IMG_20180927_223546キャンプしませんか?


image行く(即答)



やますたさん発案で、九州の西の端に浮かぶ鷹島でキャンプというリア充の真似事のようなけしからん企画が催されました。

いつものようにキラキラ感のかけらもない参加者は

IMG_20180927_223546やますたさん
IMG_20180927_223503ドルトくん
IMG_20180927_223527あいさかさん
IMG_20180927_223632Makinpoさん
imageそして私クレメルの五人です。


鷹島の魅力については当ブログでも熱く語っていましたが、その中に登場したオアシス村でキャンプしたい!!という私の夢がここに叶うこととなりました。

ロッジをレンタル。トイレ、水シャワーあり。炊事場あり。薪は現地で調達可。それ以外はレンタルなど何もないとのことなので、持って行くものは以下の通り。

寝袋、エアマット、鍋、簡易まな板、BBQ用金串、マグカップ、皿、フォーク、スプーン、割り箸、夕食の食材、朝食の食材、夜食、調味料、着替え(UNIQLO ウルトラライトダウン、長袖ヒートテック、長袖シャツ、長ズボン、スニーカー)

前日からあれやこれやと思いを巡らし、準備をするのはとても楽しく、夢と一緒に膨らむ荷物。

そして出発当日、現実に直面するのです


imageこれ全部ロードで持って行くのか…


1538052890255

張り切り過ぎた私、あいさかさん、Makiさんのトータル装備がこちら

IMG_20180504_130558

IMG_20180504_130615_1

IMG_20180504_130645




リュックサックを背負った瞬間、


image重wwww

IMG_20180927_223527
なにこれ無理wwww

IMG_20180927_223632サドルが刺さって三角木馬www


鷹島までは35km。普段のライドに比べれば大したことはありません。ルート確認した時はちょっとご近所をポタリングくらいの安易な気持ちでしたが、実際には


imageペダルが重いwww

IMG_20180927_223632進まないwww

IMG_20180927_223527坂がクソすぎるwww




鷹島まではアップダウンの連続。普段以上に進まない私の登坂速度は6km/hを下回り、鷹島までの32kmが天竺までの道のりかと思うほどでした。

IMG_20180927_225543

IMG_20180927_224342


私のバックパックのあまりの重さに見兼ねた釣り師あいさかさんが、自分の釣竿の方が軽いからと交換してくれたのですが、

IMG_20180927_224229

IMG_20180927_224332

シュールwwwww


あいさかさん、Makiさん、私が最短ルートを選び、鷹島入り口に差し掛かった頃、一足先に出発したやますたさんとドルトくんの姿が。

IMG_20180504_163047

IMG_20180504_163129

この二人、私たちと同じくらいの重量の荷物を背負ったまま、遠回りして大野岳をヒルクライムしてくるという愚行を繰り広げてきたとのこと。

imageえwwなんなの?ww
バカなの??www


IMG_20180504_160710

IMG_20180504_161017

IMG_20180504_161155

IMG_20180504_163844


予定時刻を少し過ぎましたが、無事オアシス村に到着!

IMG_20180504_164017

IMG_20180504_164227

人、多いwww


関東など人口の多いキャンプ地は芋を洗うような賑わいで、所狭しとテントが並べられている様子をネットで目にすることはありましたが、こんな辺境の離れ小島の小さなキャンプ場に、こんなにも人が集まっていることに度肝を抜かれました。さすがはG.W。ロッジを借りれたのもラッキーでした。

IMG_20180504_164210

IMG_20180504_164347

IMG_20180504_164457

BlurImage_4-5-2018-5-3-36


薪は自由に使って良いとのこと。

炭火は起こしたことがありますが、薪は初めてです。

IMG_20180504_175718

IMG_20180504_181208

男子が石で組んだ竃に薪がくべられました。割と簡単に火がつき、炎が上がると一気に雰囲気も盛り上がります。


盛り上がるけれども…


image目が痛ぇ


薪は炭と違ってかなり煙が出るので、立ち上がる煙に巻かれて目がショボショボ。


キャンプ場のすぐ隣は海です。

IMG_20180504_173521


やますたさん、Makiさんが夕飯の火の番をしてくれている間、あいさか氏は釣りへ。
釣りスポットを目指して港へ下ります。同行するドルトくんと私。

IMG_20180504_182757

IMG_20180504_183907

夕飯は現地調達するスタイル

IMG_20180504_174217


狙うはイカですが一向にかかる気配がありません。日暮れも間近で、ロッジの二人からはハラヘッタコールがあり、私はあいさか氏とドルトくんを残しキャンプ地に戻りました。

帰り着いた頃には辺りは薄暗く、オレンジ色に揺らめく薪の炎が幻想的。
早速持参した肉や魚を串に刺して、夢にまで見たBBQです。竃の他に隣のロッジの家族が、使い終わったBBQセットを貸してくれ、一気にヒートアップ…  ですが…

IMG_20180504_194942

IMG_20180504_195257

IMG_20180504_195524

IMG_20180927_225525



image目が痛ぇ(涙



煙が目に滲みまくりで、まともに前が見えません。目にいっぱいの涙を浮かべながら肉を焼くのですが、これがなかなかの苦行。その上辺りは真っ暗なのでランタンとロードから取り外したフロントライトの明かりだけでは、肉が焼けたかどうかよくわかりません。

炭火に比べると焼けるのも時間がかかるようです。リア充への通り門である「キャンプでBBQ」ですが、見るのとやるのは大違い。

キャンプは強力なランタンを持参し、夕飯は日暮れまでに済ませた方が良いことを学びました。

あとできれば薪ではなく、炭が良い。


自家製唐辛子味噌はなかなか美味しかった。

IMG_20180504_201608

そして焼きカマンベールチーズの旨さに昇天!

IMG_20180504_202512



imageところであいさかちゃん&ドルティーは??



あいさかさんとドルト君は一度イカを釣りかけるも、逃してしまったため意地になったようで、ロッジに戻ってきたのは21時。やますたさんとMakiさんと私が食べ終わった頃、ようやく帰着。

IMG_20180504_215623

IMG_20180504_222753

その後は餅を焼き、自宅で炊いてきたぜんざいを食べ、火を囲んでとりとめのない話をしたり、近くに星を見に行ったり。周りのキャンパーも遅くまで起きていたということもあり、23時半ごろ就寝。

IMG_20180504_233155

IMG_20180504_233352


〜翌朝〜

リベンジに燃える釣り師あいさか氏とともに、私はキス釣りに出かけました。
顔のついた魚、ましてや生きた魚は触れない私ですが、虫は平気。餌を付けるのを手伝って、時々竿を持たせてもらいました。

IMG_20180505_065325

IMG_20180505_064748


image釣れた!!

IMG_20180505_071708

立派なキスが釣れて、あいさか氏と大はしゃぎ。魚が掛かった時のビクンビクンという引きは快感で、これは病みつきになること間違いなしです。釣りの世界に興味深々!!

IMG_20180505_070435

キャンプ場に戻ってから、釣った魚をあいさか師の指導の元、捌いてみましたが、

IMG_20180927_215329

IMG_20180927_215337

頭を落とした時点で顔面蒼白。三枚におろしたあとは、腰が抜けてへたり込んでしまうとヘタレっぷり。

IMG_20180927_215318
(やますたさん撮影)

朝食にうどんやホットサンド、釣ったばかりのキスの刺身に、塩焼き、焼いたマシュマロをクッキーに挟んだり。

IMG_20180505_084855

IMG_20180505_085206

IMG_20180505_090651

IMG_20180505_090800

恐る恐る口にするが、頭を切り落とした感触が残っていて食べれなかった人の様子↓
1538052914836

IMG_20180505_084118

IMG_20180927_225440


朝から豪華にお腹いっぱいになったところで、ぼちぼち片付けを済ませて帰路につきました。

IMG_20180505_112916

1538052924290

IMG_20180927_224354



初めての試みだったロードバイクとキャンプの組み合わせ。車で行くなら、あれもこれもと積み込むことができますが、ロードで行くのならばサドルバックとバックパックに詰め込まなければなりません。

何を持って行くのが厳選を重ね、そこから更に軽量化を図るためには、準備の段階から創意工夫が必要となります。人によって“どうしても譲れない持って行きたいモノ”の違いを見るのも面白いです。制限がある分、それをクリアするためのアイディアを出していく過程も楽しかったです。

今回の鷹島は自宅からそこそこ距離があり、アップダウンも激しかったので、荷物の重さには苦戦しましたが、島ならではの空気を楽しむことができました。やってみたからこそ、これは必要これは不要、あれがあったら便利だったのに、これがあれば次はもっと楽しめそう…等、気づきも多くありました。

ロードバイクとの付き合いも三年目。楽しみ方の可能性は広がるばかりです。


《まとめ》

IMG_20180927_223503マシュマロ2袋もいらんかった。
ひとり2個でよかった。


(おまけ)
帰りに牡丹祭りが開かれてて、みんなで立ち寄り。
とっても楽しかった〜。ありがとう。

IMG_20180927_225503