これまでのあらすじ

ロードバイクをはじめて一年が過ぎても、未だにグループライド処女の乙女クレメル。もうすでに色々こじらせ気味なのに、このままではいけない!と【ライド仲間】を募集してみたところ、キラキラ感がイマイチ足りない14人のローディーが、福岡のローディーのメッカ・糸島に集まった。

******************************

集合1時間前。集合場所からひとつ手前のセブンイレブン。

とにかく時間に余裕を持って!と早めに家を出たおかげで、慌てることなく到着したのは良いけれど

モジモジモジモジ……。さすがに早すぎたか…。



初めてのグループライド。あまり高望みはいけません。とにかく、今日の目標は、

【爽やかにネコを被ること】

【ハンドサインをちゃんと後ろの人に伝えること】

この2点です。

ネコはなんとか被れるだろう。それなりに社会経験も積んできた、多分…大丈夫。

ハンドサインは…こうやって…

ん?

image

あ!!!!!穴開いとる!!!


先日、落車した際に使用していたグローブ。その後、一度使用した時は、黒のインナーグローブをしていたので穴には気づかず、ちょっとダメージがあるくらいだと思っていたのに…

image

これ、サイン出すたび、

ビンボーくさいやんwwwww


朝はまだ寒いので冬用グローブだけど、気温が上がったら、バッグの中の薄手グローブと替えようww

自分でひと笑い巻き起こしたところで、緊張もほぐれ、30分前。そろそろ腹を括って、集合場所へと参りましょう。


集合場所のセブンの前には2台のロード。

(´-`).。oO(気が早いヤツがもう来とるわ

ゆちさん!!


imageおはようございます



ゆちさんは新年会でお会いしたことがあるので、知った顔を見かけて一安心。一緒にいるのはTATSUYAさん。来る途中で一緒になったそうです。その後、続々と集まって来るローディーたち。

image

普段のぼっちライドだったら、「ローディーがいっぱい集まってて、怖いから、このセブンは寄れないな」と素通りする展開ですが、なんと今日の私はこの中に混ぜてもらうのです。

今更ですが、信じられない

image

image




私も含めて14人。

image image image image image image image image image image image image





ろかせずさん、Piccolinoさん、TATSUYAさん、まーぼーさん、ゆちさん、tkyさん、ikedaさん、やますたさん、かずさん、しまうまさん、zenさん、おかべさん、鬼崎さん(はこの後合流)


みなさん、おはようございます。今日は私のアシストのために集まって頂き、ありがとうございます。各自、良い仕事をして下さい。期待しています。


ほぼ全員が集まったところで、一応、私は主催者として挨拶したけど…。

この後どうするん?これからひとりずつ自己紹介とかするん?えー、でも全員が順番に名前言っていっても、覚えられそうもないし。みんな大人なんだから、気になる人には自分から挨拶して話しかければ良いか。それが会話のきっかけだな!よし!面倒くさいからそれでいこう!!

で?人数多いから分かれなきゃよね?これ私が仕切らないといけないパターンやろうけど…。よく分からないし…。

こういう時に頼りになって、この中の数人とも面識があって、優しそうな人は…。



kurePiccoimageさんあとはお願いします!!(丸投げ)




地元糸島の覇者であるPiccoさんに助けて頂き、ゆちさん率いる早い子チームと、Piccoさん率いるのんびり中年チームに分かれてスタート。私はPicoさんの後ろに付かせてもらい、25km/h以下で牽いてもらいながら、のんびり海沿いを走ります。

(´-`).。oO(うわぁぁぁぁぁぁ。私トレインってやつに入ってるよ。今まで何度か男子の中に混ざって、ライドしてる女子ローディーを見かけたことあるけど、本当にすごいな〜カッコいいな〜って眺めてるだけだった。お父さんお母さん、私、今そのトレインに入ってるよ!!アイウエアの下で目は泳いでるけど


注目なのが、Piccoさんがずっと一定のペースで、休むことなくペダリングしてること。Piccoさんはほぼ毎日片道30km超えのジテ通で鍛えており、力のある人です。

このペースでこの回転数って、相当軽いギアで回してるってことだよね?

試しに私も同じペースで回そうとすると、ペダルが軽すぎてカクカクなってしまい、綺麗な円が描けません。

(´-`).。oO(はぁ〜こういうのがペダリングが綺麗っていうんだな!!

速い人には退屈な巡航速度だろうと思っていましたが、遅い人に合わせる時は、ペダリングやフォームに気をつけるとか、工夫しながら楽しんでいるのかもしれないな、などと想像しながら見ていました。

その後も

(´-`).。oO(はぁ〜このタイミングで車を先に行かせるんだな

(´-`).。oO(はぁ〜浮き砂のあるところや、ポールが立ってて、気をつけないといけないところは、こうやって後ろに注意を促すんだな〜

とお勉強。私もちゃんと後ろに伝えられてるかな?グローブ穴開いてますけど


二見公園に到着

image

image

image

image

image

私も入れてもらった集合写真はPicoさんのブログ Piccolinoの愛しか糸島でサイクリング♪に。

人様のブログに私が載ってる!!!!!
リア充っぽい!!!


写真撮影を終え、一行は西へ。

image

実はこのルート、後半の山に目が奪われがちですが、実は前半にもちょっとあるんです。上り。
image







全員が合流して、


imageここから登りです。各自のペースで。



サイヤ人の血を引くゆちさんを追う様に、数人が瞬きをしている間に消えて行きました。

実は私、出張と落車の影響で、このライド前、4週間で80kmしか走っておらず、登坂は本当に久しぶり。

不安

(´-`).。oO(こりゃダメだ、と思ったら、後半はお腹痛いって言って逃げよ

坂ってこんなにキツかったっけ?と息も絶え絶えに登っていると、後ろから

imageそれでですね、ナントカカントカで、ドウノコウノなんですよ〜w


imageあははw本当ですか〜。


imageそれドウトカコウトカですね〜w



(´-`).。oO(こいつら…。私に合わせてくれてるのは知ってるよ。でも、息も切らさず、ボーイズトークしてんじゃないわよ!登坂中に笑い声だと?  呪われろ

朗らかに談笑してる男子たちの半径3m内で、殺意をみなぎらせつつ、ぜぇぜぇしていると…。


imageチェーン切れました



なんとまだ交換して間もないという、かずさんのチェーンが切れるというアクシデント。

そこにPicco様降臨!チェーン切りとミッシングリンクを持ってらっしゃる!

image

image


私も一度だけチェーン交換をしたことがあるので、要領は分かりますが、もしも自分のチェーンが切れた時、果たして自分でミッシングリンクまで取り付けることが出来るかどうか…。ひとりの時はロードサービス呼べばいっか、でも良いのですが、折角のグループライド中にマシントラブルの為にDNFになるのは辛いな…。チェーン切りと、ミッシングリンクを買って、取り付けの練習もちゃんとしとかないとなー、と思いながら写真を撮っていると

image出来ました!



無事ライドに復帰出来、ほっと一安心。


私はというと、なんとか後方メンバーに見守られながら、サイヤ組と合流。

image



天気も良いし、海も青い

image


今回は全員が、初見の方ばかりというメンバー構成なんですが、この辺りから、男子たちが打ち解けて来たようです(*´∇`*) 微笑ましい。
そして、「クレメルさんとも、ちょっと話してみたい気もするけど、何を話していいか分からない」その距離の置き方が、可愛いので、後方から写真を撮って楽しみました。


ランチ予定のカフェに向かいます。


imageここから先は下りでーす



一瞬安堵の表情を浮かべた面々ですが…先へ延びる道を見上げ

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage




あれ?Piccoさん?
上ってますけど
Σ(゜Д゜)

裏切られた感を、皆が抱えつつ、少しの上りをやり過ごした後、ダウンヒル。


image


ランチはCAFE カラフルにて。

以前、一度立ち寄ったことがあってローディーWelcomeなお店だったので、ここにしました。
テラスがあって、バイクラックがあるのが素敵。

image

image


普段、定食屋で男飯を食べている皆さんに、今回は折角女子がいるのだから、オシャンティなカフェでランチにしていただこうと思ったのですが…

忘れてた。シャレオツ カフェは量が少ねぇwwww
image

私には充分な量ですが、男子たちにはどう見ても量が少ない。ごめんごめんww
まぁこの後、コンビニで補給買えば良かろうww


ちなみに私がピンクのチビを取り出しても、それが当たり前みたいな空気どうなっているのでしょうか?

image

でもね、時々クマ吉の写真を撮る私を、ガン見は避けつつも

(あ、アレやん…。クマ吉…。)

と横目で見ているのは、アイウエア越しでも分かるのだよ。
みんな、あえて触れて来ないところが、ピンクを意識している証でしょう。

では、実験をしてみます。

若い子たちのテーブルに近づき、少し世間話をした後、何気なくクマ吉をテーブルに残し、席を立ってみたところ……。



すぐに写真を撮りはじめる、可愛いボーイたちww

image


まったりしつつも、遠くに見える山を見つめ、「…。今からあの山行くんすよね。」と期待と不安が混じった表情を浮かべる男子たち。

image



(´-`).。oO(心配するな、私がいるから。可愛い君たちを「置いてけぼり」にはしないよ。時速6kmという新しい世界を君たちに見せてあげよう。


次回のクレメルは…

ドキドキ☆初めてのグループライド【山岳ステージ】