福岡県に西側に位置する糸島半島。県内では志賀島(海ノ中道)に並ぶローディーのメッカです。

screenshot

我が家から糸島をぐるっと回るとちょうど100km。
博多方面から幹線道路を避け、県道49号線の日向峠でプチヒルクライムを終えると、一気にのどかな田園風景が広がります。そこから北上し糸島半島入れば、ほぼ信号も無く、平坦。のんびりとした田舎でありながら、お洒落カフェスポットもあり、のびのびとシーサイドライドが楽しめるお気に入りのコースのひとつです。

先日ブルベを想定した「Avg.15km/hをキープし、6時間で100km走り抜けるか?」の検証の際にも、ほぼこのコースを使いました。(その時の話はまたいずれ)

今でこそ私の中で、“100km走れて当然。糸島コースはお手軽ファンライド”の位置づけになっていますが、ほんの少し前には「目指せ!糸島!」といった時期がありました。

思い起こせば去年の春、初めての糸島はロングライド&大冒険、そしてきっと生涯忘れることの出来ない大ハプニングに見舞われたライドでした。


半年以上前に書いて、未公開のままにしていた記事ですが、そのまま載せたいと思います。
(2016.04.09のライドです)

*******************************


・・・そろそろ
糸島デビューしてもいいんではないだろうか( ´_ゝ`)。

日田方面や飯塚方面をチョロチョロと走り、幾つかの峠を越えて、調子に乗った貧脚が、福岡のローディーのメッカ糸島を目指すことにしました。
 

ルートラボはこちら
 
自宅から日向峠を越えて八反田から北上し、海沿いの道を時計回りに回るトータル100km。
 
とにかく風が苦手なので、冬の間は向かい風を避け海には近づきませんでしたが、さすがにこれだけポカポカ陽気が続いているのだから、海風もさわやか&そよ風程度だろうと予測。 自転車に乗ること自体も楽しいけれど、ライドに出る前、地図とにらめっこしたり、ルートラボの山切りカットを見て、青くなったりしながら、シュミレーションするのも楽しいものです。 
 
ライド当日は8時に出発。 土曜日なので通勤のクルマも少なく、すいすいと日向峠下まで到着。 

日向峠は前回足つき無しでクリアできているから、二回目は精神的斜度もグッと下がるはず。序盤のフレッシュな脚でタイムを縮めて、ストラバの底辺からの脱却 を目論みます。 
 
「速くなりたいなら途中で脚が終わってもいい覚悟で限界超えて踏むことも時には必要」だそうです。

がんばるぞ(小声)
 
IMG_5563

やはり一度登ったことのある坂は、しんどさ3割減になるというのは真理 のようです。 前回はインナーローを序盤から大解放でしたが、今回は1枚ギアを残して回します。普段はあまり使うことの無いダンシング(と呼んでいるだけのただの立ち漕ぎ)も多用し、落ちかけたスピードを取り戻し、さらに勢いをつけようと漕ぎます。
 
後もう少し・・・
このカーブ曲がれば山頂だったような・・・
あ、いや、まだか・・・
このカーブを曲がれば・・・


IMG_5564

を繰り返しようやく到着(TДT)
 
IMG_5565

ずっと時速10~12キロぐらいで頑張っていましたが、終盤で後方からの車を避けるため減速したところで力尽き、時速8キロくらいまで落ちました。残念。それでも前回よりは頑張れたのでよしとしよう。
帰宅後チェックすると、ストラバの順位は232位→225位 に!!笑 
それにしても一位の人、時速20キロって(((( ;゚д゚)))・・・。

日向峠を越えると一気に田園風景が広がり、緑が目に優しく、癒されます。コンビニでイチゴアイスを補給しましたが、このあたりでローディーの姿も多く見受けられる様になりました。普段、出来るだけ人気の少ないところでコソコソ乗っているので、「わぁ…。ローディーがいる…。」とビビる私。
 

八反田の交差点を左に曲がると、以前、私の脚がちぎれ朽ち果てかけた白糸の滝 方面。今回は右に曲がり糸島半島を目指します。 

しかし試練というものは思わぬ時にやって来るもの…。

快調な走りで調子に乗り始めた私に天からの戒めが!! カコカコゴリゴリゴリ ??なんか変・・・

??これはもしかして・・・ 

パンクだー
キタ━(゚∀゚)━!!!!

 振り返るとリアタイヤがペタンコに!!初のパンクです!!なんだか変にテンションが上がり、とにかく田んぼ沿いの路肩に退避。
 
心騒がす事なかれ!!この日のためにパンク修理は練習済みだ!
 
たった2回、本を見ながらだけどなっ

えーっとブレーキを緩めて…

クイックを起こして…

このネジを緩めて…

あっっ!!

一瞬の出来事でした。

なんとクイックのネジ(受け側)がつるりと滑り、田んぼの草むらの中にダイブ。鬱蒼と生い茂る緑の深部に吸い込まれるように沈み、一瞬で見えなくなりました。
 
 /(^o^)\オワタ
 
 糸島への道 終了wwwww

マシントラブルや体調不良はしょうがないけど、クイックのネジ無くしてDNF?
というかDNFにしても、ネジ無かったらホイール固定できないから、自走できない・・・

え(°д° )・・・
ここでまさかの自転車保険ロードサービス利用?! 

いやいや待て待て。この辺に落ちたんだからこの辺にあるはずだ、探せばあるはずだ。

ひざ下まで伸びる草むらに降り立ち、クリートの隙間を土で埋めながら、目を凝らしますが、
見つかる気がしねー!!  
埒があかないと思い、その辺の草をむしると 

うぎゃあああああkpjふぁkgfあhw
虫があぁっぁぁぁあああ!! 

私も驚きましたが、虫たちも驚く。 突然の巨人(私)の襲撃に逃げ惑う虫虫虫。 

涙目になりながらも、こちらとしても諦めるわけにもいきません。 

私はナウシカ、蟲と友だち。私はナウシカ、蟲と友だち・・・・ 
自分自身に言い聞かせながら腐海の捜索を続けます。 それでも黒いネジはなかなか見つかりません。 自転車からライトを外し口に咥え、草むらに顔を近ずけみると 

にゅる 

出たー!!
イモ虫(白)!!!! 
王蟲の怒りは大地の怒りいいぃぃぃ!! 


ここで一旦心折れ、腐海から退避。先にパンク修理に取り掛かることに。

 えーっとタイヤレバーをここに・・・いや、バルブが先か・・・
 
原因はこいつか!!!
ヽ(#`Д´)ノ 

どうにかタイヤとチューブを外すと、どうやらパンクの原因は、大きなホッチキス状のものを踏んだためと判明しました。それを取り除き、新しいチューブをリムに収め、慎重にタイヤを嵌め込みます。むぎぎっぎぎぎぎっぃぃと最後の方を渾身の力で押し込み完成。
ネイルはお休みしてて爪は切り揃えていたので良かったー。長めに設定しているジェルネイルはへし折る覚悟が必要かもしれません。 携行空気入れでどうにか走れるくらいの空気圧を確保し完成!! 

IMG_5570
 
残すは神隠しにあったネジの再捜索。

パンク修理が思いの外うまくできたので強気になり、再び虫のはびこる腐海へ足を踏み入れます。 

所詮血塗られた道だ…。

薙ぎ払え!!!! 

ブチブチブチブチ!!!!(草を引きちぎる)
 
先ほど探していたポイントより少し上に狙いを定め、草をかけ分けること10分。
 
あったー!!!!!!!! 
天は我を見放さなかった
( ;∀;)!!!!!

時計の針は11時半。家を出てから3時間半。走行距離は30キロ。 
未だ海は見えず

次回へ続く
(…かどうかは分からない)