先日、手持ちのサコッシュにファスナーを付けてみたら、かなり便利になったのでその話を少し。

サコッシュは主に自転車競技中に補給を受け取る為の袋として知られています。走行中でも中身が取り出しやすいように、上の部分はボタンがついているだけのものが多いです。

私が普段サドルバッグに入れているのは、ラファのおまけサコッシュ。

image
image

サイクルウエアRaphaの店舗でお買い物すると、購入した商品を入れてもらえるそうなのですが、普通にお買い物するだけではダメで、実店舗に自転車で乗りつけないと貰えないのです。地方の民からするとこれはなかなかハードルが高い。出張や観光のついでに立ち寄るのでは、自転車でないため入手出来ないのです。そのためか、このサコッシュ、おまけにも関わらず、ヤフオク等では2,000円くらいで取引されています。

私は『入手困難』というワードだけで食いつき、ホイール購入の際にもお世話になったやすこ君経由で入手しました。Raphaの商品はひとつも持っていませんが。

無料の袋なので期待していなかったのですが、なかなかどうして、これが予想以上に使いやすい。急な輪行や、ライド帰りにコンビニに寄る際に活躍してくれています。

image

image

ヘルメットとボトルが入るサイズで使い勝手が良いのですが、欲を言えばファスナーが欲しい。

レースで使用するわけではないので、取り出し易さより、中身が飛び出ない安心感の方が大切。


最近、手芸がマイブームなこともあり、手芸屋に立ち寄った際、ファスナーを購入しました。
image

40cmで148円

ダイソー等でもありそうですが、コンパクトに丸めやすい様に、薄手で柔らかいものを選びました。ファスナーはサコッシュの横幅より3cmくらい長めのものがベスト。

では付けてみましょう。

先ずファスナーを開きます。

縫い始めは『開き始め側』から
 
image
image

マチ針やクリップでとめておきます。
image

端は後から垂直に折り曲げて縫い留めます。
image

反対側はファスナーを開いた状態で縫います。
左右の開き始めがズレない様に注意して!

『開き終わり側』の余った部分は中に入れこみましょう。
image

出来上がり!!
 
image

image

なんてことはありませんが、ファスナーを付けると一気に高級感が出ます。それに安心して、輪行時に取り外したガーミンやライト等、小さなものも入れられる様になりました。

私はミシンを使っていますが、手縫いでも全然OK。先日載せた「サイクルキャップ」は正直手縫いではハードルが高いかなと思いましたが、ファスナーづけは、むしろ手縫いの方が、元々ついているボタンにミシンの押さえが干渉せず、作業しやすいです。針と糸にあまり馴染みのない人でも、一時間から一時間半格闘すれば出来ると思います。

折角の休日なのに雨でライドに出れない日、お気に入りのサコッシュがお手元にある方は、是非トライしてみて下さい。そして出来れば、正座してチクチクしている姿の自撮りをDMで送って下さい。手芸男子、萌えます