カメラ

命名 ソニ助

以前にカメラを購入したお話はしましたが、その後も悪戦苦闘しながら楽しんでいます。

今はまだ、撮影のテクニックどころか、なんの機能があるのか、どこを押せばどんな表示が出るのかもよく分かってないので、手探り状態です。人付き合いに似ていますね。

気に入ったモノに名前を与えたり、人や別の生き物に例えたりして、空想の世界で遊ぶのは子供の頃からの密かな楽しみですが、このたびめでたくカメラの名前が決まりました。

命名 『ソニ助』

クロちゃん(理由:黒いから)とずいぶん悩みましたが、ソニ助に決めたその理由は


書いてあるから。ソニーって。




自転車に乗ってる方には分かって頂けるんじゃないかと思いますが、同じメーカーの同じ車種であっても、自分が乗る愛車と、他の人が乗っているそれとは全く違うものです。品番だけは括れない何かがそこにはある気がします。

同じカメラを持っている人はごまんといるでしょうが、今後苦楽を共にする相棒はソニ助ひとりです。

Twitterや今後のブログでも、RX100M3と書くのは面倒なので、カメラのことはソニ助に統一させて頂きます。友達が少ないちょっと頭がアレな女なんだな…と優しい気持ちで遠くから眺めていただければ幸いです。




普段はこれに入れて持ち歩いています。


ロードに乗る時は、裏面のベルト通しに、ウエストポーチのベルトを通して腰につけています。




速写ストラップというのがあるようで(肩から斜めがけしてカメラを背中に背負い、撮影時はベルトについているスリングを引っ張るだけで長さが調節できる優れもの)、初めはそれを買ってみようかとも思ったのですが、290gを片方の肩に背負い続けるのは、ロングライドになると 私のような体幹の弱い者にとっては大きな負担になりそうなので、使い慣れているウエストポーチを利用した方がいいのではないか…と。

先日160kmのライドで120kmまでは特にストレス感じず乗れました。それ以降は少し腰が痛かったです。120kmを超えるライドはそうそうする訳では無いので、もう少しこのスタイルで行こうと思います。腰の負担を減らすために、サドルバッグを少し大きいものにして、ウエストポーチの中身をそちらに移そうと計画中。


長いストラップをつけると、普段、仕事のカバンに入れた時は邪魔になりそうだし、かと言ってその都度取り付けるのも面倒だし...。


ただしストラップを肩からかけていない分、落下のリスクは伴います。

カメラリングをつけてみました。500円くらい。


カメラポーチの外に出るようにしてチャックを閉めていると、仕事の鞄の中でも意外と目立って取り出しやすいです。
出し入れする時は、必ずカメラリングに指を通してからチャックの開閉をするようにして落下防止に務めています。



その他にグリップテープもつけてみました。


純正の別売りテープで1500円くらい。
そのままの方がカッコいいけど、これつけるとやはり握りやすいし、楽に持てる分軽く感じます。ライド中は特にグローブと重なると強い滑り止め効果が出ます。
また冬装備になった時には、何かしら
工夫がいるかもしれません。

軽量化を目指すロードの世界で、どういうわけか300gほどの増量をいたしました。
その分良い写真が撮れるように精進してまいりたいと思います。


本日のソニ助













なぜホイールでなくカメラを買ったのか      

あれだけホイールが欲しいと言いながら、それを差し置いてカメラを買いました。

SONY Cybershot RX100M3 



シャマルウルトラには届きませんが、ゾンダなら買えるお値段です。

なぜホイールでなくカメラを買ったのか・・・。
それは「自分とロードバイクとの付き合い方」が見えてきたからです。

元々私は全くと言っていい程、写真に興味がありませんでした。むしろ写真を撮る人があまり好きではなかったかもしれません。 旅先で美しい景色を目にしたとき、一心不乱に画面を覗き込む写真好きな人を横目に、「せっかくこんなきれいな景色が目の前にあるのに、画面ばっかり見て・・・もったいない。二つの目がついているでしょうに。」と思っていました。

5年くらい前にWEBの仕事に少し携わり、写真の持つ力の大きさを感じたので、ミーハー気分も相まって初心者用のミラーレス一眼を買ったのですが、結局WEBの仕事が終わったら元通り。重たいカメラを持って外出することは一度もなく、ロードバイクに出会うまでカメラと無縁の生活を送っていました 。

それがロードに乗る様になって一変!!ロードバイクで出かけると本当にステキな景色に出会うものです。アスファルトに舞い散った桜の花びらや、高い夏の空に浮かぶ入道雲、紅を差した可愛い楓の葉に、山水画のような冬の山肌・・・。多くのローディーは共感していただけるのではないかと思いますが、そんな景色に出会ったとき、"なんてこの世界は美しいんだ!この感動を忘れたくない、ずっとこのまま心に留めておきたい、そして誰かに伝えたい"、そう感じます。そこでカメラ、私の場合正確にはiPhoneのカメラ機能を起動させるわけです。

そんな風にライド中、写真をたくさん撮る様になり、そのうちの何枚かをツイートしたりブログに載せる様になったわけですが、ある日小さな黄色い花をガードレールの隅で見つけました。どうにか綺麗に撮れないものかと試行錯誤しているうちにふと「私は今までこんなに真剣に一輪の花に向き合ったことがあるだろうか?」と思いました。




花だけじゃない、木々や川の水面や雲や夕日、今その瞬間でしか見ることの出来ない景色にこんなに真摯に向き合ったことがあっただろうか・・・。

美しい世界をただ与えられるだけではなく、美しい世界を自分から見つけに行く、受動的な在り方から能動的な在り方にシフトする、そしてその美しさを賞賛するためのツールがカメラなのではないか。

そう思い至ってから、急にiPhone内蔵カメラやLINEカメラのフィルター機能が物足りなくなってきました。「私が表現したいのはこんなのじゃない、そうじゃないんだ・・・」写真を撮る度ストレスは募るばかり。

もちろんホイールは欲しい。けれど、私はなぜロードバイクに乗るのが楽しいのか、私がロードバイクに求めているものは何かを突き詰めて考えると、それは"走り"ではなく"世界に向き合う"こと。ならば優先順位はもう決まってる。


そんな理由でカメラ購入に至ったわけです(*´罒`*)

今回は高い買い物だったから真剣に考えたわけですが、買い物に限らず日常の"小さな選択"の背景には大きな目的があるはずです。
ぼんやりしたまま何でも適当に決めていると、いつの間にか自分の本質とズレていってしまって、いつも「なんか違う」と違和感や物足りなさを感じたまま過ごしていかなければならなくなったりするのではないでしょうか。
何が自分にとって本当に大切なものなのか、時にはちょっと立ち止まって、じっくり考えることを忘れない様にしなきゃなと、今、SONYの黒い箱を手にしながら思っています。



ちなみに

iPhone



初めて撮ったSONY



(三ヶ月後タンスの肥やしになってなきゃ良いけど(´∀`*)・・・。私のカメラライフが続く様に、お詳しい方どうぞ力になって下さいませ。)









 
corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて