少し前の話になりますが、このコバルトブルーの宝石のことを語らないわけにはいきません。


10月初め、某日。ついに本州攻めを果たしました。目的地は角島!

screenshot

角島ライド ルートラボ


車では何度も訪れたことのあるこの島。一番のポイントは天気です!!コバルトブルーにもエメラルドグリーンにも見える角島大橋から望む日本海。しかし天気が悪いと、白立つ波に灰色の海と化してしまいます。せっかく行くなら、最高の天気の下で走りたい!これがずっとロードで走ってみたいと思いつつ、なかなか実行出来なかった理由の一つでした。10月に入り、ずいぶん涼しくなってきて、天気予報は上々。 もうこれ行くっきゃないっしょ!!

 
スタートは九州の北の玄関口、北九州市 小倉。



(青い船の後ろにある島が巌流島)

あれ…天気が…??



対岸にはもう下関が見えています。下関〜門司間、狭いところではわずか600mのこの海峡は関門海峡(馬関海峡)と呼ばれており、何度も大きな歴史の舞台となっています。壇ノ浦の戦いでは源氏に追いつめられたわずか八歳の安徳天皇が入水し、平家一門が滅亡。海峡に小さく浮かぶ巌流島では佐々木小次郎と宮本武蔵の決闘が行われ、幕末には尊王攘夷を掲げる長州藩が海峡を通過するアメリカ商戦に砲撃し、下関戦争のきっかけとなりました。


北九州から下関へ自転車で行く方法は二つ。ひとつは人道トンネルを押し歩きで渡る。もうひとつは電車で輪行(電車は海底トンネルを通ります)。ちなみに関門橋と関門トンネルは自動車専用の有料道路で、自転車通行不可です。今回は人道トンネルを使います。 (ルートラボは人道トンネルは表示されないので関門トンネルを通った形になっています)

門司側の入り口。自転車の通行料は20円です。

エレベーターに乗って地下へ。何度か通ったことのあるトンネルですが、まさか自分かロードバイクを押しながら歩いて渡る日が来るなんて! 

ただし歩いて渡らないといけないので、クリートカバーがないとSPD-SL利用者は、クリートが削れる音で心が削れます。 徒歩約10分くらいかな。 

祝!本州初上陸\(^o^)/



下関に入ってすぐの唐戸市場では、新鮮な海鮮丼やお寿司が市場で格安で売られていて、天気のいい土日は、お客さんでごった返しています。今度は海鮮丼ライドもいいな〜。


国道191号線に入ったらあとはひたすら海沿いを走ります! 


天気も良くなってきた!!
風もほとんどない!!


山口県の特徴はとにかく道が綺麗!
車でドライブに何度も来ていて分かってはいましたが、ロードで走るとさらに実感 。

何だよこの走りやすさ (^ω^)

北九州側であれば、水道工事などがあると、道の一部掘り返すところを、山口県側は ガタガタするとやだからこの辺25m全部やり替えちゃおっ!ついでに反対車線もやり替えちゃお!!水道は関係ないけどww みたいなノリを感じて仕方ありません。羨ましい!!道幅も広く交通量も少ない!!

山口県は全ての道がサイクリングロードと言われるのも分かる気がします。         



あ〜気もっちいいわ〜




小さな無人駅が素敵。一部JRの線路と並走して車道があるので、時折一両編成の可愛い電車が通ります。 


良いところにドンピシャ電柱がwww
撮影が下手すぎるwww


それにしても信号がない。         

九州をスタートしてから5時間。角島の看板が 。



あ、向こうに見えるのは… 



キタ━(゚∀゚)━!

角島大橋… 2000年に開通した山口県下関市豊北町神田と離島を結ぶ橋。それまでは渡船で行き来していたんです。  白い砂浜とエメラルドグリーンの海は比類のない美しさを誇り、2000年の開通以来周辺のNO1観光地となっています。ドラマ撮影やCMにも多く起用され、特に車のCMには何度も使われました。
三菱galant fortis や  lexus gs450h(YouTube)。 


展望台から写真を撮ってみましょう!




本当に今日は最高の角島日和です。冒頭でもお話しましたが、海の色は本当に天気に左右されます。何度かこの地を訪れたことのある私にとっても、ここまでコバルトブルーの海が一望出来る角島大橋は初めてかも知れません。

展望台からの写真撮影を終えたら、いよいよ橋を渡り、島へ入ってゆきます。 



車道は普通の橋に比べると少し広めで、乗用車であれば苦なく自転車を追い抜けそうなので、ロードで走っていてもそれほど追い立てられているといった感覚はそれほどありません。バスが来たら、プレッシャーかも。

橋の中間あたりで、展望スポットが設けられています。

青い!!
青い!!!
青いねぇ〜!!!!


IN 角島 おめでとう
角島側から


島の一番端には灯台があり、中を登ることもできます。


汗ばんだ肌に潮風が心地よい。

はまゆう群生地もあるので、7〜8月ごろはまた違った楽しみがありそうです。



灯台の近くにの売店ではイカが回っていました。(こうしておくと蝿がこないのだそうです。なるほど!)



ピッタっと!!

image
image
 

普段山に行くことが多いけど、こんなに走りやすい道で、車も少なければ、海っていう選択肢も悪くないなぁ〜と一気に海信者へ。


191号線沿いには土井ヶ浜をいう美しいビーチがあります。福岡市の海はクラゲが多いので、若かりし頃、海水浴はもっぱらこの浜まで足を伸ばしていた思い出の海です。9月までは海の家が一部開いていたそうですが、10月に入って全てクローズ。

静かな砂浜でひとり……



たそがれてる私が好き


バカなことしてないで早く帰ろw


帰りはサンセットライドを満喫




自走で帰れればいいなと思っていましたが、やはりタイムアウト。辺りが暗くなってしまい、知らない道を無理して自走で帰ることもないので、素直に川棚温泉から輪行しました。


もう少し早く辿り着けてたら、川棚名物 瓦そばを食べたかったんだけど……まぁ今度はグルメライド「唐戸市場で満腹海鮮丼と川棚温泉で瓦そばと露天風呂」を企画しようかな(*´艸`*)