走行距離が5000kmを超え、つるつるてんにになった蜂蜜号のタイヤ。
小さな亀裂や穴、サイドのひび割れも気になってきました。

大きなパンクをする前にタイヤ交換をしよう!ついでにチューブも新品に交換しよう!

ということで、久しぶりにショップに顔を出す口実としても良いので、ライドの帰りに立ち寄ってNEWタイヤをGET!(久しぶりのショップは緊張しましたが、相変わらずオーナー夫妻は親切でした。自分でもなぜこんなにショップに対し敷居の高さを感じてしまうのか…早く慣れたい)

購入したタイヤはこちら



一本4,950円だったかな。
Amazonや海外通販だともっと安いのかもしれませんが、ショップに足を運ぶとタイヤに交換のコツの他にもクリートの調整やサドルバッグのサイズの事など、色々相談出来て良かったです。


それはそうとタイヤ交換するには、当然ですがホイールを自転車から外して、タイヤレバーを突っ込んでホイールからタイヤとチューブを外し新しいタイヤとチューブをはめ込まないといけせん。ホント当然ですが。

いつもぼっちで山に行っているので、パンク修理は必須科目として習得したはずです。

半年前に...

出来るのか…私


パンクしたのは過去一度だけ。
(その時の七転八倒ぶりも書いてはいるのでいずれアップしたいと思います。)
久しぶりのタイヤ交換を前に心拍数が上がります。新しいタイヤは硬いと聞くし、もし嵌められなければ、次の休日、ライドに行けずホイールを抱えて電車に乗って自転車屋さんに行かなければなりません。なんとしても自分で嵌めなくては!

まずはタイヤレバーをでホイールからタイヤを外します。1本目、2本目は刺さるけれど、3本目がなかなか刺さらない。

試行錯誤で爪を黒くしながら...

はずれた( ;∀;)


二度手間にならないように、教科書を見ながら、確実に!手順を確認しながらチューブをリムに収め、新しいタイヤを装着します...


装着します...

装着します...

装着する気はあります...


しかし
...嵌らない(TдT)

Twitterでフォロワーさんに励まして頂き、コツを教えてもらったりするのですが…

『タイヤを揉むといいですよ』
タイヤを揉む?カッチンカチンだよ。これを揉む?ムニムニって?え…どうやって…私の握力じゃ(°д°)

『両サイドから引っ張るようにすると最後ゆとりが出て嵌めやすくなるよ』
よーし!タイヤを引っ張ってみよう!
...うん!やっぱり思った通り!全くビクともしない!ゆとりゼロw



ホイールをベランダから投げ捨てる寸前で、一時休戦。キンキンに冷えたカルピスを飲んだら力が湧いてきた気がします。

さっきのアドバイスをもう一度試しながら、今度はフロントからやってみよう。

ひぃーひぃー言いながら、どうにか


嵌った~( ;∀;)

ホッと一息してると

ん?...なんか、変じゃない( °o°)?
あれ?クイックレバーがこっち側で。
んん?ネジがあっち側で...
でタイヤの向きが...


逆じゃねかーヽ(`Д´)ノ


気をつけていたつもりだったのですが、どこで間違えたのか、元々勘違いしていたのか...。

タイヤを買った時、自転車屋さんにタイヤの向きも教えて貰っていて、もし逆につけたらどうなるんですか?と尋ねたら「もし反対につけても、大きな問題は無いですよ。一応転がり抵抗が多くなるって言われてるけど、そんなに気になる程でもないと思います」とのこと。フォロワーさんからも、そのままでも大丈夫だよと言って頂きましたが、いつかコンビニとかで休憩中に見知らぬローディーに「ぷぷぷーっ(σ゚∀゚)σこの人反対につけてるーwww」って笑われると、私は良くても蜂蜜号が可哀想。今後のパンク修理の練習だと思ってやり直しましょ(TдT)

それでも一度自力で出来た!という事実のもつ力は大きく、自信を持って作業出来、その後の二度の交換は半分の時間でできました。


完成\( 'ω')/



タイヤが黒くなるだけて締まって見えるなぁ。


遠くから見て、見た目、太くなった?
う~ん(°д°)?言われてみれば...


「前髪2ミリくらい切ったんだけど、どうかな?」ってカノジョに尋ねられて困る男子の気持ちが分かった気がします。


折角なので近くのダムまで行ってみましょう!


すっかり秋の匂いを滲ませた夕暮れのダムで、薄く流れる雲を眺めていると、日頃の疲れが一気に飛んでゆきます。

きのこだ!!


次第に空の色が変わってきました。

空気まで桃色の夕暮れ。




あ、忘れてた(°д° )!!
そうそう!ニュータイヤのインプレは


捻り出せば何か気の利いた感想が言えるかもしれない。


・空気が多い分クッション性が良くなった(ような気がする)
・カーブが安定してる(ような気がする)
・アスファルトの質など路面情報が多く伝わってくる(ような気がする)
・30km/hまで上げるのが今までよりスムーズ(なような気がする)

でもこれらは皆、プラシーボ効果かもしれないし、何より23C→25Cの感想ではなく、ツルツル完成車タイヤ→そこそこのニュータイヤの感想な気がします。
(なんて役に立たない雑なインプレ)

自信を持って言えることはたった一つ。
「サドルの上から見たらタイヤめっちゃ太い。どっしりしてる!視覚的効果から安心感がある」です。実際本当に安定してるのかどうかはよく分かりませんが、視覚効果というのはとても大きな力を持っているので、接地面が多い分、ゴリゴリ地を走ってるって実感がします。その代わりロード特有の浮遊感は23Cの方が圧倒的に上。25Cの太さを安心ととるか、モッサリととるか、個人の好みが分かれるところだと思います。

(実際に段差などでコケるコケないは、23Cと25Cに違いはないとの意見多し)

この日は40キロほどしか乗れなかった上に、道草して写真ばかり撮っていたので、今度100キロ超えのライドの時に、乗り心地や疲れ具合など注目したいと思います

三回もタイヤを嵌める練習をしたから、これでパンクした時も落ち着いて対処出来そう。経験は力なり。

【本日の教訓】
タイヤ交換前に、作業用グローブでチェーンを掃除して、グローブを真っ黒にしてはいけない。素手VSタイヤは流血戦になる可能性大。