釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編



前回、釣りの魅力について思うところを述べたわけですが、


imageライドレポより釣りの話の方がアクセス数が多いw


みんな結構興味あるのね。



Twitterにも「どんな道具を買ったら良いですか?」などの問い合わせが寄せられているので、知識ゼロの状態から釣りを始めるまでの準備について、過去に遡って書きたいと思います。

※用法や説明は間違っているところがたくさんあるはずなので、釣りに関する知識としてではなく、初心者の経験談として読み流してください。






image釣りをしたいと思い立ったは良いけれど、何を買えばいいか分からなない。




近所の釣具屋に偵察に行きましたが…


image竿もリールも糸も針もとにかく種類が多すぎww
全部同じに見えるww




ロードバイクを始めようを思い立って、初めてスポーツ自転車屋を覗きに行ったみたときのことが思い起こされます。あの時も、フレーム・コンポ・ホイール・何に使うのか分からないワイヤー類……陳列された商品と情報量の多さに圧倒されたな〜。


image漠然と釣りたいと言っても店員さんも漠然とした回答しか出来ないだろう。詳細なアドバイスが欲しいなら、自分から詳細な条件を提示しなければならんな。



ネットでも調べましたが、こちらも情報の大洪水。「初心者のための〜」と掲題されていても、釣り用語で書かれていることも多く、結局何を買ったらいいの?という疑問は解消されなかったり。
そのような自分の体験を踏まえ、この順番に調べたら買うべきものを見つけやすいよというルートを紹介します。



【どこで釣るかを決める】

まず自宅からアクセスできる釣り場を調べます。『○○○(地域名) 釣り場』で検索すると良いでしょう。大きく分けると防波堤から・浜から・船からがあるので、それぞれ見てみます。船釣りは船代がかかるのでちょっとハードルが高いですが、選択肢の一つとして事前に確認しておくのがおすすめ。



【何が釣れるのかを確認する】

アクセス可能なポイントが判明したら、そこでどんな魚が釣れるのかを確認します。魚の種類によって竿や糸の太さや仕掛けが全く違います。必要な装備を揃えるためには何を狙うのかはっきりさせておいた方が良いです。


【餌釣りをするかルアーにするか】

狙いの魚をいくつかピックアップできたら、その魚の釣り方を見てみましょう。
特に餌がポイント。生きた餌を使うなら近くに購入できる釣具屋がないと難しいです。ゴカイ(ムカデのような蟲)も慣れれば可愛いものですが、何がなんでも蟲には触りたくない!!というなら、必然的にルアー(シリコン製のワーム(蟲)やプラスチック製の小魚やエビの疑似餌)で釣れる魚がターゲットとなります。




ここまで調べると“どこで” “なにを” “どんなスタイルで”釣りたいか固まってくるので、店員さんにも相談し訳すなります。



私のオーダーはこちら


↓↓↓


image場所は防波堤か浜。ターゲットは初心者でも釣りやすく美味しいキスとアジ
キスは生餌、アジはワームで釣ってみたい。イカが釣れる地域が近いので、いつかはイカ釣りにも挑戦したい。腕力がないので軽い竿が良い。予算は2万円です。おすすめ一式揃えてください!!

ここまで伝えると店員さんは流石プロ。パパパっと必要なものをピックアップしてくれました。


PSX_20190701_215001


今回買ったものは下記の通り(最後にAmazon貼っておくので詳細はそちらでご確認ください)


☆竿(ロッド) プロマリン エギング用 5,800円くらい
☆リール  ダイワ2500 ダブルハンドル 釣り糸(PEライン)付 6,000円くらい
☆釣り糸(PEライン)の先につける糸(ショックリーダー)800円
☆キス釣り用の天秤オモリと針のセット(オモリ8号・針7号)300円
☆予備の針
☆魚つかみ(メゴチバサミ)300円くらい
☆竿バッグ 2500円
☆クーラーボックス 1,200円

合計18,000円くらい

ざっくりですみません。


それにしてもロードバイクに比べたらこの初期費用の安さwww


激安セットをAmazonで探せば一式5,000円ちょいで揃えることができます。但しネットのレビューを見ると数回の使用で不具合が起こることもしばしばなようなので、しばらく続けるつもりがあれば2万円くらい予算をみておくと、初心者には十分なセットが揃います。反対にまだ続けるか分からない、お試しで何回かやってみたいというなら、価格の安いセットをお試し用と割り切って買ってみるのも良いでしょう。釣り歴の長い人のブログには2,000円で買った予備の竿が一番釣れて、以来愛用しているという話もあるので、必ずしも値段=釣果とは限らないようです。




ここから先は、実際の私の普段の釣りスタイルを写真を交えて書きたかったのですが、ちょっと長くなってきたので、今回はここまで^^;


それにしてもさすがロードバイクよりはるかに大きな趣味人口を持つ「釣り」。情報も商品もネットワークも規模が大きく、間口は広いです。ロードバイクのショップよりずいぶん入りやすいですし、店内には女性客の姿も多く、店員さんも慣れた方が多い印象でした。


続く・・・


魚釣りの魅力について語らせて


さて、前回の更新から随分時間が空いてしまいましたが、相変わらず魚釣りを楽しんでいます。

ロードバイク??なんの話かな???


序章では、魚の死骸と共に川に流された私の初恋について語りました。正直、釣り云々より少女クレメルの恋バナが書きたかっただけです。すみません。

今回は釣りの魅力について思うことろを述べてみたいと思います。


1560867936149

1560867952251

1560867973836



釣りの魅力といえは、魚がかかった時にビビビっと竿の先から全身に伝わる生命のバイブレーションや、徐々に魚影が見えて空中に引き上げる瞬間のお宝ゲット感それらは日曜早朝のテレビの釣り番組を視聴しても想像に易いでしょう。しかし釣りにはそれ以外にもたくさんの魅力があります。







images (1)-56x56数時間、ひとりで海を眺めていても不審者だと思われない。


ひとりで海に向かい突っ立ったまま微動だにせず、水平線を眺めていたら、通りかかった犬の散歩の人に「あの人ひとりで大丈夫かな?悲しいことでもあったのかな?」と心配されてしまいます。しかしそこに釣竿が一本加わるだけで、何の違和感なく波打ち際に佇み、誰憚ることなく遠い目で波間に想いを馳せることができるのです。




images (1)-56x56『無職になっても生きていける』という謎の自信が生まれる


釣竿一本あれば、お金がなくても食いっぱぐれない、生きていける!!という精神的余裕が育まれます。リストラにあっても、世界大戦が始まっても、海にいけば何とかなる。自分の力で自分の食べものを狩れると、何だか自分が生物として強くなれたような気がし、生存本能が満たされ、心に平安が訪れるのです。



images (1)-56x56痩せる


釣りの途中は集中しているので、あまりお腹が空かないというのもありますが、魚や餌で手が生臭くなっているので、途中でチョコレートやクッキーをつまむというような愚行ができません。私個人的にはライドより釣りの方がはるかに痩せます。



images (1)-56x56身体の故障を嘆かず楽しめる


まぁやっぱりこれが一番大きな理由かもしれません。膝を痛めてからというもの、昔のように山にはいけず、ロングライドも出来ず、行きたいところに自由にいけなくなってしまいました。今でもライドは楽しいけれど、時々不自由な自分の身体に悲しくなってしまうのも事実。釣りは身体の制限なく、自由に安心して楽しめるのが気に入っています。

IMG_-b0jywm


私が思うに、ローディーの多くは魚釣りと相性が良いのではないでしょうか。
釣りも基本はひとり。

自然を相手に遊べて、単騎でもグループでも楽しめて、乗っている間(釣っている間)は自分の世界に没頭することができる。自己完結型の趣味であることが、ライドと似ているなーと思います。
実際釣り話をツイッターで呟くと、「以前やったことがあって楽しかった。また再開してみようかな」というローディーがぞろぞろと出てきました。また、女性も「私もやってみたい」という声が多く、興味ある人は多そう。


PSX_20190525_175959


次回は私の普段の釣りスタイルと装備について書こうかな。






わたし、釣り、はじめました!!〜序章

「ロードバイク」のカテゴリーからこの場末のブログへお越しいただいた方には大変恐縮なのですが、今回ロードバイクの話はお休みです。



imageロード乗ってないからブログネタが無いのよ





ところで最近わたくし、

釣りにハマりましてね!!!

Twitterではちょこちょこと釣果を報告しているのですが、このあたりで釣りを始めるに至った経緯と、装備関係と、その面白さなどについてまとめたいと思います。




実のとこを、私、お寿司、お刺身大好きなのですが



image顔がついた魚がこわい


スーパーで売っている切り身のパックであればなんとか触れることが出来ますが、尾頭付きの魚は怖いというか、気持ち悪いというか……。とにかく顔がついているとダメなのです。尾頭付きの刺し盛りは箸をつける気なれず、ブリの解体ショーの後に振舞われたお刺身は一口食べた直後に吐いてしまった経験があります。なんともひ弱で情けないこと山の如しですが、数ヶ月前の私はそんな感じだったのです。

ライド仲間のあいさかさんは釣り大好きっ子。以前鷹島でキャンプをした際に、私も隣で大きなキスを釣り上げるのを間近で見せてもらいました。スキューバダイビングや水族館が楽しいように、見ているだけなら平気なのです。

何度かアタリが来た時に、少しだけ竿を持たせてもらったのですが、ビビビっと引き込む魚とのバトルにとてもドキドキして、釣り上げた瞬間は大きな興奮に包まれました。



思い返せば小学4年生の頃、私は一度だけ釣りをしたことがあるのです。



当時、野生児且つ生きもの係だった私は、友人四人で近所の池にブルーギルを釣りに行きました。生まれて始めての釣り体験。密かに想いを寄せる同級生の康二君も一緒だったので、俄然張り切る私。
初めて触る生き餌におっかなびっくりしながらも、楽しい釣りタイムを過ごし、大物6匹を釣り上げました。



ここで何をトチ狂ったのか


クレメル(10歳)『学校で飼おうや!今日は私が家に持って帰って、明日の朝学校に持っていく。』




生きもの係という熱い使命に燃えた私は6匹のブルーギルを持ち帰り、家にある一番大きなタライに移しました。魚の数に対しタライが小さく、背びれがちょっと水面から出ているのが気になりはしましが、ギチギチのタライの中で、ビチビチと元気に水しぶきをあげて泳ぐブルーギルたちは、康二君との楽しい思い出がそのままカタチとなったようで、キラキラした宝物のように見えました。










翌日












全滅


昨日までキラキラしていた六匹の魚たちが、文字通り死んだ魚の眼でこちらを見つめていました。これが10歳にして初めて目の当たりにした「死」でした。淀んだ水はぬめりを帯びていて、生臭さが鼻につきます。


クレメル(10)  『おかあさん…。・゚・(ノД`)』


クレメル母 『自分のケツは自分で持ちなさい』

と二重にしたスーパーのビニール袋を手渡され、完全に放置。泣く泣く必死の思いでビニール袋に死骸を詰めて、登校途中の川に放ちました。

プカプカと浮かびながら流されていく魚たちを涙で見送り





クレメル(10) 『……康二君…』






とまあ、このような体験から、顔がついた魚にトラウマを抱えるようになったわけです。

このご時世、スーパーの鮮魚コーナーで頼めば三枚におろしてもらえるし、自分で魚を捌けなくても、なんの問題もなく日常生活を送ることはできますが、私の中でそんな自分が気に入らないという想いをずっと胸に抱えていました。鷹島での束の間の釣り体験は、子供の頃に味わった興奮と喜びを呼び覚まし、今のダサい自分をなんとか克服したいという気持ちに火をつけるのには十分でした。


たかが釣りですが、これは私史上、大きなチャレンジになること間違いなし。


目標は、

自分で釣った魚を、

自分でさばいて、

自分で料理して、

自分で食べる!



次回は……
釣りをマスターすると決めたはいいけれど、知識はゼロ。何をどうすればいいのかな編です(たぶん)



P.S  小学校6年間同じクラスだった康二君とも、中学では別のクラスになり、言葉を交わすことも殆どなくなりました。その後、成績優秀でスポーツ万能な彼は、バスケット部のキャプテンを任され、学区内で一番の進学高に進み、九州大学へ通ったようです。小中学校で9年間好きだった康二君。私の初恋は「好きです」のひとことが言えないまま幕を閉じました。







corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 釣りを始めたいけど何を買ったらいいの?〜準備とお買い物編
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて
  • 魚釣りの魅力について語らせて