2017年10月

ハングリー精神を取り戻したい!原点回帰でソロ迷子ライド

私、最近、迷っていました。自分自身に問いかける声が聞こえるんです…。


近頃、オマエのライド…ヌルくね??』

もうすぐロードで迎える3度目の冬が来る。しかし…去年の今頃の方がもっと果敢に攻めてなかったか?
ひとり人里離れた林道や農道に分け入り、もっと貪欲に、ハングリーにロードに乗っていなかったか?

グループライドを覚え、ライド仲間も出来、色々な場所へ出掛けてはいますが…

imageグループライドはもちろん楽しい。だが、キャッキャウフフしているだけが、私にとってのロードバイクか?


はっ!!!もしかして…私…

「女子ローディーの割合が少ないから」という理由だけで、男子ローディーが相手をしてくれ、面倒見てくれているだけなのに、それを勘違いして調子に乗り、牽いてもらうのが当然の如く、男子の後ろをチョロチョロと走るばかり……グルメ・ゆるポタを振りかざし、仕舞いには「ふぇ〜ん(ó﹏ò。)登れないよぉ〜」とか言ってるオンナに成り果てているのでは…?


これはいけない!!!


というわけで、どうにか台風が治まった日曜日の午後、慌ててルートを引き、家を飛び出しました。


予定のルートはこちら

15
34


午後からのライドなので距離は短いですが、ダムを二つ制覇し、獲得標高もそこそこ。久しぶりに“攻め”の感覚が画面から滲み出ています。

imageうむ、この山切りカット、悪くねぇ



ロードバイク天国SAGAに越して二ヶ月。“荷解きが忙しい”、“天候が悪い”など言い訳を重ねるばかりで、まともにひとりでルートを引き、山へと繰り出すのは初めてのような気がします。

(今回、出発時は今にも降り出しそうな天気だったのでソニ助 (コンデジ)はお留守番。スマホカメラなのが残念。この後100回くらい「持ってくりゃよかった」と嘆く羽目になりました。)


信号を4つか5つか過ぎるだけでこの風景。

IMG_20171029_130607

IMG_20171029_130643

IMG_20171029_131105


imageなんもないwww


自宅を出る前にポーチに突っ込んだ補給食の総カロリーは確か400kcalくらい。45kmなら十分だろうと思っていましたが、少し心許無くなってきました。

そして自宅から6km

IMG_20171029_131451


imageすでにヤベェにおいがするwwww



なんでしょうこの「あ、この先、来るな」とビンビン感じるものは。ローディーの勘と言うものか、いやこれはもっと深いところからくる…野生の勘というものでしょうか。

IMG_20171029_132602_1

imageあわわわわ!!キタコレ!!



IMG_20171029_132711

IMG_20171029_133142_1

見知らぬ山道、苔むす岩肌、風で木の葉が触れ合う音だけが異様に大きく聴こえる…。空と地の間には私ひとりだけ。

image血が!!!
血が沸き立つ!!!!!



IMG_20171029_141447


ああ、そうだこの感覚。ずっと忘れていた、静けさの中にある異様な高揚感。


imageおまたせしました!
クレメル、ただいま帰還!!

IMG_20171029_132340

久しぶりに自分自身を取り戻した気がして、歓喜に胸震わせながら、しゃかりきにクランクを回すと (7km/h)、本日の目的地のひとつ、後川内ダムが見えてきました。

IMG_20171029_134331

IMG_20171029_134446

IMG_20171029_134757

一周2200m。周回できます。ジョギングコースとしても魅力的です。

IMG_20171029_134602_1

ダムからの景色。写真はボヤけてて残念ですが、私の心は霧が晴れたようにスッキリとしていました。目に映る全てが、色濃く鮮やかに見えたのは、下ろしたてのオークリー ジョウブレーカーのせいだけではない気がします。(インプレは後日)


ダムを周回し、次なるダムを目指しますが…

気づいたら下界に降りていて、コンビニでおでんを食べていました。

IMG_20171029_143014


「ついこの前まではアイス食べてたのに、もうおでんが美味しい季節になったのかぁ〜。」とかなんとか思いながら、はたと気がつきました。


imageなんかおかしくない?あの山切りカットの中に、セブンがあるか?



ここで速度制限がかかってめちゃくちゃ遅いスマホを取り出し、Google Mapを開くと


imageあああああ!!道、間違えとる!!!
ガーミンの指し示す方向に進んだのになんで?なんでなん?てか、家、すぐそこやん!


よくよく調べてみると原因はここでした。

17-10-29-22-46-00-467_deco

17-10-29-22-45-14-824_deco

予定ルートは黒線。地図の下から上がってきて、交差点で左折し、もう一つのダムを経由し時計回りに回って、地図の上から降りてくるはずでした。それを私は、赤いルートでまさかのショートカットをしてしまっていたのです。

imageあ、あの時やん。あの交差点で、ロストしてぐるっと交差点の真ん中で一周回ったから、ガミンチョの奴( GARMIN 520)勘違いしたんだ…。


これは痛恨のミス。前日にルートを引いて、ある程度脳内インプットしていなかったのが敗因なので、ガミンチョを責めるわけにもいきません。
せっかく本来の獣の姿を取り戻しつつあったのに、文明社会に降りてきてしまっては、また「おしゃれカフェで補給しよ♡」とか腑抜けたことを言いかねません。

しかし時計の針は15時を回っていて、今からルートに復帰するのは無理があります。

セブンの前で地団駄を踏みまくりましたが、ソロライドでは良くあること。気を取り直して、地図を確認し、海沿いを走れるところまで走り、同じ道を折り返すことにしました。


image今いる場所が最善で、目の前の道が最良だ。



海と山、どちらも与えられたことを感謝しつつ進みますが…

IMG_20171029_153020

いつまで経っても海沿いの道には出れず、なぜか徐々に登っています。

17-10-29-22-58-45-205_deco


imageもーーー!!!
なんだよ!!ここ、どこだよ!!!


IMG_20171029_154227


imageなるようになれ!!そのうち海に出るだろう。人家もあるし、死にはしない。


IMG_20171029_155215

imageいや、人家、なくなったwwww
ここ、どこぉぉぉwwww


IMG_20171029_155705

imageいや待て、落ち着け私。感覚を研ぎ澄ませ。よく見ろ。
『真ん中に白線があるうちはまだ大丈夫』の法則を忘れたか!!


PSX_20171030_012314


ひとり言を呟きながら、ニタニタ笑い、坂を登る姿は、はたから見るとさぞ気持ち悪いことでしょう。しかし私は「あぁそうだった。迷子になるのも楽しかったんだ。道を知っている人の後ろに、ただくっついて走るだけじゃ味わえない面白さがあるんだった」と、ウキウキして仕方がありませんでした。


登りきった先には風車と、白い月が姿を見せてくれました。

IMG_20171029_160014

さすがにこの辺でちゃんとルートを確認しておかないと日が暮れてしまうので、今度は間違いのないように海沿いを目指すことにしました。

IMG_20171029_162310

いい感じの漁港を発見!

IMG_20171029_162937

IMG_20171029_162919

IMG_20171029_163241

夕暮れに漁港でひとり佇むには、コーヒーが必要ですが、こんなところにそう都合良く自販機なんて…

IMG_20171029_165945

imageあったwww



ソロライドの醍醐味は、いかに自分自身に酔いしれるかだと個人的に思っています。

imageここはやはりジョージアだな



佇む場所も重要です。絵になる場所でなければなりません。

ここに座りました。

17-10-29-22-47-24-394_deco

IMG_20171029_164411


imageいや〜それにしてもよかった、よかった!
私の中のジャンヌ・ダルクは死んでいなかった!!



ソロライドにはソロライドの楽しみがあり、グループライドにはグループライドの楽しみがあります。それらは全く異質なもので、比べようがありません。
ただ初めからグループライドでワイワイと賑やかにスタートする人は稀で、ローディーの多くは、ひとりで乗り始め、楽しい!と感じて、今があるのではないでしょうか。ライドを重ねていくと、漠然と「なんでロードに乗ってるんだろう…」と迷い、モチベーションが上がらない、といった話を聞きます。私もそうでした。そんな時は、初めて「ロードって楽しい!」と感じたライドスタイルに原点回帰するもの良いのではないかなーと思います。


IMG_20171029_170853


49km/630mUP











一発撮り!ノーカット完全版!!『私氏、三本ローラーに初挑戦』

ミノウラの三本ローラーが我が家にやってきて、どうにかこうにか一人で組み立てる事が出来ました。 (前話参照)

なかなか乗りこなせないと言われている三本ローラー。

週末ホビーローディーが、パンナコッタの体幹で三本ローラーに挑むとどうなるかを、完全公開。


【私のスペック】
・ロード歴 :1年10ヶ月
・平均的な一回のライドの走行距離 : 90km120km / 獲得標高 : 800〜1,000m
・ソロライド時の走行速度
(平坦ステージ) 2628km/hAVGではありません。これくらいで走るのが好き。たまに30km/h巡航を頑張ってみるも長くは続かない)
(山岳ステージ) 斜度5%以上、時速ひと桁
・月間総走行距離 : 400〜500km

果たして、私は三本ローラーを乗りこなすことができるのか??!!

※途中、悲鳴が上がるので音量にはご注意ください!!

(きっと乗れないだろうから、“なぜ乗れないのか”を検証するために撮りました。もともと誰かに見せる事を前提としていないので背景が黒っぽく、見にくくてすみません。)




結論

恐るな!乗れる!!


ローラーで一番難しいのは壁から手を離しブラケットに持ち替えるまで。
出来れば壁ギリギリにローラー設置して、両手でブラケットを握り、肩を壁に預けて徐々に身体を離していくのが良いそうです。
残念ながら我が家は三方がガラス、一方が襖。ロードを倒して襖を破ってしまいたくないので、マットレスを立てかけ、チェーンオイルが付いても目立たないように茶色のブランケットを掛けました。これが逆に吉と出て、マットレスと左ブラケットの高さはほぼ同じになり、その距離は15cm。最小の動きで持ち替えが出来るようになりました。動画の中では持ち替えた瞬間が分かりずらいかと思いますが、これくらい動きを小さくしていないと、手を離す事が難しいです。私は未だに壁に手をついてからのスタートは出来ません。

個人的な感想ですが、三本ローラーに戸惑いながらも乗れるかどうかは100km1,000mUPが一つの基準な気がします。100km/1,000mUPを坂にブーブー文句を言いながらでも、楽しめるくらいの走力が付いていれば、3本ローラに乗るのは割と容易いのではないでしょうか。自分自身を振り返ってみて、そのレベルの走力がない時にローラーにトライしていたら、ロードを掴んでジャイアントスイングで投げ出したくなるくらい苦戦したのではないかと思います。


〜2日後〜
トータル走行時間1時間10分



フラつきながらもボトルが取れる様になりました。あと2~3時間乗って慣れればビンディングに履き替えることが出来そうです。

走行中は大体25~27km/h。目標はケイデンスの維持と、ペダリングの上達なので、軽めのギアでクルクル回す事を心がけています。ギアを重くすると簡単に30km/hを越えますが、振動音はかなり出ます。確かにこれではなんらかの対策を施さなければマンションでは使えないだろうなーと思いました。


ついついローラーを見下ろしてしまいがちですが、目線は実際の走行時と同じように前方斜め下の路面を見る様にするとブレにくくなりました。景色に変化の無いローラーは退屈かなと心配していましたが、目線の先にPCを持ってくれば動画も普通に観れます。TVは位置が高くなり、目線を上に向け続けないといけないので、ちょっと見にくいです。フォームも崩れますし。あくまで自然に安定してペダルを回せるフォームをとった先に画面を持ってくる事が、大切な様です。
景色の美しい海外ロードレースや、音楽PVなどぼんやり眺めらるものが向いていそう。今は、ローラー音に邪魔されないように、Bluetoothのイヤフォンを使っています。


ペダリングスキルや巡航速度がどのように変わるかはまだ分かりませんが、30分回すだけでも「え?私、ちょっとした滝かな?ってくらい汗を流すことが出来、ストレス発散 & デトックス効果は充分にあります。楽しいです。


今回、万が一私の中に眠る才能が開花してサガン並みのバイクコントロールが出来てしまった時には、動画をアップするかも知れないと思い、念のためにマスク着用で挑みました。実際は、サガンとはちょっと違う方向でしたが、ある意味「人に勇気を与えられる動画」が撮れたので満足です。三本ローラーは難しそう…と二の足を踏んでいる誰かが「これなら私にも出来そうw」と一歩踏み出してくれたら嬉しく思います。

PS.
冒頭でいつも可愛がっているクマ吉に対する扱いにサイコパス感が滲んでいますが、毛布の上に投げるくらいの優しさは有ります。
LRG_DSC08154



ミノウラの三本ローラーを買ってみたぞ!!〜組み立て編〜


ロードを始めて間も無く、こんな話を聞きました。


『速くなりたきゃローラーに乗れ』


ローラー……それはガチ勢の響き




以前のアパートでは騒音問題でローラーはNGだった為、未知の体験への憧れは募るばかり。今の戸建ての貸家を見つけた時は「心置きなくローラーに乗れる!!」と真っ先に思いました。

引っ越しの荷解きも終わり、生活必需品を買い揃え、ようやく生活環境が整ってきたので、本格的にローラー台選びを開始。


ローラーは大きく分けて2タイプ。


三本ローラー or 固定ローラー



image断然、三本ローラーやろ。
だってカッコいいやん。




オンライン上の仮想空間でライドできるZwiftをするために、一瞬固定ローラーに心揺り動かされましたが、やはりここは初心を貫くべし。

三本ローラーと言ってもピンキリで、10万円くらいするプロ選手が使うようなものから、中華のよく分からないものまで色々です。負荷調節機能が付いているか、いないかも選ぶポイントになりそうです。

「乗り込んでいくと、段々負荷調節機能がついてるものが欲しくなる」という話もチラチラ見かけ、負荷付きか無しかで迷いましたが、トライアスロンをやっているフォロワーさんのお一人が、普段使っているローラーは負荷調節なしだと言うので、私には間違いなく不要であると判断。

負荷調節無しの三本ローラーは3万円を切っているものが多く、手が届きやすいのも良いです。

有名どころはミノウラのMOZ-ROLLERとエリートARION。どちらも商品レビューは良いようです。
ARIONはMOZよりちょっと安いのですが( ARIONは海外通販ならさらに安いです)……


imageミノウラでいこう。
だってシルバーがメカチックで
カッコいいやん。



しかもミノウラは負荷調節機能が必要だと感じたら、後から追加することが出来るそうです!



カッコいいというだけで選んだ三本ローラーですが、簡単に乗れるものではないようです。

Google尊師、曰く


「まるで氷の上を走っているよう」
「一日中練習したが、手摺を掴んでいても乗れない」
「乗れるようになるまで、一週間くらいかかった」


image恐ろしいwww




乗れなかったらメルカリに出そう、とちょっと弱気にAmazonでポチリ。

翌々日には届きました。早い!!

DSC08093


では、オープン!!

DSC08095

DSC08098



imageふおぉ〜!!!!美しい!!!!!!!



精密に作られた円筒は、洗練されたものだけが持つ独特の美しさを放っています。


説明書を見てみましょう。事前の調べでは、ちゃんと説明書を見て組み立てないと、「間違えて二度手間になるよ」とのことでした。


DSC08104


imageは?


DSC08103


imageは????? 何言ってんのミノウラ




そして…(バタン)
クローズ!!!!!


〜 そのまま数日放置 〜




数日後、ため息交じりにようやく重い腰を上げて組み立てを決意。これもクレメルサイクルへの道。頑張れ私!

必要な工具はこちら。

DSC08137_1


・ペンチみたいなの (プライヤーっていうんだっけ?父に貰ったもの)
・プラスドライバー (実際は途中からマキタの電動ドライバーを使いました)
・13mm,17mmスパナ (Amazonで同時購入。名前は聞いたことあったけどスパナってこういうものかと初めて知りました)
・六角レンチ (踏台の取り付けに使用)



ミノウラのHPでは必要工具は、『17mmスパナ(出来れば二本)プラスドライバー』と書いてありますが、ステップを取り付けるのに13mmスパナと六角レンチも必要です。17mmスパナの代わりにプライヤー(?)があれば17mmスパナは1本でOKです。


検索すると親切な人が画像付きで組み立て方を説明してくれているブログがいくつか見つかったので、そちらも合わせて参考にしました。付属の説明書だけでは組み立てられなかったと思います。


DSC08100

DSC08101

DSC08099


おっかなびっくり組み立てて行きます。

imageワッシャーってなに?……あ、これ?
ちゃんと綺麗に繋がってないのがある(下)。不良品?

(スプリングワッシャーというもので、不良品でないことがこのあと判明)

DSC08112


ステップを組み立てます。

DSC08107

DSC08110

DSC08111

ステップは最後に骨組に嵌め込みます。左右どちらにでも後から簡単に取り付けられました。



imageホイールベース?前後のホイールの中心点の距離?…知らんがな。
メジャーはどこだ。

DSC08113

ワッシャーってこういう風に使うのか……。この薄いドーナツ状の金具になんの意味があるのか知りませんが、ないと困るのでしょうね。


DSC08116

ゴムをちゃんと通して…

DSC08118


途中、分からないことにぶつかるたびに検索しながら進んだので、1時間20分かかりましたが、工具の扱いや、ちょっとした組み立て経験がある人なら30分くらいで組み立てられると思います。


細かい組み立て方の説明は当ブログではしませんが、MOZ-ROLLERを組み立てるなら、注意点は前輪ガード

DSC08114

これは取り付けなくてもローラー自体は機能します。しかしこれがないと死にます。

本体の説明書には取り付け方は記載されておらず、前輪ガードの説明書だけ別付属になっているため、組み上がった後、最後に前輪ガードを取り付けられるような印象がありますが、実際は円筒を骨組みに取り付けるとき一緒に組み込まなければなりません。私はたまたま事前に組み立て方を検索していて、失敗談を見聞きしていたので、間違えずに済みましたが、知らずにいたらかなりイラっとさせられたと思います。ご注意下さい。


四苦八苦しながらどうにか完成!!


DSC08124

DSC08131

DSC08129

DSC08132


クマ吉の姿が、ローラー初乗りの時の自分の姿を暗示している様に思えてなりません。



果たしてクレメルは三本ローラーに乗ることが出来るのか?!

次回乞うご期待













corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて