2017年07月

福島アゲイン!積極的イモひきと正しいヒヨリ方に関する考察

めずらしく土日が休みになったので、久しぶりに誰かと走ってみたいなーと思い、ツイートしてみると、TATSUYAさんがお付き合いくださるとのこと。以前ブログで紹介した福島が気になるそうでので、今度はみんなで行こうということになりました。

メンバーはTATSUYAさん、ろかせずさん、ドルトさん、ゆるぽ拓さん、Piccorinoさん

全員以前にご一緒したことのあるメンバーなので、気楽に楽しめそうです。


私は唐津まで輪行し、合流。

DSC06662

DSC06663

DSC06664

前日シャマルウルトラのスプロケを外し、磨いたところ、固定出来なくなった上に、ハブをぶっ壊すというナイス トライ&エラー

久々の鉄下駄蜂蜜号です。

シャマルウルトラのインプレッションは以前に書きましたが、正直違いの分からない女なので、ふ〜ん、くらい感想でした。しかし逆に鉄下駄ホイールに戻したところ

漕ぎ出しがクソ重いwww
DSC06665

DSC06667

コースはこちら


私は前回は呼子を回って福島に入ったのですが、今回は唐津から峠をひとつ越えて一気に福島へ。午前中に島を満喫し、その後、イカを食べようというコースです。

佐賀県にはこのような呪いの子ども看板が各地に分布しています。

DSC06672

DSC06674

DSC06677

DSC06679

DSC06680

DSC06684

クソ坂をひとつ越えたら、え?もう福島ついたの?!?!
前回は呼子方面から遠回りしましたが、最短で来ると唐津から案外近いです。

DSC06686



福島のスペックは前々回のブログでご確認ください。

DSC06687

DSC06688

DSC06690


天気が心配されていましたが、心地よい夏空が広がっています。


imageみんなは展望台上るんでしょ?私は前回行ったからいかないYO(笑)



image(ピコさん) あの展望台から200〜300m先に行かなきゃいけんかったんよ。そこからの展望がいいんだから。


imageファッ!?!?
まさかのクライムアゲイン?wwwww


島内にはコンビニが一軒のみ。しかし魅惑のラインナップ!!笛ラムネがありました。

DSC06692

DSC06693

買う以外の選択肢はない

DSC06694

久しぶりの笛ラムネ

海に向かって
DSC06696


imageぴぃ〜


imageimageimageimage
WWWWWWW


鳶が鳴いていたので、もしや反応するかも?!と笛ラムネで話しかけてみましたが、無視されました。

↓ ぴぃ〜ぴぃ〜と繰り返し中
image
(photo:ゆるぽ拓さん)


DSC06709

DSC06710

DSC06713


福島の名所の棚田も、天候が良いため、前回よりも写真映えします。

DSC06721

DSC06720

DSC06724

DSC06723

DSC06725

DSC06734

私は、嗜む程度にアニメを観るのですが、私の周りの友人は一切興味無し。ストーリー、作画や音楽についても、誰とも分かり合えることはありませんでした。しかしドルトさんはアニメ通。「夏目友人帳」の話に花が咲き、何期のあの妖怪が泣かせるなどとアツく語ります。後ろ姿から滲み出る博学さ。色々話したいこと、この上ない。

DSC06669

image(ドルトさん) あーゆー古びたバス停好きなんですよねー


DSC06764


image雨の日!!幼女の妖!!
私は子狐と椎茸の妖怪に号泣しました。

そんな会話が出来るって、いやーこれ幸せ!!!

DSC06744


大山展望台の登り口は二カ所あり、今回は棚田を過ぎてからの登り口から上ることとなりましたが…

昨夜はシャマルをぶっ壊して二時間半しか寝てないし(いずれブログに書きたいと思います)、その前を思い出してもここ三日間でトータル睡眠時間は10時間に満たないという絶賛不摂生中。

(´-`).。oO(この調子で私も一緒に上ったら、途中ですごくバテるのは目に見えてる。すでに福島を満喫しすぎて、スケジュールは押し気味。私のペースに合わせてると、お昼ご飯が何時になるか分からない。


image私は、今日あんまり寝てないし、展望台はやめときます。ゆっくり先行してるので、追いついてきて下さい。


積極的イモひき!!


みんなを展望台に送り出し、のんびりと撮影ポイントを探してクランクを回します。この後もアップダウンが繰り返されることは、前回走って熟知しているため、平坦区域に入るまでは先行した方が良さそうです。

時速15キロくらいで、時折脚を止めては、前回は撮り損ねた福島の風景をファインダー越しに眺めます。穏やかで、緩やかなひととき。

image今頃みんな汗だくでヒルクラ中か〜ww ガンバwww

DSC06746

DSC06747

DSC06749

DSC06750

DSC06751

DSC06756

DSC06757


ライドレポから話は逸れますが…

みんなと一時分かれ、ぼんやりと考えてみました。


グループライドといっても、最初から最後までベッタリ一緒にいなければならないわけではないな、と。

都会に比べると、またまだ九州の田舎は女子ローディーが少なく、私が普段仲間に入れてもらっているのは、全員男性です。女性でも男性顔負けにガンガン走れる人も多くいるのでしょうが、毎日ローラーで走り込むわけでもない週末ホビー女子ローディーにとっては、男子との体力差というのは非常に大きく、またそれがプレッシャーになる場合があります。自転車に限らず多くのスポーツが男女別になっているのは、男女の生まれ持った力の差があるからに他なりません。

今回のメンバーは、私がどんなに遅かろうが、待つことも合わせることも、それが当然だと思ってくれ、一緒に楽しんでくれる人たちなのは、過去のライドからよく知っています。だから遠慮して行かなかった、というのとは違うのです。

心情の変化を、文章にするのは難しいのですが、「私が行くと遅くなるから、みんなだけで行ってきて」と展望台に行くのを断念したことは同じなのですが、そこに至るまでの発想が違います。

以前「みんなに迷惑だと思われるのがつらい、肩身が狭い」

今回「みんなに合わせてもらうばかりじゃなくて、わたしもみんなに合わせたい」

グループライドで自分が弱き者であるという自覚があるなら、(一部)行かない、という選択肢を持つことは大切だと思います。周囲に遠慮してではなく、自分自身が無理なく楽しむためにです。目的地に向かうため必ず越えなければならない峠は、遠慮することなく堂々と待ってもらえば良いと思います。ただ敢えて遠回りして峠を越える場合や、今回の様にプラス展望台などは、自分の体力や体調に合わせて、先行、迂回、ショートカットなど積極的にイモを引く、前向きに日和(ひよ)るスタイルはありだな、と思います。

そのためには事前にルートを読み込み、走行距離・高低差から自分がどんな状態になるのかをシュミレートし、「ここでキツくなったらこの峠は迂回で。ここで本体に再合流」「ここは出来るだけついて行こう。脚を使いきるだろうからここから輪行帰宅に切り替えよう」など、様々なパターンを想定し、ライド前日までには準備することが必要だと思います。

みんなが行くのに、その中で「行かない!」と宣言をすることは意外と勇気のいることです。しかし走れる人にいつも合わせてもらって、おんぶに抱っこで面倒をみてもらい、後ろをチョロチョロとついて行くばかりでは、自分の中で“お荷物感”は拭えず、自分自身の楽しみが半減してしまいます。

男子同士の場合は、やはり男のプライドのようなものがあったりしてそうはいかないかもしれませんが、女子の場合は、不要なプレッシャーを感じることなく、速い人達の中で上手く立ち回って一緒にライドを楽しむひとつの手段として良いのではないかなと思います。

今回は一本道で、先週も私ひとりで走っていることをみんなが知っていたので「先行します」の一言で済ませてしまいましたが、今後は、きちんとルートラボで迂回路を引いておき、「こっちから行ってここで合流します」と提示すれば一緒のメンバーにも安心してもらえるのではないかと思います。

行かない選択肢を選ぶと、ハイライトシーンを見逃すことももちろんあります。
展望台のちょい先からの風景や、ゆるぽ拓さんが脚攣りで悶絶などなど…。離団していた間のおもしろ話を聞くと、その場にいなかったことが少し残念ではありますが、トータルで見た時に、自分にも相手にも無理がなく、楽しく過ごすためには、良い選択だったと思います。

image
(photo:ゆるぽ拓さん)

私はグループライド自体あまり経験がないので、そのうち「最初から最後まで苦楽をともにする方が楽しい」と考えも変わるかもしれませんが。今のところ、大勢の男子のグループに女ひとり混ぜてもらう時は、気後れすることなく楽しむために、今後もどんどんイモをひき続けようと思います。




だいぶ話が逸れてしまいましたが、ルートに戻ります。


これが前回盗み食いしたビワです。
DSC06766
DSC06767

ビワ畑を抜けて、福島周回も終わりに差し掛かった辺りの木々の深いところで、カメラを構えます。

DSC06768


クマ吉撮影のために藪の中に入ることも多々あるので、液体虫除けスプレーは必携。

DSC06775

DSC06787

image

image

DSC06789

福島を抜けたら、平坦基調で唐津まで戻ります。

image出た!また呪いの子どもw
いつかこの写真集作りたい

DSC06803


DSC06804


15時過ぎに昼食、念願のイカをいただきましょう!
以前ろかせずさんに連れて行ってもらった呼子の名店には敵いませんが、こちらもボリューム満点!イカもおいしかったです。イカ刺し御膳3000円。

DSC06808

(我を刻んだのはオマエか…)
DSC06812

DSC06814

DSC06815

DSC06818

残った部分は天ぷらにしてもらいました。
DSC06819

料理に舌鼓をうちながら、話題はメンテやマシントラブルの話に。

imageピコさんは片道30キロ近くジテ通してるでしょ。通勤中のマシントラブルって大変ですよね〜。



imageいや〜まぁ別に。休めばいいよ、会社は。“今日はダメだった”って。


(全員)“ダメだった”ってwwwwテキトーwwww



自転車の良いところは、「休日遊びにいこう!」となった時、目的地まで、ただの移動自体が、すべて遊びであるということ。しかも交通費はゼロ。多少豪華なランチを食べたところで、三千円とアクエリアス代くらい。一般的な大人の休日に、三千円握りしめて何が出来るというのか?半日も持たないでしょう。ライドなら、朝から晩まで遊んで、冒険して、大笑いして、美味しいご飯が食べられる!コスパがいいと常々思います。

imageなんかろかせずさん、お疲れな様子ですが…


imageはしゃぎすぎました



いい大人がはしゃぎ過ぎでぐったりwww


虹ノ松原を通り、解散。

DSC06823

DSC06825

帰りは自走で。130km/ 1093mUP。

 次は…鷹島×呼子のイカですね(´∀`)


今回の名言賞は

ジャージが汗で白くなったTATSUYAさんの『「TATSUYAの塩」は100%不純物 』 







 

東京からBFF飛来!キラキラしちゃうぜ糸島ぬいぐるみライド

マブダチのことを、BFF (Best Friend Forever)というらしいですね、最近の若人は。

私の友人、アキさんはTwitterで知り合って、私が東京出張の折り、Raphaで一緒にお茶してからのお付き合いです。「いつか一緒にライド出来たらいいですね」とお別れした後は、郵送でプレゼント交換をしたりして楽しんでいました。

今回、旦那さんのアキオさんが志賀島トライアスロンに出場されるのでご夫婦で福岡へ!レース翌日、糸島ゆるポタライドをご一緒出来ることとなりました。あの日の約束がこんなに早く実現するとは! 

ご夫婦+私だと、私自身がいじける可能性が高いので、貧脚詐欺二番隊 隊長 登りのプリンセス なーさんを召喚。

なーさんは過去のライドで「ほんと登りは苦手で、ダンシングも出来ないんですぅ…」などと言いながら、私はもちろんのこと、他の男子も置き去りにするといった貧脚詐欺の王道を歩んでらっしゃる女子です。 可憐な見た目に反して、時折毒舌。私と同じくリア充を見ると眩しすぎて網膜が焼けるタイプなので、一緒にいてとても心休まります。


今回はアキさんの希望で完全ゆるポタ。 そりゃそうですとも!久しぶりの友との再会に、汗だくのヒルクラなんてナンセンス。

集合場所から国道202号を通り、糸島半島を時計回りという極めてシンプルなコースです。今回は私がルートを引いたので、先頭を行くこととなりました。が!これは初挑戦!!
二人で走る時は、ちょこっと前に出ることもありますが、男子グループでは当然のごとく私は真ん中くらいに入れてもらっています。

二人ライドで前を走るのと、グループで前を走るのとでは大違い。トレインが途切れない様に、信号の変わり目や、交通量が多いところの捌き方など、気を配らなければならないことがたくさんあります。あー今のところは停まってた方が良かったな、とか、こっちに避けとくべきだったな、とか。学ぶことがたくさんありました。

スタートしてからは小さなアップダウンが繰り返しある幹線道路。普段、男子とこの道を走る時は、みんな上りに入ってもあまりスピード落とさず踏みます。トレインを途切れさせない様に、頑張らないといけない道で、私にとっては、ちぎれて当然の山よりある意味しんどいイメージがつきまとっています。

先頭で若干テンパリ気味な私。上り区間はそれなりにキツいのですが、ミラーを見ると後ろになーさんがベタ付き。

image(博多の根性見せろよコラ)って思われてたらどうしよう( ;∀;)
スピード落としたら、「チッ」って言われるもしれない…。


ゆるポタだったはずなのに何故かクレメル渾身の踏み。


休憩地点のコンビニににて

image(アキさん)上りでもあんまりペース落ちないんで、糸島たどりつく前に今日は終わると思いました。


imageえっ!?なーさんのベタ付きプレッシャーで、チンタラ走ってんじゃねーよって思われてるかと思ってw


image(なーさん) そんなことないですよー!ついて行くの必死でしたよーw!



image(たぶんなーさんのそれは嘘だな) そっか〜なんだもっとゆっくりで良かったのか〜。アキさん渋峠上ってるし、なんだかんだでガチかと思ってましたw


image尾根幹かと思いましたw



満場一致でもっとゆっくり行こう!!いうことになり、糸島に入ってからはアキオさんが25キロ以下で牽いてくれ、畑の間や海沿いをのんびりゆるゆる。あぁこれだよこれww


青く高い空に、白い雲。THE 夏!と言った感じですが海風のおかげか、暑さはそれほど厳しくなく、ゆるポタライドには最適な気候です。

(今回の写真はアキさん、アキオさん、なーさんが撮影してくれた分も含みます)

DSC06833

DSC06836

DSC06841

IMG_0674

DSC06843

DSC06838
(ちなみにアキさんのサコッシュはクレメルお手製。使ってくれて嬉しい)


DSC06844


ランチはBakery Restaurant CURRENT

オシャンティーなCAFEで、まだ11時でしたが、平日にも関わらず駐車場にはたくさんの車。土日は駐車場にすら入れず、30分待ちは当たり前だそうな。

IMG_0677

ウェイティングリストに記名し、案内を待ちます。

その間に、アキさんのねねこと私のクマ吉ご対面。ちょうどいい感じにウェイティングルームには木製のおもちゃがありました。

サイクルジャージで汗だくの大人が、カメラ片手に、数mm単位でぬいぐるみの角度を調整。

オシャレカフェで何やってんだ。

DSC06851

DSC06853

DSC06855

DSC06858

↓ このクマ吉の顔がたまらない
DSC06859

DSC06856

DSC06863

DSC06861

DSC06865


テラス席に通され、私となーさんはランチコース、アキさんとアキオさんはパスタとデザートをオーダー。
DSC06870

海が見渡せるテラス席は、観葉植物が多く置かれ、ハワイを思わせるような南国リゾートテイストのインテリアでまとめられています。お料理も美味しく、人気があるのもうなずけます。

DSC06882


アキさん達オーダーのパスタ
IMG_0692


ランチコース 1980円
DSC06872

DSC06875

DSC06876

imageつーか糸島ポークがマジうめぇ


DSC06880


オシャレカフェでも落ち着きがないぬいぐるみローディー。ステキな場所でステキな料理が目の前にあってもとりあえず写真となるのはSNS(ブログ)最大の弊害であると思われます。

でもいいの、おデートならいざ知らず、みんな汗だく塩吹きジャージですもの。いくら気取ったってピッチピチざますもの。

image

アキオさんにはトライアスロンのお話から、飛行機輪行のお話まで、今ままでなかなか聞くことの出来なかった貴重なお話を聞かせて頂きつつ、女子トークにも華を咲かせつつ。

なんつうーかこう…リア充っぽくね?

image



食後のデザートに200mupくらいのヒルクラです。

IMG_3724

DSC06891

DSC06893

DSC06895

案の定、なーさんは「食べ過ぎて上れーなーい」などと言いながら、するするっと上空へ消えていきました。似たり寄ったりのペースのアキさんと私が、テレテレ走りで無事峠越え。

ランチの後は二見ヶ浦で、記念撮影。
image


アキオさんのLOOKがカッコいい!!しかも前日のトライアスロンのナンバープレートがついているところがさらにガチ勢って感じでカッコいい!!
わたしもプレートだけつけようかな。なんの大会にも出らんけど。

DSC06900

DSC06902

image

image

image


眼下には白い鳥居と夫婦岩が祭られています。いつ来ても浜辺で遊ぶ人が多く、ぼっちで通りかかるたび、こいつら全員Facebookの住人だな、と一瞥し素通りしていました。
しかし今日の私はひと味違う。数は力なり
ひとりでは気が引けて飛込めなかった、リア充の放つ鱗粉でキラキラと輝く浜辺も、4人いたら怖くない!!


imageなーさん、いつもひとりの時、ここ素通りで、海には入ったことないんですけど…今日は行ける気がしません?


imageうん。今日は行けます。行きましょう。


(なんて話の分かる非リアな友よ!!)


アキさんとアキオさんもまさか東京から来て、レーパーンのまま海へダイブさせられるとは思っていなかったかもしれませんが、「折角なら浜まで降りてみましょう」との提案に快く乗って下さり、早速浜へ!

ぬいぐるみを握りしめて、波打ち際まで我先にと向かう場違いなジャージの一行。

image

image

image


image




7月3日、2017年下半期始まったばかりですが、


今期のキラキラ感を全て使い果たしました

IMG_0734

DSC06924

DSC06926


砂まみれ、塩まみれになりながら糸島を後にして、15時半頃、一旦解散。

私となーさんは天神まで一緒に行き、それぞれの帰路へとつきました。山では早いなーさんですが、100km越えはめずらしいとのこと。お疲れさまでした(´∀`)


元々私は身近にロードに乗っている人が誰ひとりおらず、情報収集のためにTwitterを始めました。その頃は、まさかフォロワーさんに会うなんて考えてもみませんでしたが、今一緒にライドをする人は全員Twitterの人。今回の様に、なーさんや、ましてや東京在住のアキさん夫妻と友だちになれるなんて思っていませんでした。小さな出会いを大切に、友情を育んでいけたらいいな〜と思いました。


【まとめ】

アキオさんの小尻がうらやましい。
クレメル、己のケツの軽量化を決意。


DSC06834


【翌日】
ライド翌日は、リア充の真似事をして、キラキラ感を使い果たしてしまった反動から、一日中布団の中で風の谷のナウシカ全7巻を再読。クシャナのセリフの暗記に励みました。
三巻の戦闘シーンが好きです。
image


corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて