しています。


ほぼ全員が集まったところで、一応、私は主催者として挨拶したけど…。

この後どうするん?これからひとりずつ自己紹介とかするん?えー、でも全員が順番に名前言っていっても、覚えられそうもないし。みんな大人なんだから、気になる人には自分から挨拶して話しかければ良いか。それが会話のきっかけだな!よし!面倒くさいからそれでいこう!!

で?人数多いから分かれなきゃよね?これ私が仕切らないといけないパターンやろうけど…。よく分からないし…。

こういう時に頼りになって、この中の数人とも面識があって、優しそうな人は…。



kurePiccoimageさんあとはお願いします!!(丸投げ)




地元糸島の覇者であるPiccoさんに助けて頂き、ゆちさん率いる早い子チームと、Piccoさん率いるのんびり中年チームに分かれてスタート。私はPicoさんの後ろに付かせてもらい、25km/h以下で牽いてもらいながら、のんびり海沿いを走ります。

(´-`).。oO(うわぁぁぁぁぁぁ。私トレインってやつに入ってるよ。今まで何度か男子の中に混ざって、ライドしてる女子ローディーを見かけたことあるけど、本当にすごいな〜カッコいいな〜って眺めてるだけだった。お父さんお母さん、私、今そのトレインに入ってるよ!!アイウエアの下で目は泳いでるけど


注目なのが、Piccoさんがずっと一定のペースで、休むことなくペダリングしてること。Piccoさんはほぼ毎日片道30km超えのジテ通で鍛えており、力のある人です。

このペースでこの回転数って、相当軽いギアで回してるってことだよね?

試しに私も同じペースで回そうとすると、ペダルが軽すぎてカクカクなってしまい、綺麗な円が描けません。

(´-`).。oO(はぁ〜こういうのがペダリングが綺麗っていうんだな!!

速い人には退屈な巡航速度だろうと思っていましたが、遅い人に合わせる時は、ペダリングやフォームに気をつけるとか、工夫しながら楽しんでいるのかもしれないな、などと想像しながら見ていました。

その後も

(´-`).。oO(はぁ〜このタイミングで車を先に行かせるんだな

(´-`).。oO(はぁ〜浮き砂のあるところや、ポールが立ってて、気をつけないといけないところは、こうやって後ろに注意を促すんだな〜

とお勉強。私もちゃんと後ろに伝えられてるかな?グローブ穴開いてますけど


二見公園に到着

image

image

image

image

image

私も入れてもらった集合写真はPicoさんのブログ Piccolinoの愛しか糸島でサイクリング♪に。

人様のブログに私が載ってる!!!!!
リア充っぽい!!!


写真撮影を終え、一行は西へ。

image

実はこのルート、後半の山に目が奪われがちですが、実は前半にもちょっとあるんです。上り。
image







全員が合流して、


imageここから登りです。各自のペースで。



サイヤ人の血を引くゆちさんを追う様に、数人が瞬きをしている間に消えて行きました。

実は私、出張と落車の影響で、このライド前、4週間で80kmしか走っておらず、登坂は本当に久しぶり。

不安

(´-`).。oO(こりゃダメだ、と思ったら、後半はお腹痛いって言って逃げよ

坂ってこんなにキツかったっけ?と息も絶え絶えに登っていると、後ろから

imageそれでですね、ナントカカントカで、ドウノコウノなんですよ〜w


imageあははw本当ですか〜。


imageそれドウトカコウトカですね〜w



(´-`).。oO(こいつら…。私に合わせてくれてるのは知ってるよ。でも、息も切らさず、ボーイズトークしてんじゃないわよ!登坂中に笑い声だと?  呪われろ

朗らかに談笑してる男子たちの半径3m内で、殺意をみなぎらせつつ、ぜぇぜぇしていると…。


imageチェーン切れました



なんとまだ交換して間もないという、かずさんのチェーンが切れるというアクシデント。

そこにPicco様降臨!チェーン切りとミッシングリンクを持ってらっしゃる!

image

image


私も一度だけチェーン交換をしたことがあるので、要領は分かりますが、もしも自分のチェーンが切れた時、果たして自分でミッシングリンクまで取り付けることが出来るかどうか…。ひとりの時はロードサービス呼べばいっか、でも良いのですが、折角のグループライド中にマシントラブルの為にDNFになるのは辛いな…。チェーン切りと、ミッシングリンクを買って、取り付けの練習もちゃんとしとかないとなー、と思いながら写真を撮っていると

image出来ました!



無事ライドに復帰出来、ほっと一安心。


私はというと、なんとか後方メンバーに見守られながら、サイヤ組と合流。

image



天気も良いし、海も青い

image


今回は全員が、初見の方ばかりというメンバー構成なんですが、この辺りから、男子たちが打ち解けて来たようです(*´∇`*) 微笑ましい。
そして、「クレメルさんとも、ちょっと話してみたい気もするけど、何を話していいか分からない」その距離の置き方が、可愛いので、後方から写真を撮って楽しみました。


ランチ予定のカフェに向かいます。


imageここから先は下りでーす



一瞬安堵の表情を浮かべた面々ですが…先へ延びる道を見上げ

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage




あれ?Piccoさん?
上ってますけど
Σ(゜Д゜)

裏切られた感を、皆が抱えつつ、少しの上りをやり過ごした後、ダウンヒル。


image


ランチはCAFE カラフルにて。

以前、一度立ち寄ったことがあってローディーWelcomeなお店だったので、ここにしました。
テラスがあって、バイクラックがあるのが素敵。

image

image


普段、定食屋で男飯を食べている皆さんに、今回は折角女子がいるのだから、オシャンティなカフェでランチにしていただこうと思ったのですが…

忘れてた。シャレオツ カフェは量が少ねぇwwww
image

私には充分な量ですが、男子たちにはどう見ても量が少ない。ごめんごめんww
まぁこの後、コンビニで補給買えば良かろうww


ちなみに私がピンクのチビを取り出しても、それが当たり前みたいな空気どうなっているのでしょうか?

image

でもね、時々クマ吉の写真を撮る私を、ガン見は避けつつも

(あ、アレやん…。クマ吉…。)

と横目で見ているのは、アイウエア越しでも分かるのだよ。
みんな、あえて触れて来ないところが、ピンクを意識している証でしょう。

では、実験をしてみます。

若い子たちのテーブルに近づき、少し世間話をした後、何気なくクマ吉をテーブルに残し、席を立ってみたところ……。



すぐに写真を撮りはじめる、可愛いボーイたちww

image


まったりしつつも、遠くに見える山を見つめ、「…。今からあの山行くんすよね。」と期待と不安が混じった表情を浮かべる男子たち。

image



(´-`).。oO(心配するな、私がいるから。可愛い君たちを「置いてけぼり」にはしないよ。時速6kmという新しい世界を君たちに見せてあげよう。


次回のクレメルは…

ドキドキ☆初めてのグループライド【山岳ステージ】






corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて