ブルベ

初ブルベ300km〜最終回!!台湾に嫁にいこう


imageなぜだ…ゴールはもう間近なのに…。
なぜブルベの神はさらなる試練を私に課すのか…。


ガーミンが不機嫌。
ルート表示が使えない。
死。


残り70km。試走はしていますが、しっかりとルートを覚えているわけでないので、やはりがガーミンがないと不安。

歩道に避けて、ガーミンを首を傾げながらピコピコ弄っていると、後ろから来た男子ローディーが『OK?』と尋ねて来ました。

ガーミンの調子が悪くて…と答えると、コッチコッチとジェスチャーでついてくるように示してくれました。

imageあ、日本の人じゃない(気づいた)



どうやら私が佐世保バーガーに寄り道して、ルートに戻った直後だったので、それも相まって道に迷っているように見えていたのかもしれません。


imageチャイニーズ?コリアン?




『タイワニーズ』


よく見てみてると、ヘルメットの下には謎のバンダナ。使い込まれたクラリスのコンポ、リアにつけられた小さな荷台に巻きつけられたスーパーのビニール袋……


image(本物だ、彼は本物だ!ついて行って間違いない!)



勝手な想像ですが、彼は英語も日本語も出来ないようだったので、留学や仕事で日本に来たのではなく、このヘブンウィークという九州一周 SR獲得ブルベのために、来日しているのではないかと思われます。

ペースは落としてくれているのでしょうが、自己最長の230kmを越え暑さでもやられ気味な為、徐々にちぎれてゆく私。それでも彼は、交差点などの道がわかりづらい箇所では止まって待ってくれています。


image台湾に嫁ごうかな



佐世保のアミューズメントパークであるハウステンボスについた頃にはガーミンも復活してルートを示すようになりました。さっきの不調は一体なんだったのか?
これ以上私のペースに付き合わせるのも申し訳ないし、ルートもこのあとは迷う箇所もないので、身振り手振りで


imageハウステンボス、私、アレ、知ってる。この道、知ってる。私、大丈夫!先にどうぞ。ありがとう。(なぜかカタコトの日本語)



と伝えると、台湾からの騎士(ナイト)は『OK!』とだけ言い残して、去って行きました。


意外なところでハートフルな国際交流が楽しめ、テンションも上り、時間貯金もあるので補給にアイスコーヒーをがぶ飲み。

IMG_20180429_131341


image生き返る〜






しかしここからまともな記憶がありません。




坂がクソ

スクリーンショット 2018-08-31 20.13.18


ひたすら、ただひたすらにアップダウン。

交通量も多く、車道も狭い。景色も面白くない。



imageマジ、クソ
(2800万回ループ)


浮かんでくるのはそのひと言のみ。


人は250km越えると品性を失うようです。


品性下劣なまま、泥のような顔色で諫早に到着。

300km ゴール

IMG_20180429_160516


ブルベカードとレシートを提出し、フォトチェックポイントの写真を提示して、無事認定。

ブルベのメダルは思っていたよりも重みがあり、300km本当に走ったのだなーという実感が湧いてきました。



なんとなくの思いつきで走ってみた300km。ブルベというロードの世界において、変態の極み(褒め言葉)を垣間見て、奥の深さを痛感しました。人と争わず、淡々と自分のペースで走れるブルベは性格的にあっているような気もしました。でもやっぱり夜は布団で寝たいし。


帰りの電車の中では、疲れた胃に何か入れなくてはと、大好きな苺とビールで乾杯。

IMG_20180429_164936


苺ふた粒と、ビール三口飲んだところで、眠りに落ちました。


とりあえず、1ヶ月間はロード乗らなくてもいいや




初ブルベ300km〜 草木も眠る丑三つ時の戦いとハンバーガー

〜これまでの話〜

ブルベの人のコスプレで参加した300km。集合場所ではガチ勢の中で駐車場の壁になり、VOLT800がご臨終でDNFの大ピンチ。誰にも頼まれていないのにひとり勝手に七転八倒を繰り広げ、漸く100km走りきりました。

↓ここまでの行程

スクリーンショット 2018-08-31 20.24.15

スクリーンショット 2018-08-31 20.24.25


VOLTが蘇生して身も心も快調。呼子まで多少のアップダウンはありますが、海岸線を中心に潮風に吹かれながら気持ちよくクランクを回してきました。



PC2のコンビニに無事到着。深夜0時を越え、食欲はありませんが、あんぱんやおにぎりなど補給食を買い込みます。

IMG_20180429_030921


PC2を過ぎると、本格的な山間の田舎道にステージは移ります。


小さな稲が植えられたばかりの田んぼの水面に、白い月明かりが反射しています。丸い月は大きく近く、アスファルトには私と蜂蜜号の影が濃く落ち、聴こえてくるのはカエルの鳴き声とラチェット音。


草木も眠る丑三つ時。街灯も乏しい山間の道にひとりきり。

こう見えても(?)怖がりなところがあるので、普段であれば夜の山なんて走れませんが、今日は案外平気。時々ふと恐怖心が顔を出すことがあっても、その場にいれば数十分以内に後続の誰かがやって来るという安心感が、小さな恐怖心を振り払ってくれます。

昔ブルベをよく走る人に、夜道は怖くないですか?と尋ねたら、「一人だったら怖くて走る気にはならないけど、ブルベだと同じ道を走っている人がいると思えて怖くなくなるし、元気が出る」と答えてくれました。あれはこういうことだったんだなーと納得しながら、前へ進んで行きます。


そんな中、それは突然に訪れました。




imageめっちゃねむい




アップダウンが続く道で、下りは気が張っているので大丈夫ですが、上りになる度、6km/hなので緊張感も途絶え、強烈な睡魔が襲ってきます。

そして眠気からくる不機嫌


imageてか、なんで夜中の3時に自転車乗ってんの?
夜は布団で寝るのが人として正しい在り方なんじゃないの?
なんで自転車漕がないといけないわけ?あり得んし!!眠いし!!!!!


300km、制限時間20時間、“ちょっと頑張って徹夜する”くらいのイメージでいたので、仮眠を取るという発想がそもそもありませんでした。しかし、この時点で1時間くらい貯金があったので、15分間くらい座って目を閉じるだけでも、休憩を取った方が良かったかもしれません。


スヤァ(-_-)zzzとイライラ( *`ω´)を繰り返すこと一時間。コンビニなど皆無の山の中、自販機のコーヒーをカフェイン摂取するためにガブ飲みしたいところですが、トイレが近くなるのも問題。冷たいコーラでなんとかシャキッとした顔を繕っていると、空が白んできました。



ライド中に迎える初めての夜明け。


きっと感動があるに違いないと期待していましたが



image夜明けか…ふ〜ん




IMG_20180429_055027_1

西側を走っていたため、朝焼けに出会えなかったからかもしれませんが。


空の色が変わってきたなーと思ったのもつかの間、あっという間に二日目の朝を迎えました。

IMG_20180429_054104

IMG_20180429_055640


ちょうど良いタイミングで久々にコンビニを目にし、朝食タイム。

IMG_20180429_060826


ずいぶん走ってきたなーという印象がありますが、それでもまだ半分くらい。
結局一番心配していた夜間走行も事無きを得、山中の気温もウインドブレーカーも不要な程でした。


二日目も天気は上々!

IMG_20180429_062147


imageてか、暑い



IMG_20180429_075335

IMG_20180429_082702

グループライドで訪れたことのある平戸大橋を越え、PCにて簡単に補給食を買い込み、ゆっくり座る間も無く先へと進みます。


image弱き者は脚を止めることを許されない。

厳しい、厳しいぜブルベ

日が昇るとともに気温もぐんぐん上がり、顔をしかめる暑さです。


それでもフォトポイントである神崎鼻公園では思いがけず美しい海と出会い、テンションUP!!

IMG_20180429_102328

IMG_20180429_102416

IMG_20180429_102727

IMG_20180429_102534



昼頃に漸く佐世保に到着しました。

IMG_20180429_115021

IMG_20180429_115557

貯金は一時間半。ここまで頑張って時間貯金してきたのには、一つの目標があったからです。


image佐世保バーガーが食べたいのじゃ


ブルベを走る人々のブログを見てみると、多くの人がブルベの途中ご当地の美味しいものを食べている様子。これぞロングライドの楽しみと言えるでしょう。私もなんとか時間を作って、せめて佐世保バーガーくらい食べたいと考えていました。

あまりルートを外れることなく立ち寄れる佐世保バーガーのお店を、事前にリサーチしておきました。

ただ問題は


image全く食欲がない




睡眠不足と暑さと疲れから、食欲ゲージはマイナスに振り切れています。胃が固形物を一切拒否。


imageもうこうなったら、一口齧ればそれでいい。なんならハンバーガー片手にそれっぽい写真が撮れればそれでいい。

意を決して、横道に逸れますが


IMG_20180429_120824

imageめっちゃ混んでるww あ、もういいやww



食うや食わずで作り出した一時間半のマージンを列に並ぶことに費やす気には、到底なれず、敢えなく退去。


佐世保バーガーだけを心の支えにこれまでペダルを踏んできたのに…




ポキリ




心が折れた音がしました。


200kmちょっと走ってきて私は大きな勘違いをしていたことに気づきます。

今回のブルベ、最高標高はスタート直後の八木山峠300m。大きな峠はそれだけ。
だから大したことはないと…。

スタート〜100km
スクリーンショット 2018-08-31 20.24.25

これで大きな山は越えた…あとはマイペースでくるくる回せばなんとかなるだろうと思っていました。

が、しかし






100km〜200km
スクリーンショット 2018-08-31 20.13.18


image平地が無いwwwwwwww

そしてこのあと待ち構えている200km〜ゴールまでがこちら


スクリーンショット 2018-08-31 20.14.33

image死にたいwwwwwww


300kmトータルで高低差を見るとぎゅっと縮小されるから、一番大きな八木山峠だけが目立ち、高低差100m程度の上りは平地のように見えてしまいます。しかし100km単位で区切って見ると、いかに後半のアップダウン激しいか!!高低差が小さいため、ダウンヒルで休む間も無く次の上りが始まる、まさに地獄



そして、ここでガーミンに異変が!!!

正しいルートを走っているはずなのに、ナビ機能が反応しない!!!


残り70km



〜次回、ブルベ300kmの軌跡 ついに!最終回!!〜

初ブルベ300km~VOLT800死亡説、DNFの危機!?


18-07-08-08-41-19-311_deco



緊張感も漸くほぐれ、「マイペース…マイペース…」とひとりごにょごにょ言いながら、PC1に到着。


順調な滑り出しと、安堵したのも束の間




imageライトが!!!ライトが死んだ!?!?
どうすんの?どうすんの?どうすんの?



予備ライトは持っていますが、VOLTがこれほどまでに早い段階で使えなくなるなんて…。

予備ライトはVOLT充電時の繋ぎと、DNFの際の夜明かし用程度にしか考えていなかったので、予備ライトの充電だけで朝まで走り続けるのは無理です。


本番に限って突然の機材の不調というのはロードレースの中継の際にもよくある話で、「なぜ今この時に!!」と思いながら観ていましたが、まさか自分の身にも起こるなんて…。


幸いなのはこもまま走り続けていると、自宅のすぐ近くを通るため、家に帰れるということ。自宅までは十分に充電は持ちそうです。



imageこのまま帰宅てwww
圧倒的な何しに来たか分からない感!!ww


もしかしたらライトが死んだのではなく、バッテリー二個ともちゃんと充電が出来ていなかっただけかもしれない……。
わずかな望みを抱き、モバイルバッテリーから充電を続けて来ましたが、内心、意気消沈。


自宅まで数km地点。ここまで充電し続けたバッテッリーを祈る気持ちでライトに取り付けてみます。



imageやっぱり、つかないア゙ア゙ア゙ア
( ;∀;)(涙








??


imageア゙ア゙……ぁ、ぁあ?
もうちょっと回る?



グッと押し込みながらねじ込むと…




ピカー!!!


imageついた…。ちゃんとねじ込めてないだけだった。



なんてことはない、バッテリー二個共ちゃんと充電はできていたけれど、取り付け方が悪かっただけ、というなんとも間抜けなオチ。



ひとり無表情で淡々と走るその内側では、緊張したり、おどおどしたり、やる気になったり、焦ったり、凹んだり、喜んだり。


スタートから80km。出だしから先が思いやられます。
(ブログも最後まで書き上げられるのか思いやられます)



まだ残り220km。

初ブルベ300km〜ポンコツ、壁になる。戦いの火蓋は切って落とされた



雨天DNSの予定であったが…。


4月28日 快晴


image天は我に味方したのか…。それとも見放したのか…。



IMG_20180428_170710


夜21時のスタートに向けて、輪行で移動です。

昼間しっかり寝ておけば良かったものを、変にテンションが上がってしまい、ひとりデイキャンプなんかしたので、昼寝も出来ませんでした。
(キャンプxロードバイクも最近ハマっているので機会があればブログに書きたいと思います。)

IMG_20180428_121121


飯塚駅で輪行解除し、集合場所へ。駅周辺でもブルベっぽいロードをチラチラ目にしました。

集合場所に到着すると、ランドヌールがわんさか。

IMG_20180428_201037


imageばばばばbbba場違いなところにきてしまったああっjlあぁああfk




常連さん同士が親しげに挨拶を交わしている中心地から、そっと避難。


imageどどど動じるな。
私は壁だ。この隅の壁なんだ。

IMG_20180428_201135



image落ち着かない。しかしとにかく受付を済ませなければ。




受付で名前を告げ、ブルベカードを受け取りました。

IMG_20180428_201347


image(ほほうこれがあのブルベカードなるものか。無くさないようにしなくっちゃ。)



心もとない気持ちで受付を済ませていると、


IMG_20180705_211034え?!クレメルさんじゃないですか??



imageあらんさん(泣



IMG_20180705_211034出るなんて言ってなかったから、まさかと思ってw



imageもしかしたら、あらんさんいるかもって思ってたんですが、
よかった!
完走できる自信ないから、誰にも言わずに来たんですww


福岡のSR、あらんさん。一緒に走ったことはありませんが、一度お会いしたことがあるナイスガイです。今回は出走ぜず、スタッフのお手伝い&お見送りに来ていました。あらんさんに声を掛けて頂いて、暗闇に一縷の光がww


車検を受けた後は、もはや定位置となりつつある隅っこに戻り、壁と同化しつつスタートを待っていました。

IMG_20180428_201310



するとしばらくして



IMG_20180705_211003クレメルさん??



imageえ?オルトレ?え??Maruyamaさん?ww
なぜブルベに??


IMG_20180705_211003友人に誘われて、僕も初ブルベです!!



元気一杯のMaruyamaさんとお喋りをしていたら、ずいぶん緊張もほぐれました。

簡単なブリーフィングが行なわれ、いよいよスタートです。


BlurImage_18-6-2018-9-22-34



何度か走ったことがある道ですが、夜間なので全く見え方が違います。ゴールデンウィークということもあり、参加者が多いで、はじめのうちは数人ずつ纏まって走ります。八木山峠に入ってから、だんだんとバラけるのだろうなーとぼんやり思っていながら、後ろをついて走っていたのですが…


imageあれ?みんな…速くね??



風除けになっていただこうという目論見はあっけなく外れ、徐々に、徐々にと離されていていく私。他に女性の姿もあるのですが、やはり皆、速い。


imageみんなすごいな…私こんなペースで制限時間大丈夫なのかな?



サイコンに表示されるアベレージは問題ないのですが、周りの人の速さに圧倒されて変な焦りが募ります。


image落ち着け私。これはレースじゃない、競争じゃない、速さは関係ない。関係ないんだ。




ブルベ終了後に知ったのですが、ちょうどこの時、Heaven Weekという名で、この300kmを皮切りに、翌日諫早〜鹿児島400km、その翌日鹿児島〜別府600km、その翌日別府〜北九州200kmを走り、G.W期間中に九州一周してSRを取っちゃおう!という気が狂っているとしか思えない企画が催されており、この300kmにもSRを狙う多くの変態(褒め言葉)が参加していたようです。通りでみんな速いし、重装備なわけだww


八木山峠に入る頃には、同スタートを切った集団とは離れ、後ろから来る集団の姿は見えず、離れ小島状態。月明かりが、アスファルトの白線を静かに照らしています。

マイペースで約250mUPを終え、ゆっくりとダウンヒル。暑くもなく寒くもなく、脚も回っています。今回のコースは大きな山はなく、この八木山峠が一番高い峠となります。それを越えたことでホッと一安心。一路、福岡市内を目指します。お腹は空いていないけれど、補給は丁寧に、まめに取ることを忘れずに。実に良いペースじゃないか。


福岡市内PC1でお買い物。
チェックポイントのレシートは、認定の際に必要になるので大切にとっておきます。


IMG_20180428_235050


お!!ツイッターで見にする「ブルベのPC」だ!ホンモノだ!!

ここに自分が加わっていることに、いまいち現実味がないまま、PC1到着前に切れてしまったフロントライトVOLT800のバッテリーを交換します。


imageうーん、こんなに速くバッテリーが切れるなんてなぁ。ちゃんと充電出来てなかったのかなぁ




首をひねりながら、充電が切れてしまったバッテリーをモバイルバッテリーにつないで給電し、もう一つの充電済みのバッテリーをVOLTに接続します。



???



ライトが… ライトが…ライトがつかない
VOLTが壊れてしまった?!?!?!


ブルベスタートから約3時間。走行距離43km。


まさかここでDNFなのか!?!?!?!?!?






続く

初ブルベ300km挑戦の軌跡〜備えあっても憂いっぱなしです。最終準備〜


image一丁前に反射ベストを手に入れ、ワイ、気分はランドヌール。



目標は“事故なく怪我なく楽しく、できるだけ遠くまで走ろう!”

準備編の最後は、ブルベだからこそ準備したことを書き残しておきます。



ブルベで一番心配なのはナイトライド

以前夕方から林道に入ってしまい、心許ない明るさのライトひとつで泣きながら下山した記憶が蘇ります。夜19時だったにも関わらず、山の中は漆黒の闇。今回はオーバーナイトになるので、不測の事態に備え、準備をしておく必要があります。

【ライト】

2灯体制にしました。

DSC01384


基本はキャットアイのVOLT800。スペアバッテリーを途中ローテしながら使用します。もし落車やVOLTが壊れた時のために予備ライトを用意。ライド仲間に頂いたもので、MAX600lmくらいかな?

DSC01381

光量はややVOLTに劣りますが、広範囲を照らしてくれるので、街灯のない道を走るときには心強い印象です。このライトはベルクロでヘルメットにつけられるので、パンクの際にはこれで手元を照らすことが出来ます。

DSC01376



【防寒】

暗いx怖いx寒い=心折れる

四月末、天気予報は最高で23度。半袖でもいい気候ですが、深夜の山の中がどれほど寒いか分かりません。まだ10度を下回ることも考えられます。

そこでUNIQLOのライトダウンジャケットをサドルバッグに詰め込みました。走行中はまず使うことはないでしょうが、パンク修理の時もしくは走行不能でDNFで始発列車を待つ間、暖を取れれば泣かずに済むかも知れません。結果的に使うことはありませんでしたが、サドルバックに入っているという安心感は大きかったです。



長距離を走る抜くには軽量化も必要ですね。ということで

【自身を軽量化(ダイエット)する】




結論







無理


image3kg痩せると、1kg筋肉が落ちるとか聞いたしぃ〜。
体力とか筋力とか落ちたら、こまるしぃ〜。





ブルベ終わってからガンバル!!



もちろん体力、筋力、精神力も必要ですね。

【トレーニングする】

仕事終わりに近くの鏡山270mUPくらい、もしくはローラーに乗る




結果




1ヶ月間で…

鏡山、4回
ローラー、30分を5回



無理

トレーニングおしまい



【試走する】

これは真面目にやりましたw

呼子から先はほとんど走ったことがなく、特に伊万里、佐世保、諫早は未知の世界。
休日を使ってこの区間、約210kmを試走することにしました。(と書くのは簡単ですが、走ってる途中は息も絶え絶えです)。

18-07-04-21-30-33-521_deco

試走の結果、呼子〜伊万里間、佐世保〜諫早間の細かいアップダウンがマジでクソということが判明。

※黒い渦の部分は殺意が芽生える箇所です

実際に走ってみると平地はゼロに等しく、細かなアップダウンでガンガン脚が削られていきます。

サイトに掲載されていたGPSデータをダウンロードし、ガーミンにそのまま入れたのですが、ガーミンとの相性が悪かったのか私のDL&転送の仕方が悪かったのか。ルート通りに走っているのに、OFF courseと表示されてしまい、使えませんでした。いつもガーミン頼りで走っているので、もし試走していなかったら当日迷子になりまくりだったろうと思います。
帰宅後ルートラボでコースの全行程を自分で引き直し、ガーミンに転送しました。そのおかげで、ただぼんやり地図を眺めるよりルート全体が頭に入ったので、分岐やチェックポイントの確認のためにもこれは必ず自分でやった方がいい作業だったと思います。


【自分のペースを知る】

私はいつもガーミンはグロスアベレージ(停車時間も含めた平均速度)を表示するように設定しています。自分の中では25km/hで走っているつもりでも信号停車が多かったり、コンビニで補給を買ったりすると1時間に17km〜20kmしか進んでいないことも多いです。市街地、田舎道、山岳、それぞれに対し、“なんとなくこれくらいかな〜”ではなく、現実的に○○分で△△km進めるのか、自分の走力を把握しておくことはとても大切であることを、過去のソロライドを通して幾度となく痛感しました。

ブルベの制限時間は20時間。グロスアベレージ15km/hで走ることが求められます。自分にとって無理のないペースで走って、どれくらい時間を貯金することができるのか。前述の試走の際には特に100kmを超えてからの自分の走力に注目して走りました。

15km/hで走った時の所要時間を5km毎に表にして、これをボーダーラインとして走ります。

DSC01466

ずいぶん前になりますが、一人ブルベごっこをした際に、私の走力では15km/hを守るのは想像していたより難しかったです。ちょっとコンビニに長居したり、写真撮ったり、ツイートしたりしていると、すぐに足切りにあいます。今回、トイレストップ以外の休憩はなし、コンビニの買い物は5分以内、食事は基本的にサドルの上で。

できるだけこれを守って走ったところ、10km毎に最低でも5分ずつの貯金が出来ることが分かりました。100km走れは約1時間の貯金が出来るので、とにかく100kmを無事に走りきれば、パンク修理も焦らず行うことができそうです。


【補給食を用意する】

私の走行ペースでは、店内で座って食事をすることはおろか、コンビニ前でゆっくり補給することもままなりません。食事は全てサドルの上が前提です。前日に高カロリーのクッキーを焼き、一口サイズに圧縮したおにぎりをフードポーチに詰め込みました。

LRG_DSC01468


私はちょこちょこ停まるとペースが崩れて、休憩を取ったつもりが逆に疲れることが多いので、コンビニストップは最小限。前半、元気があるうちに時間貯金を作りたいこともあり、多めの補給食を持ってスタートしましたが、結果的にはこれは良かったと思います。


【緊急連絡先を見直す】

誰にも言わずに参加するつもりなので、ブルベ中アスファルトのシミになっても誰も気づきません。
万が一に備え、緊急連絡先を見直し、自転車保険証券のコピーに家族、友人、職場の連絡先を書き込み携帯しました。
当然、自宅机の上には遺書を置いて。過去死にかけて以来、遺書は身近なものに)


imageメメント・モリ。死を思え。



300km。ひとりで走るのです。
そんなの討ち死に覚悟に決まってるじゃないですか。



続く…(次回から漸く走ります)







corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて