わたし、釣り、はじめました!!〜序章

「ロードバイク」のカテゴリーからこの場末のブログへお越しいただいた方には大変恐縮なのですが、今回ロードバイクの話はお休みです。



imageロード乗ってないからブログネタが無いのよ





ところで最近わたくし、

釣りにハマりましてね!!!

Twitterではちょこちょこと釣果を報告しているのですが、このあたりで釣りを始めるに至った経緯と、装備関係と、その面白さなどについてまとめたいと思います。




実のとこを、私、お寿司、お刺身大好きなのですが



image顔がついた魚がこわい


スーパーで売っている切り身のパックであればなんとか触れることが出来ますが、尾頭付きの魚は怖いというか、気持ち悪いというか……。とにかく顔がついているとダメなのです。尾頭付きの刺し盛りは箸をつける気なれず、ブリの解体ショーの後に振舞われたお刺身は一口食べた直後に吐いてしまった経験があります。なんともひ弱で情けないこと山の如しですが、数ヶ月前の私はそんな感じだったのです。

ライド仲間のあいさかさんは釣り大好きっ子。以前鷹島でキャンプをした際に、私も隣で大きなキスを釣り上げるのを間近で見せてもらいました。スキューバダイビングや水族館が楽しいように、見ているだけなら平気なのです。

何度かアタリが来た時に、少しだけ竿を持たせてもらったのですが、ビビビっと引き込む魚とのバトルにとてもドキドキして、釣り上げた瞬間は大きな興奮に包まれました。



思い返せば小学4年生の頃、私は一度だけ釣りをしたことがあるのです。



当時、野生児且つ生きもの係だった私は、友人四人で近所の池にブルーギルを釣りに行きました。生まれて始めての釣り体験。密かに想いを寄せる同級生の康二君も一緒だったので、俄然張り切る私。
初めて触る生き餌におっかなびっくりしながらも、楽しい釣りタイムを過ごし、大物6匹を釣り上げました。



ここで何をトチ狂ったのか


クレメル(10歳)『学校で飼おうや!今日は私が家に持って帰って、明日の朝学校に持っていく。』




生きもの係という熱い使命に燃えた私は6匹のブルーギルを持ち帰り、家にある一番大きなタライに移しました。魚の数に対しタライが小さく、背びれがちょっと水面から出ているのが気になりはしましが、ギチギチのタライの中で、ビチビチと元気に水しぶきをあげて泳ぐブルーギルたちは、康二君との楽しい思い出がそのままカタチとなったようで、キラキラした宝物のように見えました。










翌日












全滅


昨日までキラキラしていた六匹の魚たちが、文字通り死んだ魚の眼でこちらを見つめていました。これが10歳にして初めて目の当たりにした「死」でした。淀んだ水はぬめりを帯びていて、生臭さが鼻につきます。


クレメル(10)  『おかあさん…。・゚・(ノД`)』


クレメル母 『自分のケツは自分で持ちなさい』

と二重にしたスーパーのビニール袋を手渡され、完全に放置。泣く泣く必死の思いでビニール袋に死骸を詰めて、登校途中の川に放ちました。

プカプカと浮かびながら流されていく魚たちを涙で見送り





クレメル(10) 『……康二君…』






とまあ、このような体験から、顔がついた魚にトラウマを抱えるようになったわけです。

このご時世、スーパーの鮮魚コーナーで頼めば三枚におろしてもらえるし、自分で魚を捌けなくても、なんの問題もなく日常生活を送ることはできますが、私の中でそんな自分が気に入らないという想いをずっと胸に抱えていました。鷹島での束の間の釣り体験は、子供の頃に味わった興奮と喜びを呼び覚まし、今のダサい自分をなんとか克服したいという気持ちに火をつけるのには十分でした。


たかが釣りですが、これは私史上、大きなチャレンジになること間違いなし。


目標は、

自分で釣った魚を、

自分でさばいて、

自分で料理して、

自分で食べる!



次回は……
釣りをマスターすると決めたはいいけれど、知識はゼロ。何をどうすればいいのかな編です(たぶん)



P.S  小学校6年間同じクラスだった康二君とも、中学では別のクラスになり、言葉を交わすことも殆どなくなりました。その後、成績優秀でスポーツ万能な彼は、バスケット部のキャプテンを任され、学区内で一番の進学高に進み、九州大学へ通ったようです。小中学校で9年間好きだった康二君。私の初恋は「好きです」のひとことが言えないまま幕を閉じました。







土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド




image800年ぶりにブログをやっていたことを思い出した



元号も変わったので、心機一転、真面目に更新します。多分。。。



膝を痛めてから、以前のような気が狂ったライドは出来ていませんが、ちょこちょこロードには乗っています。


以前にも取り上げたことがある長崎県松浦郡福島。補給ミスで島の琵琶を盗んで食べた甘くて苦い思い出あるその島には、今ではなかなかお目にかかることの出来ない立派な棚田があります。

その水田に水が張られたという情報をキャッチ。ライド仲間の
ドルト君IMG_20190513_185642-50x50を誘って4月20日、土谷(どや)棚田を見学に行きました。



詳細ルートはこちら



唐津駅を9時に出発し、竹木場(たけこば)を越え、県道204号線に沿って片道30kmの福島を目指します。ちなみに唐津〜福島は平地はほぼゼロ。竹木場では10%近くまで斜度が上がる箇所がありますが、激坂らしい激坂は無く、5%の緩やかなアップダウンが延々と続きます。右膝の調子も随分良くなってきたので、これくらいならどうにかいけそうな気がしたのですが…



image膝、云々より先に、肺がもう無理。
肺胞いくつかやぶれた。



乗らないと乗れなくなるのがロードバイク。体力・筋力が落ちるのはなぜこんなに早いのでしょうか(泣

IMG_20190420_095202


THE 春!!という感じの穏やかな陽気で、新緑から溢れる日差しも柔らかです。
所どころでレンゲや菜の花が目を楽しませてくれます。


IMG_20190513_185642-50x50あのお花畑で昼寝したい



imageわかる




IMG_20190513_185642-50x50でもお花さんがかわいそう




image(出たよ…)なんだよ、お花さんって



IMG_20190513_185642-50x50いや、だからお花さんを潰したらかわいそうというメルヘンな俺が…




image黙れ



ドルト君との付き合いは長く、気心知れた間柄。歴代仮面ライダーや、お薦めアニメなど、どうしようもないくらいどうでもいい話をダラダラとしながら、ゆるゆる上ったり下ったり。

出発から二時間くらいで福島へと続く赤い橋が見えてきました。

IMG_20190420_101743

IMG_20190420_102109


車はほどんど走っていない島内で、左手に海を臨み、棚田を目指します。
IMG_20190420_102533_1

IMG_20190420_105407

IMG_20190420_105427

IMG_20190420_105900


寄り道好きなドルちんと私。他に止めてくれる人もいないので、気になる脇道に逸れまくり。急ぐライドでもないので、それはそれで楽しいです。


IMG_20190420_110845

IMG_20190420_111343

IMG_20190420_111427



imageあ、気をつけてね、蜂おるよ。




IMG_20190513_185642-50x50知ってます?クマンバチって元々は飛べないんスよ。
羽、小さいでしょ?


imageそうやね、羽小さいね。でも飛んでるよ?



IMG_20190513_185642-50x50最近まで学者さんの間では「彼らは気持ちで飛んでる」って思われてた。物理的には飛べない。


imageえ????




IMG_20190513_185642-50x50本当は飛べないけど
「飛びたいと願っているから飛べてる」って


imageテキトーなことをいうなwwwwww



IMG_20190513_185642-50x50いや、本当ですって




IMG_20190420_112728




IMG_20190513_185642-50x50imageおおおおお


PSX_20190420_114502

IMG_20190420_113741


何度来ても良い場所です。まさに日本の原風景。

土谷棚田が一番美しいのは西日が差す夕刻なのですが、そうなると帰りは山間をナイトライドになるので、ちょっとハードルが上がってしまいます。いつかは日が傾き始める時間に到着して、刻々と移り変わるであろう空と水田の色を写真に納めたいなーと思いました。



福島には食事処などは無く、小さな地元のコンビニのYショップがあるのみなので、簡単に補給を取って、同じルートを引き返して帰着。


IMG_20190420_121510

IMG_20190420_122717


アップダウンが多い福島までの道のりでしたが、右膝の痛みはなく走りきれてホッと一安心。



それにしても趣味が結ぶ人の縁はおもしろいなーと思います。ロードバイクという繋がりがなければひと回りくらい年下のドルティーと知り合うこともきっと無かったでしょう。今では家が近いということもあり、時々うちの猫とも遊んでくれて、私が体調を崩した時は気にかけてくれる頼れる弟的存在です。

ロードバイクは人と出会うための最強ツール

元々人見知りな部分があるので、初めましての瞬間はとても緊張したりもします。でもこんな風に大切な人が増えていくのは本当に嬉しいことだから、人と出会うことを面倒くさがるようには絶対ならないように、と自分自身思います。膝が不調で自分が思ったように走れないということもあって、近頃グループライドを企画することが減ってしまったけど、夏を迎える前にまた何か企画したいなー








インプレッション!!!!!!!!! グラベルロード CANYON GRAIL(キャニオン グレイル)

近年、脚光を浴び始めたグラベルロード。


各メーカーが特色を生かしたバイクを発表しており、気になっている人も多いのではないでしょうか?


そんなトレンド最先端のグラベルロードを



imageワイ、買いました


CANYON GRAIL CF SL 8.0 Di2
(キャニオン グレイル) 

(購入の様子はコチラ




PSX_20190103_162716

PSX_20190103_161351


未だネット上には情報が少ないキャニオン グレイル。その魅力を余すことなく、私クレメルがここに語り尽くしましょう!!!!!


【ルックス】


imageカッコいいですね



DSC02291

DSC02297

特筆すべきは
650Bのバランスの良さ!!

身長158cmの私。フレームのサイズは2XS。

市場に出回っているロードバイクの殆どは700Cというサイズのホイールがついています。初代アルミロードバイク蜂蜜号も700Cです。
身長180cmの人が乗るフレームサイズと私のフレームサイズは、大人と子供くらいの大きさの違いがありますが、ホイールの大きさは同じです。もともとロードバイクは大柄な人の多い欧米基準で設計されているので、私のような低身長で小さなフレームのロードバイクに700Cはちょっとバランスが悪い…。フレームが小さいため、相対的にホイールの大きさが目立ってしまい、そのせいでますますフレームが小さく見えてしまうように思います。
CANYONの完成車は一部を除いて、2XS・XSには650Bのホイールがついてきます。つまり少しホイールが小さい。これがベストマッチなのです!!!
650Bはタイヤ・チューブ・ホイールの種類が少なく、グループライドの時パンクしても仲間からチューブを分けてもらえないなど、700Cとの互換性の無さがデメリットになる場合もありますが、この見た目のバランスの良さだけでも650Bでよかった!!と思えました。見た目にバランスが良いということは、当然乗っていてもバランスが良いと感じるものです。初めて乗った瞬間から「しっくりくる!!」と感じたのは、身長に合わせた650Bで設計されたジオメトリーに関係しているのではないでしょうか。知らんけど。
最近は650Bの良さが見直され、ロード市場にも少しづつ増えてきているようです。
MTB界では650B・ディスクブレーキがスタンダード。今回、GRAILはディスクブレーキを選んだので(キャリパーブレーキもあります)、MTB用のホイールが使え、MTB用に開発されている細めのタイヤで軽量化をすることもできます。



【二階建てハンドル】


image発想が突き抜けてるよね



DSC02295


振動吸収のためにハンドルを二階建にしちゃったCANYON。

これ、マジすごい。このハンドルについては詳細が気になる人が多いと思います。

思ったより違和感がない
というのが実物を目にした際の私の印象です。公式サイトでハンドル部分の画像をアップで見ると、変なハンドル〜と思いましたが、実際に全体を見ると、なんというか…
まとまっている。
うまく表現できませんがこれが普通で元々こういうものといった感じ。デザイナーのセンスの良さを一番感じさせてくれた部分でもありました。


ハンドルの持ち方ですが、一般的なロードバイクと全く同じです。
こんな感じ


IMG_20190202_151200

下ハンを持った感覚も普通のロードと変わりません。


IMG_20190202_151238



一階部分が握れるのか?という疑問が多く寄せられますが、一階部分は握ることが出来ません。
二階部分に手首が当たるため、触れることは出来ますが、一階部分を持って操作することはできず。あくまで振動吸収のためだけに存在しています。 


IMG_20190202_151131

IMG_20190202_151142


では二階部分はどうかというと、手が全然痛くない!!一階部分のお陰で、二階部分は真下のタイヤから来る突き上げが軽減されます。

真ん中に向かう程しなるので、振動吸収率が高いとのことですが、
(この部分)


IMG_20190202_151151


流石にハンドル操作がしにくいので、実際はここを持っていることが多いです。


IMG_20190202_151209

この辺りも、通常のロードと変わりない感じ。
でも振動吸収っぷりが全然違うww
ブルベなど長距離を走ると200kmくらいから、手のひらに伝わる振動が痛みに変わり、300km走り終わると、手のひら、特に親指の付け根から手首にかけての痺れが二、三日残っていましたが、これなら随分軽減されそうです。


ハンドル一体型の専用ステムは軽い流線型を描きながら、フレームとハンドルを繋いでいます。Di2なのでワイヤーもゴチャゴチャしておらず、とてもスッキリ。エアロ系の平ぺったいハンドルはずっと憧れでもありました。

DSC02296


専用のガーミンマウントの下にフロントライトをつければ、“不要なものをそぎ落とされたロードバイクならではの機能美”を損なうことがありません。

DSC02299

追記:バーテープはまだ剥いだことがないので、巻き始めと終わりがどうなっているか正確なことは分かりませんが、難しくはなさそうです。一階部分の巻き数が増えるので、片側プラス35cmくらい必要だと思います。バーテープ交換時は追加でもう一本買わないと足りないかも?

グラベルで左右に細かく操作出来るように、ステムは短め(ハンドルとステムが一体型)・ハンドル幅は少し広く作られています。



【全体的な走行感】


imageふわふわしてるよ。
あと、ぬるぬるする。



アルミのエントリーロードバイクから、カーボンのグラベルロードに乗り換えると、それはもう違いがすごいです。

いや、マジでものすごいです。

振動吸収に特化しているだけあって、舗装路走行中はふわふわしています、極太タイヤがややもっさり感を与えるので、ルックスとは裏腹に、走行イメージはTOYOTAのクラウン。メルセデスでもBMWでもアウディでもキャデラックでもなく、クラウンって感じ。

アルミのダイレクト感に慣れていると、踏み出しがやや遅れるような気がしなくもないです。
車体重量は蜂蜜号と同じなので、振動が吸収されてしまうことで、踏み出していることが体感しにくいことと、太いタイヤが視覚的に重そうという印象を与えているからそんな風に感じるのかもしれません。巡航速度はこれまでと全く変わりません。




【ヒルクライム】



imageぬるぬるするよ。
とにかく、ぬるぬるする。



アルミからカーボンに素材が変わったり、ポジションが変化したりすると慣れるまでヒルウライム時に力が逃げてしまって、一時的に遅くなることが多いと聞いていて、一番の懸念ポイントでした。

ところが実際に峠に行って見ると、
脚が回しやすい。ぬるぬる回るぬるぬる進む登りが楽。
もっと上手い表現はないかと考えてみましがた、ぬるぬる以上の表現方法が見つかりません。

重量は蜂蜜号と変わらないので、カーボンの特性か、ジオメトリーのおかげが、チェーンやBBが新しいからか。650Bが合っているからか、そのいくつかが組み合わさって相乗効果が生まれているからなのか…。何が原因で登りやすくなったのかは謎ですが、明らかに登りが楽になりました。(体力が落ちているので、速くなったりはしないけどw)


【ディスクブレーキ】


imageめっちゃ効くよ



DSC02298

ディスクブレーキ最高。
特に握力の弱い女性にはオススメです。はじめのうちはこれまでの105のキャリパーブレーキの感覚でブレーキを引くと利きが良過ぎて怖いくらいでした。特にダウンヒルで強く握り込むものならタイヤロックして前方にアイキャンフライ。

以前にも書いたことがあるような気がしますが、プロレーサーでもない週末ホビーローディーはダウンヒルは遅い方がかっこいい。軽い握りでしっかりブレーキがかかるので、こまめに減速しながら、安全に下りたいなと思います。

(写真↑:クイックが専用品で山のロゴが入っているのも良き)


【グラベル走行】


imageまだ走れてない (´;ω;`)




肝心要のグラベルでの走行感ですが、膝を痛めていて走れていません。木の葉や枝、ぬかるみだらけのオフロードは、上下左右斜めにバランスを取るために、とても膝に負担がかかります。ヒルクライムの何倍も負荷がかかるので、本格的な林道での冒険はまだ先になりそう。
膝が治ったら、前述の二階建てハンドルと、650Bx40の空気たっぷりふわふわタイヤで、どんな道へでも踏み出せそうな予感がしています。




さて、NEWロードバイク CANYON GRAILについて、思いつくままインプレを綴ってきました。
振り返って見ると…

グラベルで冒険出来て、振動吸収に優れ、乗り心地はふわふわで、舗装路でもロードバイクと遜色劣らず、パンクのリスクは少なく、車体重量も申し分なく、ディスクブレーキの効きは最高で、DI2のため変速調整の必要もなく、見た目も格好良く、二階建てハンドルで注目を集めることが出来る……


image控えめに言って最高かよ

という結論に行き着くのですが、では今のアルミのロードは不要になったのか?もうどうでもよくなったのか?というと、

それとこれとは話が別。

確かに一つ一つを比べると、グレイルに軍配が上がりますが、ロードバイクは必ずしも乗っていて楽なもの=良いものというわけではないと感じます。蜂蜜号は走り心地がガツガツしていて、手もお尻も痛くなるけれど、アスファルトの質や小さな凹凸などたくさんの路面情報を伝えてくれます。
「今、私、走ってる!!」感は蜂蜜号の方が上。


おそらく使い勝手の良いグレイルが今後のメインバイクになってくるとは思いますが、グレイルと乗り比べて、より一層蜂蜜号への愛着が湧きました。


同じロードバイクというカテゴリーでありながら、素材やジオメトリーが違うとこんなにも全く別の乗りものになるのだということを痛感した結果…

image次はスチールのクラシックなホリゾンタルのロードが気になる木。






嗚呼、沼。

LRG_DSC02467





corratec DOLOMITI に乗ってます。 貧乏・貧脚・貧メンタル。激坂手前ですでに半泣きですが、愛機 蜂蜜号と楽しくライドしています。小心者な昭和の女。ぼっち活動を得意としています。 どうぞ仲良くしてください。
ギャラリー
  • わたし、釣り、はじめました!!〜序章
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド
  • 土谷棚田に水張ったらしいよ!!日本の原風景を目指すぐだぐだライド