謹賀新年2018

19-01-08-23-11-05-603_deco

                                                                                                                                                                                                                                                        


image今年は




































まめに書くから!!


今年もよろしく











あたらしい じてんしゃを、ちゅうもんしたぞ


新しい自転車を注文しました。

CANYON GRAIL CF SL 8.0 Di2
(キャニオン グレイル)

カラー:GREY METALLIC


勝手にキャニオンサイトから画像転用する怒られそうなので、サイトを見ながら描きました。
こんな感じです↓

PSX_20181003_213634


模写のレベルが高すぎて、実物の画像を見る必要もないでしょうが、念のため公式サイトのリンクを貼っておきます。


CANYON  GRAIL(動画もあります)

※ブログUPした後に気づいたのですが、シートチューブを書き忘れましたw
描いた紙は丸めてしまったのでこのままにしておきます。実際はシートチューブ有りますw


まさかのグラベルロードです。


一週間くらい前まで、グラベルロードを買おうなんてつゆにも思っていませんでした。


image次に買うのはサーヴェロの軽量カーボンロードR3かなー




去年の試乗会で一番初めにR3に乗って、その伸びの良さ、軽さに、コーナーの安定感(これはタイヤのグリップ効果の気もしますが)にうおぉぉぉ〜となりました。自他共に認める違いのわからないオンナである私が唸り声をあげるくらいなので、その違いは大きいように思います。


ただあれから1年。

踏ん切りがつかない。


海外通販サイトのベラチスポーツを眺めるも、完成車はクランク長やスプロケサイズ等、そのままでは合わない部分が多いので変えなければならないし、フレーム買いなんてしようものなら、一から十まで全てのパーツを自分で決めなければならず、知識もお金も必要になる…。

機材大好きマンは一つ一つのパーツを吟味しながら自分色のロードを組み上げていくことに楽しみや喜びを感じるのでしょうが、


imageめんどくせー



サーヴェロ熱も冷めて、新しい自転車が欲しいけどピンとくるものが見つからない。


そんなある日のグループライド。唐津のドンであるろかせずさんが新調したキャノンデールのグラベルロード、SLATEで参加。波戸岬に御誂え向きの原っぱがあったので、試しに乗せてもらいました。

image面白い




最近は全く山に行ってないので忘れられているかもしれませんが、元々私は林道好きなのです。草むらのでこぼこ道をグイグイ進んでいくその力強さと安定感。これなら、ロードでは諦めていたもう一歩先に踏み込めそうです。

オフロードの楽しさもさることながら、それより私が感動したのは、舗装路での伸びの良さ。ロードと遜色劣らない。むしろ私のアルミロードより衝撃吸収は良いし、ひと踏みの伸びは優っているかも。そして何よりもディスクブレーキの効きの良さは衝撃的でした。
私は時々周りに「ダウンヒルが速い」と言われますが、速いのではなく、握力がないのでしっかりとスピードを落とせない、ブレーキを握り続けられない、そもそも105のブレーキはあまり効かない、だから結果速く下ることになってしまうのです。小石一つ、葉っぱ一枚でスリップするダウンヒルだからこそ、本当はもう少しスピードを落として下りたいというのが本音です。ダウンヒルは遅ければ遅いほどカッコいいと私は常々思っています。だからこそディスクブレーキの効きは最高に魅力的に映りました。


グラベルロードという新たな選択肢が増えたところで、CANYONユーザーのmakinpoさんが


『CANYONもグラベルロード出してるよ』


imageまじか



サイトでGRAILを確認。


imageいいやん




ここで私が次に欲しいロードの条件を見直してみましょう。

①軽量

蜂蜜号 8.7kg
グレイル 8.6kg

大幅な軽量化にはなりません。しかしこれは通常より重いディスクホイールであり、タイヤも太いものを履かせた時の重量です。完全に舗装路のライドなら細い軽量タイヤを履かせれば、蜂蜜号より少し軽くなるでしょう。というか数百グラムをどうこう言う前に、己が痩せろ。という結論に収まりました


②衝撃吸収

アルミのダイレクト感は好きですが、ロングライドになると下からの突き上げで、全身がどっと疲れるし、手も痛くなります。悪路を走れるように作られたグラベルロードなら段違いに軽減されるでしょう。おそらく。
グレイルの面白いところは、腕への衝撃を抑えるためにハンドルが二階建てになっている点。変わった形ですが、ちょっと面白いのでこの辺りの期待が膨らむところです。


③ブレーキ

前述の通り、ディスクブレーキの効きの良さは体験済み。


④色は黒

蜂蜜号が白なので、二代目は黒が欲しいを思っていました。グレイルは黒xグレー。余計な差し色も入っておらず、シンプル。


⑤色々考えたくない

グレイルはグラベルロードなので元々34Tが入っている。クランク長も合っている。しかもDi2。これ以上色々弄る必要がない!あと取り付けるものと言ったらボトルケージくらい。


imageはい、これに決定


サイトを見たその流れで注文しようとしましたが、makinpo氏が『落ち着けwwww』とサイズや仕様に無理がないか、使いづらいところがないかなど、内容を精査してくれ、GOサインが出たところで


ポチ
18-10-03-01-49-34-187_deco


わずか5日間の出来事でした。

コレ、と思ったら早いのです。



もちろん何もかもが思い通りというわけではありません。
多くのロードバイクが700Cであるところ、私のサイズの2XSは650B。互換性がありません。身長からすると650Bの方がバランスが良いのですが、タイヤやチューブなどは選べる幅が少なくなります。ディスクブレーキなのでホイールもディスクホイールでなければならないので、今使っているシャマルウルトラは使えません。まぁでも、用途が違う ので、蜂蜜号は蜂蜜号、グレイルはグレイル、と完全に割り切ればいいかな、と思います。



バーテープ2本、ガーミン用専用マウント、ディレーラーハンガー2本も一緒に注文しました。(makiさんについでによろしくと頼まれたパーツを数点含む)

18-10-03-01-51-34-608_deco



お届けは
18-10-03-01-52-08-462_deco



楽しみですな〜(・∀・)



ロードバイクで初キャンプ!鷹島でキャンプ飯が食べたいのです



IMG_20180927_223546キャンプしませんか?


image行く(即答)



やますたさん発案で、九州の西の端に浮かぶ鷹島でキャンプというリア充の真似事のようなけしからん企画が催されました。

いつものようにキラキラ感のかけらもない参加者は

IMG_20180927_223546やますたさん
IMG_20180927_223503ドルトくん
IMG_20180927_223527あいさかさん
IMG_20180927_223632Makinpoさん
imageそして私クレメルの五人です。


鷹島の魅力については当ブログでも熱く語っていましたが、その中に登場したオアシス村でキャンプしたい!!という私の夢がここに叶うこととなりました。

ロッジをレンタル。トイレ、水シャワーあり。炊事場あり。薪は現地で調達可。それ以外はレンタルなど何もないとのことなので、持って行くものは以下の通り。

寝袋、エアマット、鍋、簡易まな板、BBQ用金串、マグカップ、皿、フォーク、スプーン、割り箸、夕食の食材、朝食の食材、夜食、調味料、着替え(UNIQLO ウルトラライトダウン、長袖ヒートテック、長袖シャツ、長ズボン、スニーカー)

前日からあれやこれやと思いを巡らし、準備をするのはとても楽しく、夢と一緒に膨らむ荷物。

そして出発当日、現実に直面するのです


imageこれ全部ロードで持って行くのか…


1538052890255

張り切り過ぎた私、あいさかさん、Makiさんのトータル装備がこちら

IMG_20180504_130558

IMG_20180504_130615_1

IMG_20180504_130645




リュックサックを背負った瞬間、


image重wwww

IMG_20180927_223527
なにこれ無理wwww

IMG_20180927_223632サドルが刺さって三角木馬www


鷹島までは35km。普段のライドに比べれば大したことはありません。ルート確認した時はちょっとご近所をポタリングくらいの安易な気持ちでしたが、実際には


imageペダルが重いwww

IMG_20180927_223632進まないwww

IMG_20180927_223527坂がクソすぎるwww




鷹島まではアップダウンの連続。普段以上に進まない私の登坂速度は6km/hを下回り、鷹島までの32kmが天竺までの道のりかと思うほどでした。

IMG_20180927_225543

IMG_20180927_224342


私のバックパックのあまりの重さに見兼ねた釣り師あいさかさんが、自分の釣竿の方が軽いからと交換してくれたのですが、

IMG_20180927_224229

IMG_20180927_224332

シュールwwwww


あいさかさん、Makiさん、私が最短ルートを選び、鷹島入り口に差し掛かった頃、一足先に出発したやますたさんとドルトくんの姿が。

IMG_20180504_163047

IMG_20180504_163129

この二人、私たちと同じくらいの重量の荷物を背負ったまま、遠回りして大野岳をヒルクライムしてくるという愚行を繰り広げてきたとのこと。

imageえwwなんなの?ww
バカなの??www


IMG_20180504_160710

IMG_20180504_161017

IMG_20180504_161155

IMG_20180504_163844


予定時刻を少し過ぎましたが、無事オアシス村に到着!

IMG_20180504_164017

IMG_20180504_164227

人、多いwww


関東など人口の多いキャンプ地は芋を洗うような賑わいで、所狭しとテントが並べられている様子をネットで目にすることはありましたが、こんな辺境の離れ小島の小さなキャンプ場に、こんなにも人が集まっていることに度肝を抜かれました。さすがはG.W。ロッジを借りれたのもラッキーでした。

IMG_20180504_164210

IMG_20180504_164347

IMG_20180504_164457

BlurImage_4-5-2018-5-3-36


薪は自由に使って良いとのこと。

炭火は起こしたことがありますが、薪は初めてです。

IMG_20180504_175718

IMG_20180504_181208

男子が石で組んだ竃に薪がくべられました。割と簡単に火がつき、炎が上がると一気に雰囲気も盛り上がります。


盛り上がるけれども…


image目が痛ぇ


薪は炭と違ってかなり煙が出るので、立ち上がる煙に巻かれて目がショボショボ。


キャンプ場のすぐ隣は海です。

IMG_20180504_173521


やますたさん、Makiさんが夕飯の火の番をしてくれている間、あいさか氏は釣りへ。
釣りスポットを目指して港へ下ります。同行するドルトくんと私。

IMG_20180504_182757

IMG_20180504_183907

夕飯は現地調達するスタイル

IMG_20180504_174217


狙うはイカですが一向にかかる気配がありません。日暮れも間近で、ロッジの二人からはハラヘッタコールがあり、私はあいさか氏とドルトくんを残しキャンプ地に戻りました。

帰り着いた頃には辺りは薄暗く、オレンジ色に揺らめく薪の炎が幻想的。
早速持参した肉や魚を串に刺して、夢にまで見たBBQです。竃の他に隣のロッジの家族が、使い終わったBBQセットを貸してくれ、一気にヒートアップ…  ですが…

IMG_20180504_194942

IMG_20180504_195257

IMG_20180504_195524

IMG_20180927_225525



image目が痛ぇ(涙



煙が目に滲みまくりで、まともに前が見えません。目にいっぱいの涙を浮かべながら肉を焼くのですが、これがなかなかの苦行。その上辺りは真っ暗なのでランタンとロードから取り外したフロントライトの明かりだけでは、肉が焼けたかどうかよくわかりません。

炭火に比べると焼けるのも時間がかかるようです。リア充への通り門である「キャンプでBBQ」ですが、見るのとやるのは大違い。

キャンプは強力なランタンを持参し、夕飯は日暮れまでに済ませた方が良いことを学びました。

あとできれば薪ではなく、炭が良い。


自家製唐辛子味噌はなかなか美味しかった。

IMG_20180504_201608

そして焼きカマンベールチーズの旨さに昇天!

IMG_20180504_202512



imageところであいさかちゃん&ドルティーは??



あいさかさんとドルト君は一度イカを釣りかけるも、逃してしまったため意地になったようで、ロッジに戻ってきたのは21時。やますたさんとMakiさんと私が食べ終わった頃、ようやく帰着。

IMG_20180504_215623

IMG_20180504_222753

その後は餅を焼き、自宅で炊いてきたぜんざいを食べ、火を囲んでとりとめのない話をしたり、近くに星を見に行ったり。周りのキャンパーも遅くまで起きていたということもあり、23時半ごろ就寝。

IMG_20180504_233155

IMG_20180504_233352


〜翌朝〜

リベンジに燃える釣り師あいさか氏とともに、私はキス釣りに出かけました。
顔のついた魚、ましてや生きた魚は触れない私ですが、虫は平気。餌を付けるのを手伝って、時々竿を持たせてもらいました。

IMG_20180505_065325

IMG_20180505_064748


image釣れた!!

IMG_20180505_071708

立派なキスが釣れて、あいさか氏と大はしゃぎ。魚が掛かった時のビクンビクンという引きは快感で、これは病みつきになること間違いなしです。釣りの世界に興味深々!!

IMG_20180505_070435

キャンプ場に戻ってから、釣った魚をあいさか師の指導の元、捌いてみましたが、

IMG_20180927_215329

IMG_20180927_215337

頭を落とした時点で顔面蒼白。三枚におろしたあとは、腰が抜けてへたり込んでしまうとヘタレっぷり。

IMG_20180927_215318
(やますたさん撮影)

朝食にうどんやホットサンド、釣ったばかりのキスの刺身に、塩焼き、焼いたマシュマロをクッキーに挟んだり。

IMG_20180505_084855

IMG_20180505_085206

IMG_20180505_090651

IMG_20180505_090800

恐る恐る口にするが、頭を切り落とした感触が残っていて食べれなかった人の様子↓
1538052914836

IMG_20180505_084118

IMG_20180927_225440


朝から豪華にお腹いっぱいになったところで、ぼちぼち片付けを済ませて帰路につきました。

IMG_20180505_112916

1538052924290

IMG_20180927_224354



初めての試みだったロードバイクとキャンプの組み合わせ。車で行くなら、あれもこれもと積み込むことができますが、ロードで行くのならばサドルバックとバックパックに詰め込まなければなりません。

何を持って行くのが厳選を重ね、そこから更に軽量化を図るためには、準備の段階から創意工夫が必要となります。人によって“どうしても譲れない持って行きたいモノ”の違いを見るのも面白いです。制限がある分、それをクリアするためのアイディアを出していく過程も楽しかったです。

今回の鷹島は自宅からそこそこ距離があり、アップダウンも激しかったので、荷物の重さには苦戦しましたが、島ならではの空気を楽しむことができました。やってみたからこそ、これは必要これは不要、あれがあったら便利だったのに、これがあれば次はもっと楽しめそう…等、気づきも多くありました。

ロードバイクとの付き合いも三年目。楽しみ方の可能性は広がるばかりです。


《まとめ》

IMG_20180927_223503マシュマロ2袋もいらんかった。
ひとり2個でよかった。


(おまけ)
帰りに牡丹祭りが開かれてて、みんなで立ち寄り。
とっても楽しかった〜。ありがとう。

IMG_20180927_225503







corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて